さとう歯科クリニックは歯科治療水安全認定施設 です。

「歯科治療水安全認定施設 」皆さん初めて聞いた言葉だと思います。(逆に知っていたら関係者だね)
最近、歯科医療器具やユニットの水質汚染が新聞などで報道されていますね。
11899937_1474665309526495_6697798859405111955_n[1]11873548_895864810506853_3418169766225704468_n[1]
単なる歯科医いじめのような気がしないでもないですが、患者さんが一番困りますね。
なぜならコップ水からタービンなどのはてまで細菌だらけの水が出てくるわけですから、そんな水を傷口にかけたら免疫力が下がってしまうわけです。
よく、親知らずを抜いた後に腫れが続いたなどといいますが、確かに外科的侵襲による炎症反応もありますが、一番の原因は患者さんのお口の中がばい菌だらけだったり、細菌だらけの水をかけられることによる細菌感染症が腫れの原因でしょう。
怪我をした部位をドブにつっこんで治るわけがありません。

だからエピオスエコシステムが必要なんです。
IMG_20150430_1208371
これがあって初めて「歯科治療水安全認定施設 」となるわけです。
P1010571
つまり細菌はゼロということの証明です。
P1010569
しかも当施設は、国の定める法令を遵守した上で、それ以上に厳しい基準である:歯科用ユニット治療水の細菌数『0』というPOIC®研究会が定めた困難な基準をクリアーし、残留塩素20PPMの除菌水が常にでていますので、患者さんのお口の中の細菌を連続除菌しながら治療することが可能な施設であるということです。
現在新潟県内では当医院を含めまだ5つの医療機関しか「歯科治療水安全認定施設 」ではありません。 水を多量に使う歯科ならではの悩みの一つでもありますが、水の問題をクリアすることはマストだと思います。


コメントを残す