グラディア治療

グラディア治療に代表されるMI治療は、歯をたくさん削らないから歯が長持ち!しかもセメントを使わないから2次虫歯に罹りにくい!
これからの時代はダイレクトボンディング、ダイレクトべニア!この治療を主流にして、いつまでも自分の歯で食べられる幸せをつたえていきたいです。


               最近のグラディア治療2連発です。

     左が治療前                     右が治療後

P1010407 P1010408

    左が治療前                       右が治療後

P1010402 P1010403

写真が暗くてごめんなさい。2症例とも30分以内に治療完了です。

「食育かるた」が入荷しました。

床矯正研究会から「ありがとう食育かるた」が入荷しました。
全国各地に食育カルタは存在しますが、「全国命の書道展」で展開するカルタをご紹介します。
口に出して子供達に「食」を伝えてはいかがでしょうか。
P1010390 P1010399

ドックベストセメントセミナーに行ってきました

 ドックベストセメントのセミナーに行ってきました。
ドックベストセメントとは「歯を削らずにミネラルの力だけで虫歯を治すセメント」です。
小峰先生のセミナーはすばらしく栄養学の大切さなどの内容もあり、改めて歯科医師としての責務をかんじました。

  P1010856

 

P1010845 P1010844

床矯正研究会のセミナーに行ってきました

9月28日に中央大学駿河台記念館にて床矯正研究会のセミナーに行ってきました。
皆さんは矯正治療というと永久歯を抜いて針金というイメージがあると思います。
何ともない永久歯を抜くことに疑問を感じ、1年前から始めた床矯正治療ですが、床矯正は世間にも歯科医師にもほとんど知られてなく書籍や文献、セミナーもないまま手さぐりですすめてきました。

今回、床矯正研究会の会員となることができました。
これからも皆様のお役に立つようしっかり精進して参りますので、これからも「さとう歯科クリニック」をよろしくお願いします。

 

P1010815 P1010816

ドックベスト治療とグラディア治療のお問い合わせについて。

最近、ドックベスト治療とグラディア治療のお電話でのお問い合わせが増えています。
実際のところお口の中を拝見してみないと何とも言えないのですが、他県からのお問い合わせが多く、出来るか出来ないかを電話で判断してもらおうとしています。
そこで虫歯でのドックベスト治療の判断基準ですが、自発痛がでたらまず不可です。神経が死んでいるのも不可。一度ドックベストセメントを塗付すればもう大丈夫と考えている方がほとんどですが症例により塗り直しが必要なこともあります。

しかし、ドックベスト治療はまだ解らないことも多く、臨床的に少々疑問に感じるところもあります。ドックベストセメント治療は11月に再度勉強会に行ってまいりますのでそこで得られた新しいメソッドや情報が患者様のプラスになると信じています。
PPG_hakodenegaeriwoutuneko500-thumb-500x750-889

婦長の提案

だいぶ前の話ではありますが、婦長の早川から提案がありました。私たち従事者が日常的に使用している言葉が気になると・・・・

1、「検診」を「健診」に変えます。
  「検診」
という言葉ですが、「検診」とは特定の病気があるか診察をすることを言い、病気ありきの言葉です。なので、「検診」ではなく、「健診」へ変えましょうという提案です。
  健診」とは総合的に健康診断をするという意味であるので、我々スタッフと患者様の健康意識の改革を図ることを目的としています。

2.「予防」という言葉を「リスク低減治療」へ変更し、健康への意識のレベルアップを図ります。
   
従来の「予防」だと、患者さんは来院して異常がなければ歯石除去して終わりである。
   患者様の心理として、「そこまで時間を割いて来院する価値はない」と感じている方も多く「健康を守る」という意味合いが薄く感じられることもあります。
   しかし、「リスク低減治療」だと、今現在、なにも異常はなくても、将来トラブルがおきないように、お口の中から全身の健康増進を図ることを強く意味しています。

 さとう歯科クリニックではこのように言葉の定義を決めて、健康への意識のレベルアップを図ります。
IMG_y0239-150x100[1]

もし、歯が折れてしまったら。

もし、あなたの歯が事故で折れてしまったら、
P1010350

折れた歯のかけらでも見つかればもってきてください。

P1010348 P1010349

このように、綺麗につなぎ合わせることができるかもしれません。

グリップ握り後遺症改善

先日、新聞の記事で脳梗塞やパーキンソン病などで、指を固く握ったったままの拘縮状態の症状を改善することができるという、高反発グリップが脳神経学会で発表されたという記事がでていました。
指がほぐれ、発語するなどの症状の改善も期待できるらしいです。
P1010328
さっそく、取り寄せました。
P1010329

車の酔い止めにシーバンド

私の子供は車酔いがひどいため最近、シーバンドという商品をとりよせました。
シーバンドは両手首に装着するバンドで手首の内関というツボを刺激する商品です。薬と違い副作用はありません。
実際使ってみると、まあまあの効果でした。完全に車酔いが無くなるわけではないのですが、効果はあるようです。
装着時に「これをつけるだけで車酔いしなくなる不思議なバンドだよ」と説明しているのでプラシーボ効果もあったようです。

P1010324

手首に装着した写真
P1010804
バンドの構造です。右写真は裏返しています。プラスチックの突起がツボを刺激します。
P1010805