特別に得意な治療

誰だって得意,不得意があるものです。
得意は延ばして唯我独尊。苦手は潔く諦める。子供の教育と似ていますね。
苦手な治療は特異な先生に任せた方が、患者さんの為になるってもんです。

私の得意ジャンルは
①栄養学:真に正しい栄養学です。本当に正しい栄養学を知っている人はわずかです。
     あらゆる慢性疾患は間違った食事からきています。虫歯・歯周病だって栄養学ですよ。
     

②削らない治療:削りたくないからという気持ちが一番高かったので必然的に上手になりました。

③抜かない矯正治療:自分の子供の永久歯は絶対抜きたくないという思いで勉強しました。
          抜かない矯正治療をしている医院もわずかです。

私の苦手ジャンルはズバリ外科です。ちょっとでも難しかったら口腔外科さんに依頼しています。

 

写真は得意な治療です。
欠けていますね。虫歯にはなっていません。削らずにレジン充填で対処しました。
歯軋りが原因で欠けていますが、歯軋りの原因は栄養学で説明できるって知ってました?
入歯のバネのかかる歯ですが、写真の通りバッチリです。所要時間わずか15分。

これが、「型取りをしてインレーです」となると、麻酔は必要だし、義歯も作り直しになるでしょう。
何倍も時間とお金がかかり、歯は削られてしまいます。私はそのような治療はしたくありません。
皆さんだってそうでしょう?

P1010764P1010765P1010766


コメントを残す