睡眠薬について

甲斐由美子先生の投稿です。
睡眠薬を飲まれている方は本当に多いですね。深刻な睡眠障害が無くてもお通しのように処方されるもんだから、当たり前のように服用している方がほとんどですね。
でもね、説明もされていないかもしれませんが睡眠薬での睡眠は、普通の睡眠ではないですからね。
真実を知るとおっかないよね。それでも飲みますか?

~本文ここから~

睡眠薬について

眠れないということから、睡眠薬を服用なさる方が多いですが、精神薬ですから気を付けなければなりませんね。
睡眠薬による睡眠というのは、「ノックアウト睡眠」というものなのです。
つまり、気絶させて眠らせるという方法での睡眠なのです。
ですから、心臓にも負担がかかるのです。

睡眠薬から精神薬の多剤投与に移っていくことは本当に多いのです。

ちょっと気になり厚労省の睡眠薬の適正使用ガイドを読んでみました。

なんというか・・・
これを本気で書いている人がいるということ、しかも厚生労働省のガイドラインであるということ。
かなり、危ないですね。

しかも、患者向けに言う言葉と、勧告という形で一緒に書いてあるのですが、服用なさっている方は添付文書のみならず、こちらのガイドラインもお読みになったほうがいいと思いますので、ご紹介させて頂きます。

~~~~~~~~~~

一部抜粋

睡眠薬、睡眠導⼊剤、安定剤の違いは何でしょうか?
【患者向け解説】
睡眠導⼊剤と睡眠薬の間に本質的な違いはありません。睡眠導⼊剤という名称は睡眠薬のなかでも作⽤時間が短いタイプの薬剤の総称として便宜的に付けられたものです。睡眠薬の作⽤時間(効果の持続時間、体から消えてゆく時間)はさまざまで、症状の強さや特徴により使い分けられます。
これに対して(精神)安定剤は抗不安薬とも呼ばれ、不安症状の緩和を⽬的として⽤いられます。
睡眠薬にはベンゾジアゼピン系睡眠薬、⾮ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン受容体作動薬などがあります。ベンゾジアゼピン系薬物は多種類あり、それぞれ不安や緊張を緩和する作⽤、眠気を催す作⽤(催眠作⽤)、筋⾁をほぐす作⽤の強さが異なります。ベンゾジアゼピン系薬物の中でも催眠作⽤が強いものが睡眠薬として、催眠作⽤が⽐較的少なくて不安や緊張の緩和作⽤が強いものが抗不安薬として使⽤されています。抗不安薬は就寝前の緊張をほぐして眠りやすくするために睡眠薬代わりに⽤いられることもあります。
【勧告】
睡眠導⼊剤と睡眠薬の間に本質的な違いはない。消失半減期が短い睡眠薬は主として⼊眠障害の治療に⽤いられることが多いため、睡眠導⼊剤と俗称されることがある。安定剤とは抗不安薬を指し、その⼤部分は睡眠薬と同じベンゾジアゼピン系作動薬である。催眠作⽤の強い抗不安薬を睡眠薬代わりに⽤いることに科学的妥当性はない。【推奨グレードC2】

~~~~~~~~~~

科学的妥当性はない・・・????

これだけではないのですが、おかしなところがたくさんあります。

~~~~~~~~~~
不眠症の薬物療法の現状(亜急性期〜慢性期治療)⻑期服⽤時の有効性と安全性を担保するため、効果の持続性(耐性の有無)、副作⽤とその対処、減薬・休薬法などに関する研究が多くなされてきた。臨床薬理研究により頻度の⾼い代表的な副作⽤(健忘、筋脱⼒・転倒、催奇形性、薬物依存など)に関する知⾒が積み上げられている(Q31­37)。
とりわけ、⾮ベンゾジアゼピン系睡眠薬およびメラトニン受容体作動薬については6〜12 ヶ⽉の⻑期投与試験データが集積しており、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に⽐較して⻑期服⽤時の有効性と安全性が格段に向上していることが確認されている(Q31-36, 39)。しかし、慢性不眠症患者では、⻑期服⽤、⾼⽤量、多剤併⽤などにより薬物依存や認知機能障害などの副作⽤リスクが⾼くなるため、薬物療法の戦略の⾒直しを迫られることも多い。加えて、⽇本では睡眠薬・鎮静剤として販売されたサリドマイドを妊娠初期に服⽤することによって重い先天性⽋損症(四肢⽋損)や死産が発⽣した薬害事例や、⼀部の患者での睡眠薬の乱⽤や依存に関する報道を通じて、世界的に⾒ても⽇本⼈は睡眠薬に対して群を抜いて強い⼼理的抵抗感を有する国⺠性であることが明らかになっている。実際、⽇本⼈は睡眠薬に関する不安・⼼配を数多く抱えており服⽤患者のアドヒアランスは低い(図2)。不眠症に対する薬物療法は、患者が持つ不安・⼼配について適切に答えられ、ベネフィットがリスクを上回る妥当な⽅法で⾏われる必要がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ま、とにかくじっくりとお読みになってみてはいかがでしょうか?

http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf

12733635_1104764912901749_7982400550435387226_n[1]


コメントを残す