ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

日本の食を守ろう~豊かな未来へ in坂の上零先生新潟講演会 2019年9月7日(土) 13:30〜16:30

日本の食を守ろう~豊かな未来へ in坂の上零先生新潟講演会

2019年9月7日(土) 13:30〜16:30

日本は経済も食もかなりピンチの状態です。
当然ですがTV,新聞は報道することはありません。政府への忖度ってやつですね。

しかし今の日本を何とかしなければと立ち上がっている人もいないことはないです。
その一人が「坂の上零」さんです。

「自分の子供たちが、日本の未来がこのままでは大変なことになってしまう!」
もしそのように危機感を感じているのであれば、ぜひ参加してください。
坂の上さんが新潟に来てくれること自体、稀なことでもあるのですから。

もちろん私も休診して参加します。
下のURLから参加してください。
https://www.kokuchpro.com/event/79220028762ccd939f0cad8825813738/?fbclid=IwAR2en2b6kIs4evBrvBCaM3LqIuTTJYRUQxL_iVgh6hiUu3DwautBk4H0kr8

坂の上さんを初めて知った。
どんなことを話してくれるのだろう?と興味がある方はこちら。

次世代SNS 「ROBIN]

6月からの「改正通信傍受法」の施行で、国民の電話の会話内容からメール内容まで政府がいつでも盗聴し管理できる運びとなりましたね。
第三者に知られたくない内容をメールするのであれば履歴を完全消去できる、こちらの無料SNSを使ってください。

完全無料の上に55カ国語の自動翻訳とAI機能搭載の最新で安全でハイスペックなSNSです。

招待IDはこちらをどうぞ。  A3485195

署名していただいた皆様、本当にありがとうございました。

消費税増税反対運動への署名にご協力いただいた皆様ありがとうございました。
おかげさまで100名を超える署名を頂くことができました。

ここで一旦、活動を終了して私の友人を介して山本太郎事務所へ送付することになりました。

私の本音としてはこの署名活動で消費税が減税されるだろうという期待は微塵も持っておらず、全国からどんなに署名書が送られようとも自民党は増税してくると考えています。

私が政治を学んでいくたびに感じることは「日本は終焉を迎えている」ということです。
マスコミは決して報道しませんが、自民党は日本の土地、水、漁業も林業も日本の財産を外資へ合法的に売ることができる法的手筈が既に完了しています。
これで日本の財産は合法的に海外へ流出していくことが結果しました。

日本人の健康問題はさらに悪化していきます。
海外では毒性が強く危険なため禁止または規制のかかった薬剤等の商品は、自民党を介し日本では解禁しています。
すべてはグローバル企業の利益のため在庫処分のためです。

これらのグローバル企業への利益のための政治的活動が活発であるため日本は不名誉な世界一があまりにも多すぎます。
https://kininal.me/japan-worst-in-the-world/

今回の消費税増税はTPPの効果も相まって日本を弱体化させるには十分な案件であり、その事実を知っていながら消費税増税反対運動の署名活動をしている政治家は山本太郎しかいないというのが現状でありました。

個人的に山本太郎氏の信頼感は薄いため応援をしているわけではありませんが、民意を主張できる機会を利用しなければ政府には「何をしてもいいのだ」という確信を持たせてしまうことになります。

医療がおかしい・教育がおかしい・食がおかしい・
など様々なことに気が付いている方も増えていますが、個人がそれに対してどれだけのことをしてきたのでしょう?
私の目から見れば個々に問題があるように見えても全ての「根っこ」は同じであり、意図的にそうなるように仕組まれているだけのように見えます。
全ての発端元凶は政治的視点から始まっています。

私達は自らが生活していく上でも、あとから続く子供たちに対しても政治的問題からは逃れられないということです。
大人の責任として口を閉ざし行動を起こさないとはどういうことであるのか。
その意味を考えて自らの意思で活動していきましょう。

「名医は虫歯を削らない」「自然治癒力が上がる食事」

虫歯になりたくないのなら生涯自分の歯で食べたいのであれば、
人任せにしないで自分で勉強することが一番大切なのですよ。

スーパードクター小峰一雄先生の本が私のおすすめの本になります。
あなたの常識を覆す驚きに溢れた内容のはずです。
Amazon 書籍「歯の医学」売れ筋ランキングで、お陰様で1位にランクされています。

是非読んでみてください。

牛乳の断り方を知ってますか?

新入学の時期ですね。
牛乳の害を知っている親御さんならば我が子に危険な牛乳を毎日飲ませたくないですよね。

しかし学校給食の牛乳を拒否した場合ほぼ間違いなく「診断書」を持って来いと言われます。
理不尽ですよね?

だけどこれって法律違反だって知っていました?
こちらにその記事がありますので参考にしてくださいね。

甲斐 由美子

昨日も、牛乳を断りたいが、診断書を出せと言われてのご相談のメールをいただきましたので、再シェアさせて頂きます。
お子さんの牛乳給食を辞めたいと思ったら、参考にお読みになってみてください。
参考になると思います。
我が子を守るのはあなたです。
紹介させて頂く方は、自分で書面を作り、学校に提出なさったそうです。
厚労省は、診断書の提出をする指導はしていないそうです。
それを強要するのは法律違反ですね。
しかし、できるだけ穏便に、しかし、おかしいことはおかしいと言ってみましょう。
こちらに提出された書類が書いてあります。

https://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuu…/diary/200804240001/

その前にこちらもお読みくださいね。
ここからは転載させて頂きます。
給食の牛乳を止めるにはどうしたらいいの?
と、タイトルのことを赤ママさんからコメントをいただきました。
はい。これはとっても簡単な学校(=自治体)と
難しい学校(=自治体)があるのですね。
簡単な学校の例では、
「ウチの子には牛乳飲ませたくないので牛乳なしにして下さい」
と、学校の担任に言えば、
「はい、分かりました。そうします」
ということで、簡単に牛乳を止めることが出来ます。
もちろん牛乳代は給食費から差し引かれます。
次の段階は、
「はい、分かりました。でも牛乳代は徴収いたします」
ということで、飲まない牛乳代を取られる例。
次は診断書。
「では診断書を提出して下さい」
という学校。
実はこれは違法なことなのです。
なぜなら、給食で牛乳を飲ませることは法律で決まっていることではないのです。
自治体の規約にもあるはずはないです。
それを、「診断書を出しなさい」というのは、傲慢であり、
それこそが法律違反(なんだか正しい表現が思いつかない)のです。
つまり、牛乳を飲まないことを選択するのは自由なのに強制する、
飲まない場合は診断書、ということこそ、間違いなのです。
それでは、赤ママさんの受けた理不尽な対応を体験を読んでみましょう。
> 初めまして。少し前から子どもの体質改善のため肉や魚を控え、
> 野菜中心の暮らしをしています。お陰で子どもの便秘も
> 毎日出るようになりましたが、給食の牛乳をやめたいと
> 学校に申し出たら、すごく難しいアレルギーアナキラフィシーの
> 用紙を保健の先生からもらい、診断書と治療法を書いてもらって
> 提出するようにと言われてしまいました。
> 近くの病院へ今日行き、背中にブツブツも出ていますので、
> それと合わせてお願いしたのですが、
> 肉も魚も牛乳も栄養だから食べなさい
> と言われてしまい、背中のぶつぶつに薬が出ました。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。
ありゃりゃりゃ。医師も荷担してしまっていますね?
まず、学校側、といっても担任や保健の先生ではダメですから、
校長に直に会って言いましょう。
校長であれば、
給食は任意である。もちろん牛乳だけを飲まないのも任意である。
ということを知っていることでしょう。
いや、知っているはずです。
知らないとしたら、その校長は校長の資格がありません。
もう一度述べますけど、
給食は任意なのです。だから
「うちの子は給食はいらない。うちは弁当を持参させます」
と保護者が言えば、学校側はそれを受け入れることになっているのです。
だから弁当を持参する子供も少ないですが、いるのです。
「牛乳だけを飲まない」
ということも当然の事ながら、出来ます。
ということで、赤ママさん、直接校長と話して下さいね?
それでもダメだったら、またコメント下さい。
次の作戦もありますから。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
いやいや、簡単なことなのです。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。
病院はいりません。診断書もいりません。
応援しております。
https://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuu…/diary/200804240001/
より