我が子をアホにしないための10ヶ条 うつにならないための10ヶ条

ご尊敬申し上げる小倉謙先生のお言葉です。


我が子をアホにしないための10箇条

1、子どもに注意を向けて明確な返事をしなさい
2、「あんたは子どもなんだから出来ない」と言わない
3、テレビを見せない
4、甘いもの(砂糖・甘味料)を極力与えない
5、ビタミン・ミネラル・タンパク質の豊富な食事を与えなさい
6、出来るだけ子どもに手伝いや仕事をさせなさい
7、一つ一つの単語の定義が理解できるように伝えなさい
8、夢や希望を大いに語らせなさい
9、思いっきり遊ばせなさい
10、一人の大人として扱いなさい(身体の大きさは考慮することは必要)

「うちの子は発達障害~」なんて言っている暇があったら、上記の取り組みを一つでも完璧にやってからにしてください!

 


ウツにならないための10箇条
(ウツを治すための10箇条でもあります)

1、栄養を満たしなさい
2、活動するのに十分な休息をとりなさい
3、身体の中に残留している余計な物質を排除しなさい
4、危険な環境(放射能、超低周波など)を避けなさい
5、問題を解決できる知識と技術を持ち、それを使い、より多くの人の役に立ちなさい
6、公理・原理・原則・法則などのより普遍的なデータを知識としなさい
7、人生の目標や目的、自分が作りだすべきものを明確に持ちなさい
8、物事の本質を理解すること、またそれが出来る方法を知りなさい
9、コミュニケーションでコントロールする方法を知りなさい
10、つきあうべき人間と、そうでない人間を見分ける方法を知り適用しさない。

せめてこれくらいのことはやりましょう!
(学校で学べることではないですね…)


コメントを残す