反対咬合の治療

反対咬合のお子さんの矯正治療は早い方が良いです(3歳~6歳)。
成長期が始まると下顎の成長が加速し手に負えないからです。成長期に入ってからだと多額の治療費がかかりますし場合によると手術の対象になります。

写真は4歳の反対咬合のお子さんです。6か月後には矯正治療終了です。
反対咬合の遺伝は案外少ない物で、筋肉の使い方が悪かったりすることが多いです。
なので治療も簡単な装置とMFT(筋機能療法)を言われた通りにして頂くだけです。
当院では3歳から反対咬合の治療を受け付けています。
P1010661  P1010662


コメントを残す