3.11から5年目になります。

内海聡先生の投稿です。
3.11の原発事故から5年経ちましたね。既に白血病や甲状腺癌が凄まじい勢いで増えてきていますが、マスコミは積極的には報道しません。報道規制が発生していることは明らかですね。放射能汚染の恐ろしいところはDNAレベルで障害や奇形児への影響がでることです。現在より2世代、3世代で悲惨なことが起こるのが放射能汚染です。その時に何をすべきかを考えていくのが大人の役目です。今年は事故から5年目ですがチェルノブイリのデータでは5年目から大きな変化が現れてきます。今年がその年なのです。

~本文ここから~

チェルノブイリの赤子の98%は異常児

放射能に関する記事はもっとも反応やいいねの少ないテーマですが、これからの日本はこの放射能にかなりやられることになるでしょう。日本人はわざと目を背けているのでしょうね。そもそも甲状腺がんは主たる病気でさえなく、心臓病や精神病や遺伝子異常や先天異常などの方が重要です。チェルノブイリの処理作業者の子どもたちは、ほかに比べて先天性奇形が優位に高く、遠いノルウェーであっても、低線量ほどダウン症が増えるという報告があります。

これにもかかわらず政府もネトウヨも陰謀論者も、いまだ安全論を垂れ流していながら「日本が~」とか騒いでる低能なので、この国が救われるはずもありません。放射線ホルミシス効果(低線量被曝は体にいい)も噓であり、一時的には体調がよくなったと勘違いする人もありえますが、たとえばブルガリアでも心臓と中枢神経の異常が複数の奇形とともに有意に増加、クロアチアでも中枢神経の異常が有意に増加しています。

エートス運動の詐欺は広がり、日本は福島はもとより関東や東北に至るまで、人口密度を考えるとチェルノブイリの比にならない現象が起こるでしょう。すでにその兆候は表れていますが、放射能は5年以降から急速に被害を拡大するのが特徴です。原爆実験などによる有害物質の落下でも、知能低下が生じたことが公式にわかっています。スウェーデンでも中学校における学術テストの得点が低い結果が出ています。

そして29年以上たった現在、チェルノブイリ事故にみまわれたベラルーシでは、生まれている赤ん坊の98%が何らかの異常児だという報告(池田整司氏の論説参照)さえあります。当時生まれた赤ん坊が成人、子供を産む世代となっているそうですが、当時は目に見える肉体上の異常はありませんでした。しかし放射能は直接影響を与えるよりも、次世代三世代先に影響を残すのです。いまや三世代目でベラルーシは、いわゆる生物学的に正常な人類がいなくなるかもとまで言われています。

人間以外の有名な研究にヤマトシジミと放射能の研究があります。彼女の研究では被爆した蝶は飛べなくなってしまい、重要なことは、重度被爆地に居た蝶は99.2%が死滅し、汚染を免れ低線量被曝をある程度避けたものは生存するだけでなく、被災地で採集してきたヤマトシジミは5世代目に異常や死が最高となる点です。その影響は彼女の研究では13世代目あたりまで続くとされます。しかし現在原発は破たんし放射能は垂れ流し、蝶の実験よりも私たち日本人は悪影響が大きい中で実験されています。

チェルノブイリの近郊であるベラルーシやウクライナでは、今の日本よりも内部被爆も土壌汚染も厳格に管理され、閉じ込め政策をしてがれき拡散もせず基準値も低かった。基準は1mSVで食事の汚染管理もされました。石棺処理して立ち入りを完璧に禁止し、移住計画などをちゃんと遂行しても、29年たってこのような結果になりました。チェルノブイリ周辺の次世代たちを見れば、福島、関東、東北の多くのこれから先の子どもやその子どもたちは、もっとひどいことになると推測されます。

日本人は目先がよければどうでもいいと考える民族なのです。
(画像はネットよりお借り)
12743552_950103681740052_3947120830785407883_n[1]

睡眠薬について

甲斐由美子先生の投稿です。
睡眠薬を飲まれている方は本当に多いですね。深刻な睡眠障害が無くてもお通しのように処方されるもんだから、当たり前のように服用している方がほとんどですね。
でもね、説明もされていないかもしれませんが睡眠薬での睡眠は、普通の睡眠ではないですからね。
真実を知るとおっかないよね。それでも飲みますか?

~本文ここから~

睡眠薬について

眠れないということから、睡眠薬を服用なさる方が多いですが、精神薬ですから気を付けなければなりませんね。
睡眠薬による睡眠というのは、「ノックアウト睡眠」というものなのです。
つまり、気絶させて眠らせるという方法での睡眠なのです。
ですから、心臓にも負担がかかるのです。

睡眠薬から精神薬の多剤投与に移っていくことは本当に多いのです。

ちょっと気になり厚労省の睡眠薬の適正使用ガイドを読んでみました。

なんというか・・・
これを本気で書いている人がいるということ、しかも厚生労働省のガイドラインであるということ。
かなり、危ないですね。

しかも、患者向けに言う言葉と、勧告という形で一緒に書いてあるのですが、服用なさっている方は添付文書のみならず、こちらのガイドラインもお読みになったほうがいいと思いますので、ご紹介させて頂きます。

~~~~~~~~~~

一部抜粋

睡眠薬、睡眠導⼊剤、安定剤の違いは何でしょうか?
【患者向け解説】
睡眠導⼊剤と睡眠薬の間に本質的な違いはありません。睡眠導⼊剤という名称は睡眠薬のなかでも作⽤時間が短いタイプの薬剤の総称として便宜的に付けられたものです。睡眠薬の作⽤時間(効果の持続時間、体から消えてゆく時間)はさまざまで、症状の強さや特徴により使い分けられます。
これに対して(精神)安定剤は抗不安薬とも呼ばれ、不安症状の緩和を⽬的として⽤いられます。
睡眠薬にはベンゾジアゼピン系睡眠薬、⾮ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン受容体作動薬などがあります。ベンゾジアゼピン系薬物は多種類あり、それぞれ不安や緊張を緩和する作⽤、眠気を催す作⽤(催眠作⽤)、筋⾁をほぐす作⽤の強さが異なります。ベンゾジアゼピン系薬物の中でも催眠作⽤が強いものが睡眠薬として、催眠作⽤が⽐較的少なくて不安や緊張の緩和作⽤が強いものが抗不安薬として使⽤されています。抗不安薬は就寝前の緊張をほぐして眠りやすくするために睡眠薬代わりに⽤いられることもあります。
【勧告】
睡眠導⼊剤と睡眠薬の間に本質的な違いはない。消失半減期が短い睡眠薬は主として⼊眠障害の治療に⽤いられることが多いため、睡眠導⼊剤と俗称されることがある。安定剤とは抗不安薬を指し、その⼤部分は睡眠薬と同じベンゾジアゼピン系作動薬である。催眠作⽤の強い抗不安薬を睡眠薬代わりに⽤いることに科学的妥当性はない。【推奨グレードC2】

~~~~~~~~~~

科学的妥当性はない・・・????

これだけではないのですが、おかしなところがたくさんあります。

~~~~~~~~~~
不眠症の薬物療法の現状(亜急性期〜慢性期治療)⻑期服⽤時の有効性と安全性を担保するため、効果の持続性(耐性の有無)、副作⽤とその対処、減薬・休薬法などに関する研究が多くなされてきた。臨床薬理研究により頻度の⾼い代表的な副作⽤(健忘、筋脱⼒・転倒、催奇形性、薬物依存など)に関する知⾒が積み上げられている(Q31­37)。
とりわけ、⾮ベンゾジアゼピン系睡眠薬およびメラトニン受容体作動薬については6〜12 ヶ⽉の⻑期投与試験データが集積しており、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に⽐較して⻑期服⽤時の有効性と安全性が格段に向上していることが確認されている(Q31-36, 39)。しかし、慢性不眠症患者では、⻑期服⽤、⾼⽤量、多剤併⽤などにより薬物依存や認知機能障害などの副作⽤リスクが⾼くなるため、薬物療法の戦略の⾒直しを迫られることも多い。加えて、⽇本では睡眠薬・鎮静剤として販売されたサリドマイドを妊娠初期に服⽤することによって重い先天性⽋損症(四肢⽋損)や死産が発⽣した薬害事例や、⼀部の患者での睡眠薬の乱⽤や依存に関する報道を通じて、世界的に⾒ても⽇本⼈は睡眠薬に対して群を抜いて強い⼼理的抵抗感を有する国⺠性であることが明らかになっている。実際、⽇本⼈は睡眠薬に関する不安・⼼配を数多く抱えており服⽤患者のアドヒアランスは低い(図2)。不眠症に対する薬物療法は、患者が持つ不安・⼼配について適切に答えられ、ベネフィットがリスクを上回る妥当な⽅法で⾏われる必要がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ま、とにかくじっくりとお読みになってみてはいかがでしょうか?

http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf

12733635_1104764912901749_7982400550435387226_n[1]

放射能対策

知ってます?

福島県立医大。

日本中から、100万錠のヨウ素剤を集め、
大学の関係者だけで飲みまくった。
《いち早く、配布、および内服》

それが、今、
「放射能の影響とは考えにくい」
と言っている人たちだ。
12747379_1041206709306267_7344155289662603707_o[1]

 

放射能対策には「MDケイ素」
「内海聡先生のコメント抜粋しました。」

このMDケイ素は高濃度二酸化ケイ素を含有した液体サプリメントです。

ケイ素剤は非常に不思議な作用があります。また大規模なデータで証明されていないというのが難点で、ケイ素が注目され始めたのは福島原発事故があってからになります。原発と放射能による汚染が知られてから、一部の敏感な人々は単に内部被ばくを避けたり逃げるだけでなく、防御として解毒方法としてどんな方法があるか探し求めました。保養、食べない、良質のゴマ塩、発酵食品、玄米などは昔から言われてきましたが、一部の人々の間で注目されるようになったのがケイ素でした。

放射能は尿やWBCなどの内部被ばく検査によって測定できますが、一部の放射能に気を配っていた人々でも福島や関東では高い数字が出ていました。その時にケイ素剤をとった人々が短期間でケイ素が激減する結果を経験し、ネット内の一部で話題になったのが最初です。そしてさらに困ったことにいまだ放射能が減る理由がはっきりわからず、業者でさえも減る人がたくさんいたのは証言しますが、なぜ減るのかが科学的にわからないと述べています。よってこれを無理に信じる必要はなく、そのような方はこの商品を買う必要はありません♪。

MDケイ素は高価な液体サプリなのですが、日々の食事や水分などに少しずつ入れる感じなので、一家で使っても半年以上は持つので高いのですが長期的にみると損ではありません。我が家でもいろんなものに混ぜて使っていますし、放射能汚染が気になるすべての地域で防御のために考えてもらいたい商品ですね。

P10106141
MDケイ素:50ml ¥6480

子供とのかかわり方

内海先生、良いこと言うよな~と思います。

子どもとのかかわり方 内海聡

私が街中、講演、懇親会から乗り物に至るまで、見ていて一番アホだな~と思うのは、日本の親の子どもに対する関わり方です。おそらく日本人にかかわらずすべての親が勘違いしているのだろうと思います。日本も昔は子どもに対し非常に寛容的で、それが故に逆に彼らは礼儀正しく、守るべきものと守らないものの境目に対して意識が高かったのです。現代の親たちにとって子どもはロボットでしかないようですね。

乗り物に乗っていたり講演に参加したり懇親会に出ていると、子どもがよくグズったり泣いているのを見かけます。父親であれ母親であれ子どもがグズると困るようです。そうするとすべての親はとりあえずグズるのをやめさせようとしますが、これが一番いけません。つまり「静かにしなさい」「やめなさい」「うるさくしちゃダメ」「泣き止みなさい」、これが一番最悪な親の対応だとわかっていません。すでに大人の都合なのです。

だいたい子どもが重要と言っている私みたいな講師の前で、子どもがうるさいとか泣くなとかグズルなとかいう親の方が、よほど頭が悪いです。ではどうするかというとまずは親が考え方を変える必要があります。泣かせればいいしグズらせればいいという発想が親にないことが、おそらく一番問題であり、次に問題なのはなぜグズっているかを真面目に考えないことが問題です。子どもはちゃんと頭を使って主張しているのです。

グーミンな大人でもそうですが人間は一度反動という行動を起こします。相手が間違っておらず自分が間違っていると思ってもそういう行動をするのです。いわんやグーミンな大人は体裁のために自分が正しいとしか思いこみません。ようするに子どもがグズる時は反動モードに入っているときでもあり、それを理解したうえで対処することが重要なのです。待つことも重要であり先に余裕をもって時間を取っておくことも重要です。

子どもと一緒に出かける時に大人の都合で時間割を決めるなど論外です。次になぜグズっているのかを聞いてみましょう。聞けないならなぜグズっているのかを考えてみましょう。内容が躾けたほうがよいようなものだった場合、ダメという言葉を使うのは非常に良くありません。そうではなく「なぜダメなのか」「なぜそうなのか」を話し、それを理解してもらうことが重要です。

内容がややわがままであっても親に対する求めの場合、ここが最も重要です。それは単純にして最もグーミンには難しい行動、つまり「ごめんね」と謝ってあげることです。子どもは未熟なのでとにかく感情を満たすことを望んではいますが、同時にいつもそのことに罪悪感を感じているのです。そうするとどうなるか、時間をおいてから逆に子どもが謝ることが最もよくみられるパターンです。これは児童心理でもそうですが、子どもは自分のわがままを聞いてもらえるかどうかを試しているのです。

往々にして体罰などを使う必要はありません。しかし私は全否定はしませんので、古い時代のよいところと悪いところをそれぞれ見ることです。本来日本の歴史にもつながるのですが、怒るのは男の仕事であり受容するのは女の仕事でした。男は複数の意図をもって怒るのが基本で、それができる人が尊敬を集める男性だったのです。現在は逆になり女が怒るようになったから、日本人は劣化してしまったのかもしれません。
子どもはすべてあなたの鏡です。
(画像はネットよりお借り)

12742698_948498178567269_838694801945018452_n[1]

日本ではニュースにもならないこと。

海外では自分の命だけでなく、家族の命もかかっているからGMOの危険性については良く勉強しているし、世界中でモンサントの抗議デモが起こっています。
そんななか、『モンサントの”GMO”(遺伝子組み換え作物)で癌が発生しているという事実に関する訴訟結果、2審で勝ち、モンサントの悪行が法的に敗北した』という嬉しいニュースです。
しかし、日本はこんなことがあってもGMO続行です。

日本のマスコミはこんなこと報道しません。権威とスポンサーに盾突くことなど決してしないのが日本のマスゴミです。

報道されない限り、日本人は世界でこんなことが起こっていることを知ろうともしないし、信じもしません。 日本人は飼いならされた家畜状態です。戦後70年教育の集大成なんでしょうね。
国家は国民の鏡です!そろそろ、知る気が無い・興味が無い・関係がない・今が良ければそれでいい・というゾンビみたいな生き方は止めにしませんか?
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/0fe0c58d77c7684351c53549c9f7acb8

 

「鼻うがい」流行っています。

慢性的な鼻炎などで鼻づまりを起こしているお子さんを多く見ます。
耳鼻科さんに通い詰めているけど治らないという声もよく聞きます。
鼻がつまると口呼吸になります。口呼吸になり困ることは、
1.虫歯、歯周病、歯肉炎、口内炎、口臭の原因になる。
2.歯並びに影響する。だらしのない顔つきに成長する。
3.猫背になる。
4.脳の冷却不足を起こして集中力が低下する。
5.アトピーや喘息の原因となる。
ここまでは当医院で説明しています。だから口呼吸を治さないといけないということです。
口呼吸をしている原因は鼻づまり以外にもありますが、今回は鼻うがいについてお話します。

意外なことに鼻うがいに興味を示す方は多いです。
だけど、皆さん怖そうだからという理由で躊躇しています。

よく、手洗い、うがいでインフルエンザ予防といいますが、私は予防効果はほとんどないと考えています。
堀田修クリニック院長 堀田 修医師も
たち日本人は“うがい”といわれると、のどのうがいを想像しますが、世界中で「のどのうがい」を習慣にしている国はほとんどありません。日本でも昔は「鼻うがい」をする人が多かった、ということもあまり知られていない事実です。
 「鼻うがい」は、鼻の奥、のどちんこの裏側にある上咽頭(じょういんとう)という場所を洗い流すことです。この上咽頭は、私たちの体の免疫システムに大きな影響を与えており、この場所が炎症を起こすことを「慢性上咽頭炎」といいます。この炎症によって、花粉症や喘息、関節炎、大腸炎や腎臓病など、治り難いという病気が引き起こされることがわかってきました。

だから鼻うがいをする理由があるのです。
間違っても点鼻薬に頼ろうとしないことです。薬で病気は治りません。
免疫力を上げることが大切なのです。

ためしてガッテン
http://hamsonic.net/2016/02/17/gatten-hanadumari/

さとう歯科クリニックでは鼻洗浄の「サイナスリンス」を用意しています。使ってみればわかりますが「痛くない、簡単、爽快感がある」など今までどの鼻うがいもうまくいかなかった方にお勧めです。もちろん、私も家族も毎日しています。
P1010695P1010696
サイナスリンススターキット(ボトルと調合済みサッシェ60包) 
¥3024円で他社製品と比べ値段も安いです。

サイナスリンスの動画です。
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9

目に見えないものは興味が無いですか?

電磁波ネタをもう少し。
電磁波の危険性は携帯会社、電気機器メーカー、政府、他の先進国の国民は当然のように知っていますよ。
知らないのは日本人だけ。
国力を一番に考えている国は、国民の健康を考えて電磁波の規制をしています。ロシアは電子レンジ禁止でなかったかな?
では、日本国は国力と国民の健康を一番に考えていないのか? 放射能汚染問題の数々の事件を知れば答えは出てきますよね。だから自分で知識をつけて家族を守るしかないんですよ。
私のブログはそのためにしているのですよ。
政治と医療は関係が深いのです。政治に興味が無いお医者さんは信頼できませんね。
http://matome.naver.jp/odai/2136084677017723601

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-315.html

ハイブリッド車も気をつけてね。しゃれにならない電磁波がでているという噂が・・・
私ならガソリン車しか買わないよ!

 

コレステロールを悪者扱いしていませんよね?

長野仁美さんの投稿です。
日本ではコレステロールがいまだに悪者扱いされていて、コレステロールのい薬の使用量は世界一です。無理にコレステロールを下げると突然死を起こすという報告もあるぐらいですし、海外サプリメントメーカーではコレステロールのサプリメントもあるぐらいです。動画でもありますが、悪いのはトランス脂肪酸と砂糖によるグルコーススパイクです。 それなのにそれなのに、小学校の給食ではマーガリン出すんだもんな~。 栄養士さんはいまだに糖質7割と言っているし・・・
動画でも言っていますが自己防衛でしか健康を保つことはできないのですよ。
さとう歯科クリニックでは真実のみを追求しています。
2月の勉強会は27日です。健康被害に危機感を感じている方や勉強したい方は気軽にお越しくださいね。

~本文ここから~
これは見る価値のある動画ですね。
表現がわかりやすく、端的でとても伝わりやすいですよ。
コレステロールはその数よりも、『質』が問題。酸化したコレステロールが血管を傷める犯人。医師のいうなりに、薬を飲み続けるか、
勉強して、薬をやめるか。
どちらを選ぶかはあなた次第。

薬依存症で薬崇拝の方へ

内海聡先生の投稿です。
日本人ほど薬が大好きな民族はいないですね。
皆、こぞって薬をもらいに来ている。病気が治ることもないのに・・・
次の記事をみて、せめて子供たちだけは薬漬けにしないで下さいね。


ー薬は脂溶性であるー

薬と呼ばれるものはそれが医療薬であれ違法ドラッグであれ、農薬であれ添加物であれ洗剤であれ経皮毒であれ、ほとんどが脂溶性です。製薬会社に見学に行ってみてください。石油タンクが置いてあります。もし薬が水溶性だと、門脈から肝臓に運ばれて代謝されて無毒化されてしまいます。脂溶性だと脳の血液脳関門も通りやすい。

だからよいわけではありません。脂溶性毒物は最終的に肝臓で代謝されますが、一部は体内の脂肪細胞に入り込んで残り続けるのです。特に脳は脂肪の塊なので、脳の髄鞘に取り込まれやすいので脂質代謝を活発にすることが大事なんです。細胞膜もリン脂質などの塊です。人間の体は水以外は大部分は脂質とタンパク質でできています。

究極的にいえば医療用の薬物をとっているのは、石油やガソリンを飲んでいるのに近いです。だから医療薬や食に関する化学薬品に関して、石油系の大企業や財閥の名前が出てくるわけです。言うまでもなくロックフェラー財閥とはスタンダード石油を代表に、世界の石油を牛耳ってきた一族ですが、だからこそ医療や食支配はロックフェラーが担ってきたわけです。

これらの脂溶性毒物=薬物を摂ると人体はそれを代謝するために、ビタミン、ミネラルなどを大量に消費します。そうすると隠れ栄養不足になり健康を損ねます。残留した薬物はかなり後になっても体に悪さをします。健康になりたければ良質の脂質とタンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂ることが重要です。糖質はそれほど必要ありませんがみんな摂りすぎです。

解毒やデトックスを考えるとき汗をかいたり脂肪を燃焼したり、断食したり栄養補助食品をとったりといろいろしているようですが、基本が欠けています。発汗したり断食してもただ解毒できているわけではありません。いいものと悪いものが一緒に消費されています。よっていいものと悪いものを消費した後に、いいものだけを積極的にとることが重要なのです。

オイル交換のイメージと同じです。
12705407_946142152136205_8658340340662152336_n[1]