坂村真民

10年前に亡くなった、仏教詩人の坂村真民を御存知でしょうか?
癒しの詩人と言われている方ですが、私は恥ずかしながら女房から教えてもらい初めて知りました。
親民の詩の一つ「あとからくる者のために」があまりにも良い詩だったので紹介します。

あとからくる者のために
苦労をするのだ
我慢をするのだ
田を耕し
種を用意しておくのだ

あとからくる者のために
しんみんよお前は
詩を書いておくのだ

あとからくる者のために
山を川を海を
きれいにしておくのだ

あああとからくる者のために
みなそれぞれの力を傾けるのだ

あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分で出来る何かをしてゆくのだ

真民の人間性の高さが表れている詩です。
あとからくる者のために、次の世代のためにいま何ができるのか、何をするのか?
福島の惨状から5年になりますが、私たちの世代の日本人はこれからの長い世代に対してどのような行動を残せばいいのでしょうか。未来を引き継ぐ者のために問われていることがあります。それが何かに気付くことができれば、やるべきことは見えてくるはずです。

http://www.shinmin-museum.jp/


コメントを残す