47年前に予言されていた現代の世界

今回は政治の話です。
ブログで政治の話をするのは初めてです。
今の日本や世界は過去にないぐらい問題が山積みです。

日本は医療費は40兆円を超え、国民のほとんどが病人です。
過去のデータと照らし合わせると国民数は減少しているのに対して異常な数です。この数字は誰も病気が完治していないということになります。なのに病気になった原因は追究せずに新薬の開発と医師不足のみにフォーカスを当てています。これでは医療費が削減できるわけはありません。

待機児童はどうでしょうか。
保育所が足りないということにフォーカスを当てていますが、昔の日本はそもそも共働きなどほとんどありませんでした。なぜ共働きを強いられるようになったのか?離婚が増え、シングルマザーが多くなったのも原因でしょう。
過去の日本や、うまくいっている他国と照らし合わせ「なぜ」という原因を炙り出さない限り全てが対症療法であり、根本的な解決には導かれることはないでしょう。

有名なリチャード・デイ博士の1969年講演内容です。
箇条書きにしてありますが、まさに、現代の日本そのものです。
リチャード・デイは未来に何が起こるのかを知っていて、次世代の医学のリーダーになることを保証されている医学生に向けて講演しました。
リチャード・デイはシオニストの手先のような人物で、講演内容はシオニストが世界中の人類に対して、どのようなことを計画しているか、どのように実行するかまでも暴露した内容です。
つまり今の社会は、計画的に目指して実現できた世の中であり、シオニストが目指した社会そのものです。

日本にもシオニストは大勢います。
原子力ムラや医療ムラと呼ばれる政府の御用学者や大企業もシオニストが多いと言われています。
自民党でも2つの勢力があり「清和会」と「経世会」の2大派閥に分かれます。
「清和会」は福田、小泉、安倍晋三でありシオニストです。
「経世会」は角栄、竹下、橋本、小渕であり日本独立を重視しています。

この元となっているテープはYouTubeで聴くことが出来ます。本当は6個ありますが最初の一つだけ載せます。
残りの5つは興味があったら調べてみてください。

New Order of Barbarians 1/6

 

人口調節-子供をもつことの許可
セックスの目的の切り替え-生殖なしのセックスとセックスなしの生殖
性教育と世界政府の道具としての若者を肉欲に耽らせる
人口調節として堕胎に補助金を出す
同性愛の推奨
安楽死
老人を排除すること
人口調節の1つの方法としてガン治療の抑制
暗殺の一つの方法としての心臓発作
思春期を早めるための教育
すべての宗教の混合
キーワードの改定による聖書の変更
洗脳の手段として教育の再構築
学校により長く置くこと、しかし、生徒には何も学ばせない
情報にアクセスすることの制限
学校をコミュニティーの中心にすること
図書館からの焚書
社会的無秩序を増大させるための法改正
市街地に無法地帯を生み出すための麻薬の乱用の推奨
アルコール乱用の増進
旅行の制限
監獄の増大の必要性と監獄としての病院の利用
精神的肉体的安全性を無くする
社会を管理するために犯罪を利用
アメリカの工業的優位の後退
社会的ルーツを引き離す経済
社会工学と変化のための道具としてのスポーツ
娯楽を通じてセックスと暴力の推奨
IDカードやマイクロチップの埋め込み
食糧のコントロール
天候のコントロール
科学的研究の偽造
テロの利用
TVを利用して洗脳する
全体主義的世界システムの到来。
などである。

愛情の対義語は何でしょうか?

「愛情」の対義語はなんだと思いますか?「憎しみ」と答える方がほとんどでしょう。
マザーテレサは「愛情」の対義語は「無関心」と答えました。
i320[1]

無関心と他人事が目立つ昨今ですが、社会や政治への無関心から我が子や配偶者などの「人」への無関心も顕著になってきているようです。「自分には関係がないから」という行動は無責任なだけでなく、本人でさえも無関心の対象となります。

そもそも、なぜ無関心なのでしょうか。
「無関心」を選択し、物事に関わらないことでそのものへの責任を回避し、痛みや苦痛から逃れる自己防衛反応が過剰に出ている気がします。つまり「無関心」な人は苦痛やストレスに弱く、安定を求めることへの究極の選択なのかもしれません。もしくは自分の無力さに諦めてしまった結果なのでしょうか。

しかし、関心を持たないということ自体が大きな暴力であり、自分も環境もマイナスへと向かいます。
関心が失われたところに広がる茫漠は人の生きるエネルギーをどこまでも吸い込んでいきます。
「無関心」の果てには「絶望」しか残りません。

内海聡先生曰く「私たちが考えなくてはいけないのは、すべての物事は必然性があり、自分たちの問題は病気であれ社会であれすべて自分たちが産み出したものであり、日本の状況は市民の無関心から来ていることを自覚することである」まさしくズバリです。
まずは何でもいいから興味を示すことです。 そして行動することです。
何をすればいいのか分からなければ、30日の勉強会に参加してみてください。聞いているだけでOKです。患者さんでなくてもウェルカムです。
4月の勉強会は
30日5時からです。当院の待合室にて
「癌患者の共通習慣」をお話させていただきます。

 

 

虫歯治療

「医療は保険で治療する」安いしお得だから、疑いもなくそれを選択する方がほとんどです。
しかし昨今の健康ブームで一般の方の知識が深くなり、都心では保険外治療が選択されることも多くなってきています。
保険治療の良し悪しが理解され、なるべく削られたくないという思いの表れでしょう。

私のところでも保険治療の弊害を説明すると、やはり削られたくないということで虫歯治療の大半が保険外治療になってきました。

削らない治療を選択すると、型を取らずに詰めていく治療に行きつきます。
だから必然的に充填という詰める治療が多くなりました。

私の医院では、治療内容をカメラで撮影して患者さんに確認してもらうルールがあります。
見て頂いて満足して帰って頂かないと困りますので、日々レベルをあげる努力は怠りません。

下の写真は治療痕を探すのは難しいでしょう。パーフェクトな治療ができました。

P1010751P1010752 

これは金属が脱離してきた患者さんです。型を取った治療は隙間から虫歯が進んだり脱離することがあります。
詰める治療はセメントを介在しないので歯質と一体型となり、二次的な虫歯にはなりにくくなります。
割と簡単な症例だったので15分で終了。患者さんの驚く顔を見るのは快感です。

P1010756P1010754P1010755

牛乳を飲ませたくないお母さんへ

「牛乳は危険である」ということは一部では常識ではありますが、まだまだ認知されていないのが現実です。
私の子は学校給食の牛乳を中止していますが、牛乳を辞めるときは学校から診断書の提出を求められ、電話でどういうことなのか質問を受け、飲まなくても牛乳代を払うことを約束される手続きをとりました。
飲まない牛乳の代金を支払うことは矛盾と謎しか残りませんが、それほどまでに牛乳業界の力が強い表れなのかもしれませんね。
牛乳給食を辞めたいと願う親が全国的に増えてきています、どのような手続きを踏めばよいかわからない方は甲斐先生の投稿を参考にして下さい。

 

~本文ここから~ 甲斐由美子

昨日も、牛乳を断りたいが、診断書を出せと言われてのご相談のメールをいただきましたので、再シェアさせて頂きます。

お子さんの牛乳給食を辞めたいと思ったら、参考にお読みになってみてください。
参考になると思います。
我が子を守るのはあなたです。

紹介させて頂く方は、自分で書面を作り、学校に提出なさったそうです。
厚労省は、診断書の提出をする指導はしていないそうです。
それを強要するのは法律違反ですね。

しかし、できるだけ穏便に、しかし、おかしいことはおかしいと言ってみましょう。

こちらに提出された書類が書いてあります。

http://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuun…/diary/200804240001/

その前にこちらもお読みくださいね。

ここからは転載させて頂きます。

給食の牛乳を止めるにはどうしたらいいの?

と、タイトルのことを赤ママさんからコメントをいただきました。

はい。これはとっても簡単な学校(=自治体)と
難しい学校(=自治体)があるのですね。
簡単な学校の例では、

「ウチの子には牛乳飲ませたくないので牛乳なしにして下さい」

と、学校の担任に言えば、

「はい、分かりました。そうします」

ということで、簡単に牛乳を止めることが出来ます。
もちろん牛乳代は給食費から差し引かれます。

次の段階は、

「はい、分かりました。でも牛乳代は徴収いたします」

ということで、飲まない牛乳代を取られる例。

次は診断書。

「では診断書を提出して下さい」

という学校。
実はこれは違法なことなのです。
なぜなら、給食で牛乳を飲ませることは法律で決まっていることではないのです。
自治体の規約にもあるはずはないです。
それを、「診断書を出しなさい」というのは、傲慢であり、
それこそが法律違反(なんだか正しい表現が思いつかない)のです。
つまり、牛乳を飲まないことを選択するのは自由なのに強制する、
飲まない場合は診断書、ということこそ、間違いなのです。

それでは、赤ママさんの受けた理不尽な対応を体験を読んでみましょう。

> 初めまして。少し前から子どもの体質改善のため肉や魚を控え、
> 野菜中心の暮らしをしています。お陰で子どもの便秘も
> 毎日出るようになりましたが、給食の牛乳をやめたいと
> 学校に申し出たら、すごく難しいアレルギーアナキラフィシーの
> 用紙を保健の先生からもらい、診断書と治療法を書いてもらって
> 提出するようにと言われてしまいました。
> 近くの病院へ今日行き、背中にブツブツも出ていますので、
> それと合わせてお願いしたのですが、
> 肉も魚も牛乳も栄養だから食べなさい
> と言われてしまい、背中のぶつぶつに薬が出ました。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。

ありゃりゃりゃ。医師も荷担してしまっていますね?

まず、学校側、といっても担任や保健の先生ではダメですから、
校長に直に会って言いましょう。
校長であれば、
給食は任意である。もちろん牛乳だけを飲まないのも任意である。
ということを知っていることでしょう。
いや、知っているはずです。
知らないとしたら、その校長は校長の資格がありません。

もう一度述べますけど、

給食は任意なのです。だから

「うちの子は給食はいらない。うちは弁当を持参させます」

と保護者が言えば、学校側はそれを受け入れることになっているのです。

だから弁当を持参する子供も少ないですが、いるのです。

「牛乳だけを飲まない」

ということも当然の事ながら、出来ます。

ということで、赤ママさん、直接校長と話して下さいね?

それでもダメだったら、またコメント下さい。
次の作戦もありますから。

> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。

いやいや、簡単なことなのです。

> どうしたらやめられるか、病院を探しています。

病院はいりません。診断書もいりません。

応援しております。

http://plaza.rakuten.co.jp/shokuikublog/diary/201106090000/…
より12963575_1143618882349685_2498093938637578872_n[1]

いちご

数ある農作物の中で「無農薬栽培が最も難しい」と言われているのがイチゴなのだという。

「イチゴは特に農薬の使用回数が多いことで知られています。年間平均農薬使用回数が、生産量
1位の栃木県の52回、
2位の福岡県で63回、
3位の長崎県は65回。
南の地域ほど農薬の使用回数が多くなる傾向があります。気温が高いと病害虫の活動が活発になるからです」(『希望のイチゴ』の著者、田中裕司氏)

イチゴは、農薬をよく落としてから食べましょう。

日本薬剤師会会長の告白

このような記事だと「薬」が全てダメだと言っているようにも勘違いされますが、薬は必要です。
ただし病気を根本的に治そうとしないで、症状を緩和させるだけの薬を飲み続ける行為は無駄です。
薬は石油製品なので長年の摂取で新たな病気をつくることも多いです。
ここぞというときに薬を利用することです。
漢方は安全という方も多いですが、漢方の方がさらに危険なことは意外と知られていません。

10171828_504622409642632_2535932813515089470_n[1]
週刊誌に掲載された日本薬剤師会会長の記事が話題ですね。

“クスリを捨てなさい”
“クスリは「毒」である”

と書かれています。

その理由は、

「現代の西洋医学におけるクスリというのは、人工的に作られた化学化合物質ですから、身体の中にもともと存在しないものであり、「毒」と言ってもいい。できれば飲まないほうが良いものです。」

とキッパリ。

クスリに関わらず、化学物質は身体にとって異物ですね。
異物である以上、なにかしらの影響を及ぼすと考えるのが自然です。

また、化学物質ひとつひとつの影響も気になりますが、もっと気になるのが相乗毒性。相互作用や複合影響と言ったりもするようです。

身近な化学物質と言えば食品添加物。

今の子どもたちは、1日に約12.6gの食品添加物を摂取してるといわれています。年間だと4.6㎏というすさまじい量です。

ひとつひとつの添加物の安全性は(一応)確認されていますが、複数の添加物が体内で反応したときの影響は調査・研究されていません。

あまりにも添加物の量が多すぎて、無数にある組み合わせをすべて調査するのは不可能なのでしょうね。

また、単体での安全性評価も成人を基準としているため身体の小さい子どもたちへのダメージは実際のところわかりません。

食品ひとつとってもこの状況ですが、化学物質は皮膚からも浸み込んできます。そして呼吸からも。

とはいえ今の生活で化学物質をゼロにすることは不可能ですし、完璧を求めるとその先にはストレスと挫折が待ち受けていますので、どう付き合っていくかが肝心ですが、相乗毒性の視点から今の子どもたちの健康を考えたとき、とにかく化学物質の量を少しでも減らしてあげることが大切のような気がしてなりません。

ワクチンはまさに化学物質のカタマリ↓

硫酸アンモニウム
ベータ・プロピオラクトン
ラテックス性のゴム
グルタミン酸ナトリウム(味の素)
アルミニウム
ホルムアルデヒド
ポリソルべート80
リン酸トリブチル
グルタルアルデヒド
ゼラチン
硫酸ゲンタマイシン
ポリミキシンB
水銀(保存料:チメロサール)
硫酸ネオマイシン
フェノール

日本薬剤師会の会長さんの言葉を借りれば「毒のカタマリ」といえそうです。

やはり健康は、クスリや注射針からもたらされるものではありませんね。

「ワクチン反対の会・神奈川」

学び方がわかる本

私はサイエントロジストではありませんがLロンハバートの書籍は良書が多く、今日紹介する「学び方がわかる本」も素晴らしい書籍です。トムクルーズがこの書籍で学んだことは有名です。
内容は絵本の様に絵と文字が大きく幼児にもわかるように作られていますが、大人が読んでも面白い本です。
お勧めの書籍です。

~小倉 謙~

 

教育は実に重要な課題です。教育一つで物事の状況はガラリと変わります。

誤った教育は「支配される人(奴隷・ロボット)」を作りだす可能性はあります。これは戦前の軍国教育が良い例となるでしょう。教育されていない人はこの世で生存をすることを極めて多くの困難に直面することとなるでしょう。これは教育という名のもとに全く違うことが行われている現代の状況がまさにそれです。

ですから「正しい教育」というのは絶対に不可欠なことです。

では、何が「正しい教育」なのでしょうか?

・学び方を知った上でなされる教育
・学ぶ目的に対して同意がなされている教育
・学ぶ主題に対して必要性と重要性が感じられる教育
・その人の生存をより確かにする教育
・コミュニケーションが円滑に行えるようにする教育
・最多数の人に最大の善がもたらされることを意図した教育
・事実をありのままに観察し、知ることができる能力をもたらす教育
・物事の本質を理解し、それを適用できるようにする教育
・過去の忘却を自らの力で補完できるようになる教育
・物事により直面できるようにする教育
・自己決断ができるようにする教育

教育の基本は「学べるかどうか」「学ぶための方法を知っているかどうか」という点にかかってきます。

学び方を学んだ人が居ない中で単に山盛りのデータだけがごそっと渡される。まずはここから解消にていかねばなりません

yjimage[1]

世界一貧乏な大統領のスピーチ「今、人間が見直すこと」

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

世界最貧といわれているウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ前大統領が来日していますが、ムヒカ大統領のリオ会議(環境の未来を決める会議)でのスピーチが話題になっています。ムヒカ前大統領の人間性が表れた素晴らしいスピーチです。
「本当の貧者とは誰なのか、豊かさとは何か」を今一度考えなおすことが出来るはずです。

https://www.youtube.com/watch?v=Q7aJcf_Lexs

統合失調症治療薬

ある加工食品を食べて5ヶ月半で27人が死亡した…といういことになったら、その食品はどうなると思いますか?

 ・即座に全品回収
 ・工場の操業停止あるいは閉鎖
 ・社長は辞任
 ・大量解雇
  ・損害賠償
 ・場合によっては倒産
 ・また、この食品を使用したお店も営業停止かもしれません

これらは免れないことでしょう。

でも、これが「薬」となるとそうならないんですね。
このゼプリオンという薬は単に「注意喚起」だけで終わっているんです。

これを製造した製薬会社は今でも漫然とこの薬を作り続け、そして精神科医はこの薬を使用し続けています。
さあ、この後何人の人が亡くなったのでしょう…。
食品だとダメで、薬だといい、というのは全く道理にかないませんね。
12832521_975644745824525_6703342207886608710_n[1]

フッ素について

 私は学問は一方向からではなく、多方向から検証すべきであると考えていますし、危険性のある薬などはその説明もされずに処方されている現状に疑問を抱かずには入れません。
 私は人に自分の考えを押し付ける事なぞ、単なるエゴであり社会通念上してはいけないことだと考えています。私は患者さんに私の考えを押し付けたことはありません。自分で調べて自分で行動して下さいとしか伝えていません。
 今は調べればすぐにわかる時代ですし、自分の身体の事ぐらいは自分で調べることが当たり前の行動だと考えているからです。特に我が子のことであれば調べるのは当然でしょう。
 私ならば自分で調べてから行動します。それが親の責任というものだと信じているからです。
 誰かの言いなりになる家畜のような状況に慣れてしまっている、今の日本の現状も危惧を抱いています。
 医療にしろ、教育にしろ、政治にしろ、経済にしろ、誰かの言いなりではなく自分で考えて自分の責任で行動すること、それこそが大人の役割です。
 。

学校等での強制的なフッ素洗口等を推進しないよう 要望書を提出しました