3月11日

内海聡
3月11日

地震、津波などにより2万人近い方が亡くなり、その後も放射能や社会ストレスや医原病などで、数字に出ないまま多くの方が亡くなられました。そしてその家族は亡くなられた方の何倍かいて、復興はいまだ遅れ阪神淡路と比しても異常なまでに苦しみを広げ続けています。津波の被害はいまだ鮮明であり、私も本日は動画を何度か見て改めて地震の恐ろしさを思い出しています。原発は爆発しメルトダウンしましたが、いまだ収束の気配を見せていません。

国家と官僚と政治家は原発の嘘を流し続け、ヨウ素剤も飲ませず避難もさせず被爆し、汚染水はいまだ垂れ流しで日本だけでなく地球上を汚染しています。子どもたちは心臓病や甲状腺がんなどになり、これから先急速に増えていくことが予想されます。それでいながら食べて応援が繰り広げられ、安倍晋三はイギリス皇太子まで利用して嘘を繰り広げ、再稼動による自らの利権に執着するがのみです。常磐道が全面開通しましたが通年線量は約50mSv/年で、海外からもキチ○イ扱いされるレベルです。

2011年3.11以降の日本は大きく変化し、右傾化と抑圧がすすみ憲法の拡大解釈、軍国主義化、原発再稼動、TPP反対という嘘、秘密保護法や癌登録法、オリンピック誘致、GDPは減りさらに格差社会は進行、民族蔑視は進み戦争へ転げ落ちようとし、献金と賄賂と不道理は政治家と官僚に横行し、すべては腐敗しもはや回復不能なレベルになってしまいました。憲法から基本的人権まで抹消されようとしているのです。

空母からは集団訴訟が起こされていますが、日本の訴訟はほとんど日本人の為には動いていません。放射能の廃棄物は山積みとなり動物たちは打ち捨てられ、人々は避難所で麻薬まがいの薬物を飲んで対症療法する毎日です。もはや愛国という言葉の真の意味は忘れ去られ、みな国を守るために高潔な行動をと訴えますが、実際にそれぞれはそれぞれの正義のみを主張し、人間はすべて同じ生物なのだということを忘れてしまっています。
 
私たちはルーツをたどった時に民族がどうとかそういう問題ではなく、同じ生物として文化も肌の色も戦争の歴史さえも乗り越えて、この地に戦争がなく一部の人に操られない歴史を打ち立てていく必要があります。できるだけ多くの人が基本的人権が守らればいいというのはわがままでしょうか。日本人が日本人の素晴らしさを主張するのであれば、すべてを変えるために行動していくことこそが日本人の高潔な使命であり、3.11が私たちに教えてくれたものだと思っています。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。合掌。

(あえてこの写真を使った意図をお察しいただければ幸いです)

10428434_780909315326157_1883601139215582577_n[1]


コメントを残す