いちご


数ある農作物の中で「無農薬栽培が最も難しい」と言われているのがイチゴなのだという。

「イチゴは特に農薬の使用回数が多いことで知られています。年間平均農薬使用回数が、生産量
1位の栃木県の52回、
2位の福岡県で63回、
3位の長崎県は65回。
南の地域ほど農薬の使用回数が多くなる傾向があります。気温が高いと病害虫の活動が活発になるからです」(『希望のイチゴ』の著者、田中裕司氏)

イチゴは、農薬をよく落としてから食べましょう。


コメントを残す