ドックベストセメント治療


痛くない、削らない、薬を塗るだけの最新虫歯治療
虫歯は天然ミネラルで治る時代です!

ドックベストセメント治療のご案内


みなさんは歯を削られるのがイヤだと思いますがどうでしょうか?

じつは私も歯を削るのがイヤなんです。
だから歯を削らない治療法があると聞いた時すぐに学びに行きました。ドックベストセメント治療は歯の寿命を延ばすことができる最高の治療方法です。


『ドックベストセメント』とは、歯をほとんど削らない治療法です。

「歯を削らない」=「神経を取らない」と同じことです。
歯の神経を取った歯からダメになっていきます。
神経のある歯は歯肉ポケット内にリンパ球などが出て細菌の侵入を拒むようになっていますが、神経を失うとその働きもなくなります。その結果、
神経を失った歯は歯肉ポケット内への細菌侵入が起こり無条件で歯周病に罹ります。

TBSテレビ 「これが世界のスーパードクター」で紹介された最新の虫歯治療法です。
ドックスベストセメント(Doc’sBestCements)とは、アメリカで開発されたセメントで、今までのむし歯治療の削って治すという発想とは全く違う、
"虫歯菌をミネラルで殺菌する"  という画期的な治療法です。






どなたにも使用可能な安全性があり、持続的な殺菌作用があるセメントです



虫歯の穴に塗ってふたをするだけで簡単な治療です。


1.
ミネラルを主成分としたしたセメントで、『虫歯を殺菌して自然治癒させる薬』です。
  アレルギーも副作用も無く、どなたでも安心して治療可能です。
.安全で成功率が高い治療法です。患者さんが待望していた治療法です。
  作用はCuイオンとFeイオンの電位差で無菌化していきます。
  血液中で細菌が増えない原理と同じです。
  安全性に関してはLomaLinda大学で安全性を立証しています。
  有用性はモンタナ州立大学で立証済みです。

3.持続的な抗菌作用とミネラル成分の補充ができる画期的なセメントです。
4.塗るだけなので歯科恐怖症の方、妊婦さんなどにも安心して治療できます。
5.虫歯以外にも、根の治療のキットも揃っています。
  神経の無い歯は脱ミネラル状態で折れやすいですが、
  ドックベストセメントはミネラルを与え割れにくくし、
  持続的な殺菌効果で根の病気になりにくくします。
6.病気などの事情があり来院できない方や被災地で困っている方などにも応用可能です。

※銅に毒性はありません。
 厚生省では昭和56年に国立衛生試験所・国立公衆衛生院・東京大学医学部に調査依頼。
 その結果、昭和59年8月に銅の毒性の根拠なしと厚生省が発表。
 銅はヘモグロビンが身体の中でつくられる時、鉄の利用を助ける役割をしている。
 銅なしでは正常な血液は作られない。鉄があっても銅が不足していて貧血になる場合、
 これを銅欠乏性貧血 と呼んでいる。特徴として銅は体内に蓄積しない。重要なミネラルである。






ドックベストセメント治療の症例集です。

1.症状が強く
  ドックベストセメントを詰めて1年間様子を見ていく場合



虫歯が痛いと来院されました。
プラスチックで治療されていますが、隙間から虫歯になっています。



古いプラスチックのみを除去しました。
プラスチックの下は虫歯でドロドロです。



POICウォーターで洗うだけで、ドロドロがとれてキレイになりました。
歯は削っていません。



ドックベストセメント塗布


応急のセメントを詰めて終了。ここまで30分かかっていません。麻酔もしていません。
一年後には虫歯は治っているはずです。


2.症状はないけど歯の損失が大きく治療が
  2回かかった症例


虫歯は大きいですが症状は強くありません。

ドックベストセメントを塗って仮蓋をしました

日を改めてグラディアを詰めて終了です。



3.症状もなく歯の損失も少ないので1日で治療を終わらした症例


虫歯があります。症状はありません。


当日にドックベストセメントを詰めグラディア治療まで終わらせました。


4.根の掃除・金属土台が根を貫通して腫れた症例

歯の内側が腫れて痛いと来院されました。


上の奥から2番目の歯の土台が根を貫通しているようです。


冠と土台を外してみると貫通部位から出血してきました。


ドックベストでの根の掃除が終了したところです。
土台の貫通部位もドックベストで埋めました。



腫れと痛みが消失したので、この後仮歯を装着して様子を見ていくことにしました。
写真は仮歯を付ける直前のADゲル法での殺菌風景です。


仮歯を入れて4ヵ月後です。膿の出口と腫れは完全に消失しました。

通常治療であれば、厳しい選択をしなくてはいけない歯も、ドックベストセメントなら助けることができるかもしれないと感じた症例でした。