わがままっ子の原因

内海聡先生の投稿です。
この辺の話も以前から疑問に思っていましたのでフムフムと頷きながら読みました。
そういう私も娘には甘いです。
我が家では特に厳しくする役割はないのですが、一定の基準は夫婦で共有しています。
いずれにしてもモラル教育は家庭でしないといけませんね。
「子は親の言うようにはしないが、親のするようになる」が基本です。
子は親の鏡、子は自分で環境を作れないので親が責任を持って環境をつくり上げる必要があります。
それが教育でも食育でも同じです。
人任せにはできないのが子育てだと思います。子の成長は早いです。
だからこそ今この瞬間を大切に、子と伴侶に感謝と謙虚な気持ちを持つことが必要です。
IMG_20150704_111122

~本文ここから~

これは日本古来の教えですが別に難しい話ではありません。厳父とはしつけや態度の厳しい父親のことで、慈母とはやさしく愛情にあふれた母ということです。古来よりこれが家族としての良い形とされ、これは古代民族であっても似たような傾向がありました。古代民族と中世などの場合は文化度が違うので一概に言えませんが、父は社会の厳しさや躾を教えるうえで重要な存在でした。それでいて母はそれを許容していくれる優しさがあり、これはお婆ちゃんなどにもその要素が認められます。

このような厳父の価値は何かしら己に問題が起きてみないとわかりません。ニンゲンは常に後悔する生き物であり、その時にしていればよかったことをすることができません。厳しいということは厳しいことではなく、優しいということは優しいということではありません。これが男性性と女性性の部分的な違いでもありますが、最近のニンゲンはこれをこれ見よがしに自分の偉さとして訴えたり、さらにいえば厳父と慈母の関係が逆転しているのをよく見かけます。

厳父とは憎まれ役といえますが監視役でもあります。さらに日本の社会の中では厳父だけでなく、地域のおっさんという重要なファクターがありました。つまり地域やコミュニティ―のなかで正論を教える嫌われ役、諭すための和尚のような役、それぞれに意味があって成立していました。このような文化が失われてきたのも一つの教育的戦略だということも言えます。慈父厳母はわがままっ子が育ちやすいと胃も言われます。

物理学者の寺田寅彦の有名な言葉にこういうのがあるそうです。『日本人は自然の「慈母」としての愛に甘えながら、「厳父」の恐ろしさが身にしみている。予想しがたい地震台風にむち打たれ、災害を軽減し回避する策に知恵を絞ってきたところが西洋と違う。』。地震、雷、火事、親父の言葉は別に偶然ではありません。我が家もどうにも娘を甘やかしてしまっておりますが、もう少し怖くしようかなとも思う毎日でございます♪。


コメントを残す