日本の歯科医療です。

こういう話は皆さん聞いたことが無いかもしれません。しかし、我々歯科医師は全員知っています。
実はここまで政府から虐げられている職業は他にありません。
なぜか?簡単な話!企業へのうまみのない職業だからです。

12185206_1100225390002291_2842766659282352856_o[1]

この記事は「選択」という月刊誌11月号からです。この雑誌はスポンサーが一切なくジャーナリストが独自の長期的な取材を通じて書いたものです。このため雑誌価格は他のものよりも高くなっていますが政府の広告塔のような記者クラブ加入の新聞やスポンサー有利になるような記事は一切なく偏見なく事実のみが書かれています。また官僚の悪口はどの雑誌でも書けないのですが(書くと潰されるので)、この雑誌がおもしろいのは悪代官的な官僚を名指しで批判していることです。官僚は自分に責任が来そうになると政治家に責任を押しつけて逃げて名前を挙げられるのを極端にいやがります。そんな雑誌が日本の歯科界の悪環境を政治家や官僚批判でメスを入れています。要約すると以下のようになります。①歯科医が自費治療に誘導するのは儲けるためではなくて保険治療では患者にとって有利な正しい治療を提供できないのと、保険治療では赤字経営になるからである
②保険治療は悪質の治療である
③自費治療は保険治療と比べ世界標準の治療が受けれる可能性がある
④保険診療は政治家や官僚頼み(既得権益)で頭が上がらないし、常に歯科医の給料をコントロールしてる
⑤政府は物価上昇させているのに、すでに海外平均の10分の一以下の日本の歯科治療費をさらに削減させようとしている
要するに特に根管治療は顕微鏡やNiTiファイルなど器具機材が高価なので保険でいい治療なんか無理!とっとと抜歯してインプラントされるのが当たり前!政府は歯科医療をどうしたいの?駄目にしたいのよくしたいの?みたいなトーンです。今の環境は歯科医に責任ありませんとっ!
Our government is now trying to reduce our dental fees. It is crazy to treat patients within the national health insurance system. How could you possibly manage your dental office when you can charge 30 dollars for doing an endo treatment on an incisor. You can’t buy a NiTi file or expensive MTA, not to mention the microscope and CBCT.


コメントを残す