ガン保険


がん保険について貴重なコメントをいただきました。

以下。

保険代理店に勤めてます。
ガン保険の賢い入り方をお伝えします。
今流行っているガン保険は一時金タイプのものです。
ガンと診断されたとき一時金が降りるものです。そして実はガンは二種類ありまして、保険会社によって取り決めが違います。
軽度のガンに多い「上皮内新生物」と呼ばれるガンは一時金が出ない会社、10%だけ出す会社、特約で50%出す会社、満額出す会社と分かれています。掛け金にそれほど差がないので、上皮内新生物でも満額でる保険会社を選んでください。

あと・・ガン保険は ガンの疑いにつながる病気をしていると入れませんが、実は遺伝子検査でのガンの可能性の段階ではガン保険に入れます。(会社によって違うので事前に問い合わせてください)
つまり、遺伝子検査をして、ガンのリスクが高い場合にガン保険に入り、90日以上経過してからガン検診を受けてください。
その時に入るガン保険はもちろん上皮内新生物でも満額降りるタイプのものです。

以上転載終わり


コメントを残す