1月23日の講話の告知です。

2016年度の事業の一環として、講話をします。
題目は「全身の健康を蝕む悪の根源・砂糖の害について」(仮)です。
虫歯・歯周病・アレルギー・高血圧・動脈硬化・糖尿病・精神疾患・痴呆・癌などあらゆる病気の原因に砂糖が関わっています。自分と大切な人を守るため知っておかなければならないことです。無知ほど怖いものはありません。この機会にしっかり学びましょう!

1月23日土曜日
時間:Pm5:00~Pm6:00
会場:さとう歯科クリニック待合室
料金:無料

インフルエンザ対策と予防

時期ですのでまた書きますね。以前も書き込みましたがインフルエンザワクチンについてです。効果が無いというのは以前の書き込みを見てくださいね。
罹っても軽く済むというのも真実ではない、むしろワクチン打った人はインフルエンザに罹りやすくなります。タミフルも使用しているのは日本だけ。インフルエンザは風邪の一つということをお忘れなく。
インフルエンザは人にうつされるのではありません。免疫力・抵抗力が無くインフルエンザに罹るのです。つまりインフルエンザになる人は必然的になったということ。
普段から免疫力を下げないように運動や正しい栄養学に基づいた食事などに気をつけるようにしましょう。
http://matome.naver.jp/odai/2138287090239189101

インフルエンザ予防で一つ。
うがいは効果がありません。喉の奥のツルツルしたところ(中咽頭)をガラガラとうがいしてもなんにもなりません。上咽頭というざらざらした場所にウイルスがつき繁殖します。そこを洗浄するには「鼻うがい」が効果的です。
以前レビューを書いたサイナスリンスの取り扱いを開始しました。痛くなく豪快に鼻うがいができます。鼻炎の方にもどうぞ~
P1010628P1010629

痛風の本当の原因

FBFの投稿です。 痛風を患う方は多く、皆さんお薬を飲まれていますが、できれば対症療法ではなく、病気を完治してもらいたいものです。医学の常識はどんどん変わっていますよ!皆さんもご自分で情報収集してみてください。

 

痛風の原因

痛風は関節に尿酸の結晶が溜まり、関節炎を起こす病気です。風が吹いても痛むほど強い痛みを伴うことから、痛風と呼ばれるようになったんだとか。できればなりたくない病気ですね。

痛風は血中の尿酸値が高くなることによって起こることから、その治療は尿酸値を下げることが目標となります。尿酸は核酸の成分であるプリン体の最終代謝産物です。そのため痛風の原因が核酸を多く含む食品の摂取にあると考えられてきました。また、治療においては核酸を多く含む食品の摂取制限が行われます。

しかし痛風の原因のほとんどは、核酸の摂取過剰によって起こるのではありません。痛風は、腎臓での尿酸の排泄障害によって起こることが分かってきました。実際狩猟採集で生活している先住民族は、非常にたくさんの核酸を食事から摂取しているにもかかわらず、痛風は全くみられません。

では、なぜ腎臓での尿酸の排泄障害が起こるのでしょうか。それは、腎臓の働きを知ると分かります。

腎臓は尿を作り、体の中の余分な老廃物を水分と一緒に排泄するための器官です。腎臓は腎小体と尿細管という二つの部分に分かれます。腎小体では血液をろ過し、原尿を作る場所です。尿細管は原尿から体にとって必要な成分(グルコース、アミノ酸、ナトリウム、水など)を回収する場所です。また有機酸や塩類なども尿細管で尿に排出され、尿が作られています。

腎臓では毎日たくさんの血液が濾過され、また有用成分の再回収が行われています。そのため全身の中でも特に糖化に弱い場所でもあります。糖尿病の三大合併症の一つが糖尿病性腎症であるのはそのためです。

ですから痛風とは腎臓で尿酸の排泄がうまくできなくなるために起こる病態であり、腎臓の病気であるといえます。そして腎機能を低下させる主原因が糖質であり、特に危険なのが果糖です。果糖はブドウ糖の10倍も細胞を糖化させるのです。

このほかにも以前、果糖が肝臓でフルクトース1-リン酸を生成させ、無機リン酸が枯渇し、高尿酸血症を引き起こすことを説明しました。果糖は肝臓で高尿酸血症の原因となり、また腎臓を糖化させ腎機能低下を引き起こし、尿酸の排泄障害を招くのです。ですから痛風は果糖によって起こる病気であるといえます。
ですから痛風に悩んでいる人はプリン体オフの食品を選ぶのではなく、果糖を一切摂らないようにすべきなのです。当然果物も一切摂るべきではありません。そしてやはり最も重要なことは、痛風の予防としても、その他疾患の予防としても、普段から極力果糖は避ける食生活を心がけることが大切です。まあそれでも、痛風持ちや糖尿病の人ほど、甘い物に固執するものですけどね。
 1220-01[1]

 

皆さんストレスをどのように処理していますか?

あらゆる病気にはストレスが関与しています。
患者さんとお話しても「ストレスがね~」という話題がつきません。
もちろん虫歯・歯周病の成因の一つにストレスは関与しています。
ある程度のストレスは人生に活力を与えやる気を引き出してくれますが、過度のストレスは病気の原因になります。 ストレスの種類はいろいろありますが心理的・社会的ストレスが主のようです。

世間では、様々なストレス発散法やストレス解消法がまことしやかに言われていますが、それらは全て一時的な解消法であり根本的な解消ではありません。いわば、まやかしです!
真実から目を逸らし、その事象から逃げることで苦痛と不安は何倍にもなって襲い掛かってきます。
考えてみれば当たり前の話で、アルコールなど代償行為に逃避しても問題は解決することはなく、誰かが解決してくれるであろうという淡い期待も虚しい結果になることが一般的です。むしろそういう自分に自己嫌悪感がでるだけで、ますます自分で自分の首を絞めるだけなのです。

では、どうすればいいか?
基本はストレッサ―と正面から向き合うことが必要です。勇気をもって向き合うことでストレスは半分に減少します。
興味のある方は参考までに見てくださいね。
1.人に相談する
 ただし、相談する人を選んでください。エベレストを登るのにエベレストを登ったことが無い人に相       談する人はいません。必ず相談したい悩みを克服した経験のある人から助言を頂くこと。
「そんなこと気にすんなよ~」という人に相談することは時間の無駄です。あなたの苦しみを理解しようとする気持ちがこれっぽっちもありません。

2.ストレスと向き合う方法を学ぶ
 人は生きている限り、次から次にあらゆるストレスが襲い掛かってくるものです。そのたびに、疲弊していては人生がつまらなくなります。ストレスは原因を減らすか、減らすことができなければ自分で意味づけを変えて対処していくものです。こんなに大切なことを私たちは誰からも教えてもらうことはありません。
 本来、義務教育の時点で人生で本当に大切なことを学ぶべき必要があると思っています。私は学校とは本来そういう場所であると考えています。と同時に教える気がさらさらない日教組に腹を立てています!
 ですので、自分で学びましょう。賢者に学びにいったり、書籍を読んだり、メンターを見つけたり、又はグループを作ったり・・・人生で最も大切なことです。

以下は私のお勧めです。
サイエントロジー教会
http://www.scientology-tokyo.org/
多くの賢者や賢人と言われている方がLロンハバートの理念勧めています。教会といっても宗教ではありません。私は無宗教派です。私もここの書籍にはお世話になっています。
スピードコーチング社
http://www.speedcoaching.co.jp/lp/move/mail.html?melma

億万長者専門学校
http://okusen.com/
スピードコーチング社の部門の中の一つに億万長者専門学校があります。
億万長者専門学校ってふざけた名前でしょ(笑) 実は私や婦長が最も信頼し、多くを学んだ場所です。
ここの会社は実践成功哲学を身体を使って学ぶのではなく「体験」していく今までにない新しいスタイルです。
私と婦長はスピードコーチング社のMOVEコーチング過程を修了しており、今年は私の家内と最年少で小3の娘もMOVEコーチングを修了しています。あらゆるセミナーを網羅しており書籍も多数出しています。
知識のない人でも「やる気」と「方法」と「行動力」があれば結果をだせることを教えてくれます。
多くの著名人が受講しています。

 

 

食事指導で健康な将来を!

おはようございます。今日は食事指導のお話です。
「なぜ歯科で食事指導なの?」と思う方、それは思い違いです!
食事指導は歯科医師でないとできないからです。
口腔内を見て現状を把握し普段の食事内容が想像できるのは歯科医師だけです。

HPでも書いていますが当医院は「全身予防歯科」を実施するのに準備を勧めてきました。
それは虫歯・歯周病は歯ブラシや歯石除去で予防ができないと気付いた時から始まりました。

虫歯・歯周病の予防
昔=プラークコントロール+歯石除去=ちっとも良くならない
最新=昔+食事指導=虫歯・歯周病にならない
12191942_1516614891985012_2724986514989883863_n[1]
生活習慣病の一番の原因は「間違った食生活」です。
虫歯・歯周病も生活習慣病です。
虫歯も歯周病も歯ぎしりも高血圧も糖尿病も動脈硬化も痴呆もアトピーもアレルギーも癌もさらにはうつ病なども食生活が絡んでいます。この辺はネットで調べればすぐ出てきます。
現状では医療(当然歯科も)の現場で働く人や栄養士さん、薬剤師さんなど多くの人が間違った常識を基準に患者さんに説明助言しているために、誰一人として病気が治っていないですよね。
私も正しい食事栄養素の勉強を始めてからずいぶん健康になってきたなと感じています。
201505310742353383[1]

正しい知識を持った人から食事指導を受けたことがありますか?
一度でいいので当医院の「食事指導」を受けてみてください。
正しい食事指導で得た知恵は、将来病気から身体を守るための投資です。
当医院の{食事指導」4000円

 

 

 

日本人の国民性

「日本人は何もしないためなら何でもする」
ネットでの記事です。
辛辣な言葉で綴っていますが、真実ですね。
今の日本は、信念をもって行動する人・尊敬できるカッコいい大人が少なくなりました。
子供たちが未来や世の中に希望が持てないのは当たり前だと思います。
子供たちにとって不幸な時代です。

せめて、自分の使命や理念は何かを自分で考えて行動し、子供たちへの社会規範となることが大人の役目であると考えています。

「世界三大言い訳」を御存知でしょうか?
・時間が無い
・金が無い
・自信が無い
誰でも、一度ぐらいは言ったことがあると思います。

これを言わない大人はカッコいいと思いませんか?
常に受け身で、言い訳や愚痴を垂れ流すだけの糞袋にだけはなりたくないものですね。

http://sekaitabi.com/servant.html

 

 

鼻うがい

サイナスリンスキットのサンプルが届きました!みらクリ今井先生のご好意です。
サイナスリンスはアメリカではトップシェアの鼻うがい・洗浄液です。
いろいろな鼻うがいのキットを試してみましたが、痛くなく豪快に鼻うがいできます!
もうしばらく試してみてみます。気に入れば当院でも取り扱うかもしれません。

IMG_20151104_151609

日本の歯科医療です。

こういう話は皆さん聞いたことが無いかもしれません。しかし、我々歯科医師は全員知っています。
実はここまで政府から虐げられている職業は他にありません。
なぜか?簡単な話!企業へのうまみのない職業だからです。

12185206_1100225390002291_2842766659282352856_o[1]

この記事は「選択」という月刊誌11月号からです。この雑誌はスポンサーが一切なくジャーナリストが独自の長期的な取材を通じて書いたものです。このため雑誌価格は他のものよりも高くなっていますが政府の広告塔のような記者クラブ加入の新聞やスポンサー有利になるような記事は一切なく偏見なく事実のみが書かれています。また官僚の悪口はどの雑誌でも書けないのですが(書くと潰されるので)、この雑誌がおもしろいのは悪代官的な官僚を名指しで批判していることです。官僚は自分に責任が来そうになると政治家に責任を押しつけて逃げて名前を挙げられるのを極端にいやがります。そんな雑誌が日本の歯科界の悪環境を政治家や官僚批判でメスを入れています。要約すると以下のようになります。①歯科医が自費治療に誘導するのは儲けるためではなくて保険治療では患者にとって有利な正しい治療を提供できないのと、保険治療では赤字経営になるからである
②保険治療は悪質の治療である
③自費治療は保険治療と比べ世界標準の治療が受けれる可能性がある
④保険診療は政治家や官僚頼み(既得権益)で頭が上がらないし、常に歯科医の給料をコントロールしてる
⑤政府は物価上昇させているのに、すでに海外平均の10分の一以下の日本の歯科治療費をさらに削減させようとしている
要するに特に根管治療は顕微鏡やNiTiファイルなど器具機材が高価なので保険でいい治療なんか無理!とっとと抜歯してインプラントされるのが当たり前!政府は歯科医療をどうしたいの?駄目にしたいのよくしたいの?みたいなトーンです。今の環境は歯科医に責任ありませんとっ!
Our government is now trying to reduce our dental fees. It is crazy to treat patients within the national health insurance system. How could you possibly manage your dental office when you can charge 30 dollars for doing an endo treatment on an incisor. You can’t buy a NiTi file or expensive MTA, not to mention the microscope and CBCT.