削らないブリッジ

歯を削らないでブリッジができます。

歯を抜いた後の治療の選択肢が一つ増えました。

歯を抜いた後は
インプラント:手術が必要で高額
義歯:入れたくない
ブリッジ:
隣の健康な歯を削りたくな

で悩まれたと思います。

しかし「削らないブリッジ」は歯を削ることなくブリッジができます



歯を抜いて1週間後の症例です。
1時間ぐらいでブリッジができました。

  


歯を抜いた翌日の症例です。
特殊なリボンを使い固定していきます。

  

                 
抜いた傷に触らないように作りましたので隙間が大きいです。
 
        
1週間後に残りの隙間を埋めて完成です。




「削らないブリッジ」の特徴
  • 健康な歯を削りません。
  • 削らないので痛くない。
  • 削らないので麻酔がいらない。
  • 削らないからしみない。
  • 削らないから虫歯になりにくい。
  • 削らないから神経を残せる。
  • 神経を残せるから歯周病にもかかりにくいし、長持ちする。
  • インプラントの様に手術も要らない。
  • インプラントのような特殊なメンテナンスがいらない。
  • インプラントより安い。
  • 入歯のような違和感が少ない。
  • 入歯のようなバネもない。
  • 入歯の様に取り外さなくてもいい。
  • 入歯のような見た目の不自然さがない。
  • 治療は1時間ぐらいで終わる。
  • 欠けても修理ができる。
「削らないブリッジ」のデメリット
  • 歯を削らないで接着するので、少し歯が大きくなる。
  • 適応が限られる。(1歯だけの欠損が理想)
  • 保険適応外。