神経を残すため、少し変わった治療をしました。

先日、お食事中に歯が折れたと来院された方です。
P1010277
折れた歯も持ってきてくださいましたが、残念ながらこんな状態なのでくっつけるわけにもいきません。
P1010280
しかも、この歯はこんな状態でもしっかり「歯の神経」は生きています!
神経をとって、土台を立てて被せてしまえば話は早いのですが、神経は健全なので保存することにしました。
そこで、神経を避けるように専用のドリルで穴を開けて、そこにVIPのピンを立てました。
ピンをとっかかりに土台をたてました。
P1010281P1010283
その上に、今年から新しく保険治療に導入された、CAD-CAMクラウンという白いクラウンを被せました。
P1010284P1010285
今回は神経が出ないように、0.1ミリ単位で数本ドリリングすることがとてもリスクが高く、緊張感のあるものでした。
今のところ症状もなく、神経をとらずに治療できて患者さんも満足しておられました。

売れています!ミドリムシのちから

「ミドリムシのちから」が売れています。ミドリムシと言っても虫じゃないですよ。植物と動物の中間みたいな不思議な存在で、小学校時代に顕微鏡でのぞいたことがあるアレです。
皆さん200粒入りを買われる方が多いです。私もスタッフも愛用しています。
P1010250

第32回日本顎咬合学会学術大会・総会へ出席してきました。

顎咬合学会の学術大会に参加してきました。毎年、東京国際フォーラムを2日間、借り切っておこなう国内最大級の学会です。
同じタイムラインで至る所でセッションが始まるので、事前に興味のあるセッションを決めて、スケジュールを作り行動しないと何も見れずに終了してしまいますので、毎年食事もとれずバタバタで終わりますが、毎年楽しみにしている学会の一つです。
大量の情報を仕入れることができ、満喫してきました!来年も楽しみだ。


メーカー・ブースはこんな感じ。
P1010773P1010774
地下に自動車メーカーのブースもあります。今年はアウディ。かっこよし!
P1010775
私事ですが、ちょうど顎咬合学会認定医の更新時期であり、無事更新完了いたしました。
P1010259

食用油ついて

スーパーなどで売っている一般的な食用油は、中身が見えようにプラスチックやビンに入って売っていますよね。 安価で良いですが、しかし本来油というものは、紫外線などですぐに酸化してしまうために半透明な容器では保管できません。 本来は一斗缶やアルミホイルで遮光して保管しなければいけません。 
では、なぜ半透明な容器で売っているのか?それは添加剤が入っているからです。酸化防止や防腐の添加剤や、油跳ねが少なるからという理由でシリコンを添加している商品もあるようです。もちろん身体に良い訳ありません。 
今では一斗缶で売っている本物の圧搾油は高価であるがために売れず、高級天ぷら屋さんなどでしか取り扱っていないようですが、イタリアでは、いまだにオリーブオイルを一斗缶で購入している家庭も多いようです。 
身体にいいものを選ぶと出費がかさむ時代でありますが、それでも少しでも健康を意識したい方にお勧め商品です。このオイルスプレーです。油をスプレーして料理できるので油の消費量が少なくなるという優れもの。身体に悪いものは量を減らすだけでも違います。ぜひ日常のの食品にも気を使ってください。
P1010252