福祉の失敗

小倉謙先生の投稿です。
みなさん人間の幸せって何だと思います?
とある社長さんが言っていましたが、幸せの4原則があるそうです。
1.人の役に立つこと
2、人に認められること
3、人に褒められること
4、人に愛されること
これが、幸せの4原則と言うんだそうです。
文中にある「生活保護などの受給者の多くは幸せを感じていない」「役に立たないが何とか生きている」は4原則に当てはめれば納得ですよね。
福祉は手厚くするのが良い行いのような風潮ですが、本人の努力で、できることまで奪っていては幸せを感じることはできません。
日本は65歳以上の人口が4人に1人となりました。
できることはやってもらう。魚を与えるのではなく、魚の取り方を教える。人の能力に期待する。努力してもらう。
自助努力をしてもらい、自立を促すという基本的観念の全てが抜け落ちている気がします。


小倉謙
ここにある法則があります。

【法則】
個人がグループ(サークル、会社、社会、コミュニティ、自治体、国家など)に対して行う貢献が、グループが個人に対して行う貢献より低くなるとグループは崩壊する…。

20万円の給料をもらっているのに、19.9万円以下の仕事をしない社員だらけの会社は間違いなく潰れますよね。

それは国だって自治体だって同じです。
生活保護や他の社会保障制度はグループからの多大な貢献によって成り立っていて、一方そうした個人がグループに対して果たす貢献は極めて小さいことを前提とした制度です。ですから、この比率が高まれば高まるほど、社会や国家というグループは存続が危うくなります。

大阪市西成区は1000人中243.5人が生活保護受給者という状況です。
http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000086901.html

生活保護制度は日本国憲法25条 1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。によって保障されている制度です。

しかし、ここで考えなくてはならないのは、この条項ばかりに目を向けさせ活保護や社会保障制度を要求するだ人が大勢を占める社会になってしまったとしたら(西成区の24.35%という数字は既にそうなっていると思わざるを得ませんが…)、誰がそうした人々を助けることができるのでしょう。財源は常に助ける側の人々によってもたらされているのです。その助ける側の人々が少なくなればなるほど助けられる側の人々の生存も危うくなっていくというのは当然のことです。

ここで認識しなけえばならないのは、助ける側の人々の大半は自らの仕事によって糧を得て、その一部を税金や社会保険料として払っている人たちだということで(利権にまみれ、他人の財産を我がものにし、濡れ手に粟のようなカネの儲け方をしている連中はごくわずかに過ぎないということです)あり、実はそうした人々の方が真の幸福感を味わっていて、一方、生活保護などを受給している人の多くは幸せを感じてはいないということを…。

役に立たないがなんとか生きている…。
この状態がいかに個人の生存を危うくし、そして周囲の生存の脅威になっているかという事実を認識してもらわくてはなりません。

周囲の人が彼らに悲哀や同情を向けてこれらを正当化し、単に彼らを「助けられるだけの人々」に位置づけることは極めて非生存的な話です。

肢体不自由で困難を抱えている人であってもやれることはあります。やれることを大いにやっていただき、ほんのわずかでも「役に立つ自分」を実感してもらわない限り、施しも社会保障制度も全て失敗に終わってしまうことでしょう。

そのための第一歩は下記の本に記されている「混乱のコンディション」ということをやることでしょう。
  ↓   ↓
http://dntokyo.com/eshop/products/detail.php…

まずは「自分の本当の味方はだれなのかを認識する」ここがスタートなのです。

その他のことをやらせようとしても段階が高過ぎるのです。そうやって福祉は失敗に失敗を重ねてきたのです。

選挙について

ゆずるアカデミーの投稿です。
まったく共感する内容です。
誰かの手により幸せが得られるという依存心は捨て去るべきものです。
個人のの人間力だけが未来を想像します。
そして、選挙に関しては日本と子供たちの将来あなたの「正しさ」をもって投票して下さい。
投票するべき人がいなくても「誰も居ない」と書いて投じてください。
20160628233453[1]
選挙を前にこんな発言をするのもなんですが、歴史を振り返ってみて「政治という仕組みが世の中を変えたことはない」というのはどうやら真実でしょう。

結局、世の中を変えたのは「偉大な個人」だったということです。

さて「誰」が偉大な個人となるのでしょう?

到底、選挙などという仕組みの中からは生まれてはこないでしょう。
なにせ、実績などほぼ無視ですから…。

そして政治の仕組みさえ変えれば世の中は変わる…
なんて思っている国民が大勢を占めるようではお先真っ暗でしょう。

少なくとも「自分の人生においては、私が偉大なリーダーだ!」と実績を掲げて堂々と言える個人で占められていないと…。

※投票には行きます! 
票を投ずるべき人がいなければ「誰も居ない」と書いて投じます。

歯科だからこそできること

本日の患者さんでうれしいことが一つありました。
定期検診にいらした患者さんで、糖尿病を患っている方です。

以前に食生活を聞いてみると健康の為にと毎日野菜ジュースを飲んでいるという。
「野菜ジュースには糖質が多く、栄養価もないですよ。やめた方が糖尿病には良いですよ。」と説明し、3か月後の血液検査では良好な数値になり、しかも痩せることが出来たとたいへん喜ばれていました。


糖尿病も、虫歯も歯周病も栄養学です。食事指導は口腔内を見ることが出来る歯科が圧倒的に有利です。
私のところでは食事指導をしていますが、ほとんどの方が間違った食事や栄養学を信じています。
正しい食事指導や栄養学は歯科医院から始まります。

子供の虫歯

長尾周格先生の投稿です。
相変わらずストレートに自分の思いをぶつける文章ですが、栄養状態と虫歯の関係性と言うにはその通りです。
虫歯も歯周病も栄養状態が大きく関係しています。
真の虫歯の成因を知れば、歯ブラシとフッ素で虫歯予防をしているのが虚しい行為であるかを知ることが出来ます。
虫歯予防を口腔の中だけでおこるピンポイントな現症としてとらえてばかりで、全身症状の一つとしてとらえることが出来なければ、決して虫歯は撲滅することはできないでしょう。
149945[1]
乳幼児のむし歯

最近では乳幼児のむし歯は減ってきましたが、まだまだ2~3歳の小さい子どもでむし歯になっているのをときどき見かけます。予防歯科を専門としている身としては、非常に心が痛みます。

人間は元々他の野生動物と同様、むし歯にならない生き物です。特に小さい子どもは大人よりもむし歯になりにくいのが普通です。それなのになぜむし歯になってしまう子どもがいるのでしょうか?

むし歯の原因は甘いもの(砂糖などの糖類)です。しかしながら、甘いものを食べたり飲んだりしても、むし歯になる人とならない人がいます。この差はどこから来るのでしょう?それは、栄養状態の差です。逆に言えば、栄養状態が悪ければ、むし歯になりやすくなるのです。

人間の身体には自然治癒力というものがあります。指先などを切ってしまっても、しばらくすると血は止まり、傷口が塞がって元通りに回復します。このような自然治癒力は歯にも存在します。

歯のエナメル質や象牙質の中には血管がありませんから、自然治癒力の主体は唾液が担っています。唾液の量と質が、自然治癒力と大きく関わっています。乳幼児は大人よりも唾液量が多く、これが子どもの歯をむし歯から守ってくれています。また、唾液の中に含まれる炭酸水素イオン(重曹の主成分)が酸を中和し、再石灰化を招くことによって、歯を修復してくれるのです。

ところが栄養状態が悪くなってしまうと、唾液の状態もまた、悪くなります。実際小さいお子さんがむし歯になっている場合、全身的な栄養状態もまた、非常に悪くなっています。

子どもの栄養状態が悪くなるのには、大きく三つの要因があります。

一つ目は、子どもの虐待。
二つ目は、親の食に対する無関心。
三つ目は、親の誤った食に対する思い込み、です。

一つ目はともかく、二つ目は、親が無自覚のうちに子どもを栄養欠乏状態にしているということです。無自覚ですから当然、親の方も栄養欠乏となっています。こういう家庭の食生活は加工食品やインスタント食品が多く、ファーストフードでの外食もまた多いのが特徴です。

三つ目の食の問題は、大抵は玄米菜食や粗食など、親の誤った食に対する思い込みから来る栄養欠乏です。これは非常に厄介で、親は良かれと思ってそういった食事を用意していますから、その考え方を変えさせるのはなかなか難しいのです。特にこのような食生活は、マクロビオティックのような宗教と結びついていますから、食だけの問題ではない人生観の問題となりますので、変えさせようとすると非常に揉めることとなります。

いずれにせよ、結局のところは自覚があるかないかはともかく、小さい子どもをむし歯にするのは立派な虐待です。子どもを虐待する親に対応するのは非常に困難で、しばしばトラブルとなります。それでもそういう虐待親から子どもを取り上げて児童相談所に連れて行ったとしても、別の虐待が待っているだけ。本当に救いが無いと、むし歯の子どもをみるたびに胸が痛みます。

牛乳

内海聡先生の投稿です。
牛乳が健康に良いと言う常識が少しづつではありますが、認知されてきているような気がします。
朝から一生懸命牛乳を飲み、学校でも牛乳を飲み、不健康になっていくなんて滑稽ですよね。
投稿記事で紹介されている、カルシウムパラドックスはテレビでは絶対言いませんね。
よく考えて下さいね、何が何でも学校給食で牛乳をだそうと躍起になるのも、なぜでしょうかね?
カルシウムは牛乳にしか入っていないものですか?
ごはんに合わせるなら小魚でカルシウムを摂取したほうがおかずが増えて子供が喜びませんか?
1食300円ぐらいの予算の給食で牛乳は高すぎませんか?
以上を考えると学校給食での牛乳は子供たちを考えての事ではないような気がします。
牛乳を出して喜ぶのは、はたして誰でしょうね?

13501775_1030140607069692_3041357610824766753_n[2]

最近やっと火がついてきたのでしょうか。「牛乳はカルシウムが多く、健康に良い」という常識は、捏造された幻想価値に過ぎません。牛乳はカルシウムパラドックスと言って、骨を弱くする作用が認められています。牛乳のタンパク質「カゼイン」は、粒子が小さいので、腸の機能が弱っている時には、腸壁を素通りして、血液の中に入っていき、アレルギーを誘発しやすくなります。

牛乳・乳製品は、ロイシン・インスリン・インスリン様成長因子(IGF)による「mTORC1」の活性化により、癌の増殖を刺激するとも指摘されています。牛乳にはリンがたくさん含まれるため、骨のカルシウムは溶け出しやすくなり、牛乳を飲む民族に骨粗鬆症が多いのは、牛乳の摂り過ぎからだと推測されています。また、牛乳の飲み過ぎによりカルシウムが奪われ、虫歯になり易くなるかもしれません。

小さい頃から牛乳をたくさん飲み続けていると、ぜんそく・鼻づまり・アトピー性皮膚炎・潰瘍性大腸炎などを起こす免疫異常になりやすいとか、知恵遅れや言葉の遅れ、意欲の欠如、カルシウム不足による落ち着きが無くなるなどの精神発達面にも、害を及ぼすとの説もあります。結腸癌、乳癌、前立腺癌などになりやすくなり ホルモン剤・抗生物質・GMOの餌・ワクチンなども関係していると推測されます。

ただ、牛乳をヨーグルトやチーズにするとカルシウムの吸収が良くなるので、乳製品をたまに嗜好品として食べるくらいなら、それほど害はないそうですが、子どもの頃から毎日飲んでいると(大人でも多量に飲むと)想像以上の害をもたらすようですね。また、高山地域などの民族は食べ物が少ないため、このような乳製品やヤギのミルクなどをうまく活用し、身体も数百年から数千年かけて適応してきました。

なぜ、こんなに害のある牛乳が「身体に良い完全食品」と無批判に受け入れられてきたのでしょうか?「ミルクロビー」が存在しているのです。乳業会社は保健所のスポンサーであり、三大乳業メーカーはアメリカに魂を売った売国奴企業の筆頭で、遺伝子組み換え食品も大量に使っています。その乳業メーカーが作った最悪の手帳こそ「母子手帳」であり、日本人、皆が洗脳されてしまっている状況なのです。
たまの嗜好品、良質のものを選んでくださいね♪

医学には治るという前提は無い

SAORI先生の記事です。
みんな勘違いや思い違いをしているんですよね。
基本的に病気は専門家に丸投げ状態で、患者さん自身の自助努力という観点が欠落していると考えています。
自分の身体は自分が一番良く知っているはずです。
病気を本気で治そうと考えるのなら、フォーカスを変えて自分自身の考えと行動を変えるしかありません。
yjimage20RTNYUO


大好きな田中佳先生の記事♡

ちなみに、癌は再発するのではなく同時進行だと父は言っています。

トイレは、掃除をしない限り汚れていきます。
汚れないように使っていても、汚れていきます。
身体も一緒ですよね。

だから、再発とは言わないんです。
誰もが皆、同時進行なんです。

通じるかなぁ…。

医学には「治る」という前提が最初からないんです

1歳半健診

昨日は1歳半健診でした。
つけまつげのギャルママが一番挨拶が良く、礼儀正しいので驚きました。(人は見た目じゃないね!)

1歳半のお口の中参考写真
housyutu3[1]


健診で気付いたこと。
①よだれが出ていない
②すでに不正咬合が始まっている子が見つかった
③歯ブラシで悩んでいるお母さんが多い

順番に私なりに説明します~
①よだれが出ないことについては深刻な問題です。
赤ちゃんの定番よだれかけを誰もつけていないし、お洋服もビチョビチョではありません。
「よだれが出る子は元気な子」です。

では、なぜ、よだれが出なくなったのでしょう?
私は自律神経の乱れが原因だと考えています。交感神経が優位に立った状態です。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切です。
超簡単に説明すると「緊張したりすると上がるのが交感神経、リラックスすると上がるのが副交感神経」です。
どちらが重要ということは無くバランスで拮抗していることが大切ですが、赤ちゃんは副交感神経が優位でもよろしいん  じゃないでしょうか。

「交感神経が優位になり緊張状態が持続してよだれ、唾液が出なくなる」これが答え。

では、交感神経が優位になった原因は何でしょう?
つけっぱなしのTVや音楽、スマホの着信音など常に雑音に溢れている状態は交感神経があがります。
自然界では不自然な音はありません、人間界は騒音に溢れています。
赤ちゃんの環境は静かな方がいいです。
アメリカ小児学会では「2歳までTV禁止」と言っています。情報処理が追い付かず、脳の慢性疲労を引き起こすからです。これは妊婦さんにもいえることです。
他には加工食品の添加物や電磁波などいろいろ考えつきますが、とりあえず静かな環境でないと人は落ち着きません。

②赤ちゃんの不正咬合について
受け口の子もいましたが、子供の頃は泣いたりするときに下顎を突き出したりする癖もあるので、今は見守るしかないでしょう。(受け口・参考写真)
i320[1]
3歳ぐらいになったら簡単な装置と筋機能トレーニングのみで最短3ヶ月で治ります。(遺伝の受け口は無理です)

受け口以外には、舌の前歯が重なっている「叢生」と言われる歯並びの子もいました。
(叢生、参考写真)
img_cautions021[1]
「叢生」はいわゆるガチャ歯です。歯が並ぶスペースがなくてガチャガチャに並ぶ歯並びです。
・・・・・・・おかしいぞ?と思いました? そうです!1歳半の子は歯が生えそろっていないのにガチャ歯なんです!
不正咬合の原因って良く咬まないことが原因だと聞いたことがありませんか?
おかしいですよね?

実は不正咬合の原因は胎児の段階から始まっているのです。
母体の栄養不足です。一番は「鉄」不足でしょう。妊娠半年前から鉄分をよ~く摂取することが必要です。だけど「ヘム鉄」でないと意味ないですからね。
ガチャ歯の治療は私のところでは6歳から始めています。
歯並びの治療は待っていても悪くなるだけです。適正な時期にすすめれば永久歯を抜かなくてもなんとかなることが多いです。

③歯ブラシですが、そもそも喜んでさせてくれる1歳半の子がいたら変態でしょう。
嫌がるのが当たり前です。
でも、もしかしたら痛がっている可能性もありますよ。
歯ブラシの圧を大人と同じようにかけないことも大切です。歯が小さく歯茎は桃の薄皮の様にデリケートです。小さい歯ブラシで優しく磨いて下さい。歯茎にブラシのプラスチックが当たると痛いですよ。糸ようじもお忘れなく。
難しければガーゼで歯をこすってあげてください。
でもね、ほんとのこと言えば、歯垢がべっとりつく食生活が一番よろしくないのですよ。
ジュースやお菓子はひかえましょうね。

 

 

炎上記事

甲斐由美子先生の投稿記事です。
去年あたりの内海先生の大炎上した記事ですが、感情に身を任さず本質を見抜く目を持っていれば内海先生がなぜこのような記事を発信しているのかが分かるはずです。

c1e51d7ae3122d2980abc75dcd7bea0b_original[1]

これは懐かしい炎上
そして、すごいことにもなりましたね。

これシェアするとまた炎上するのかな?
と思いながらも再シェア

去年とは違う感覚を持つ人がいてくれることを願います。

内海さんの言っている意味を理解できる人は、少ないんだろうなぁ・・・

痛い言葉に振り回されないで、ちょっとじっくり読んでみてほしい。

何故、このような言い方をなさっているのかも。

ーーーーーーーーーーーーーーー

クマニュースってなんだ?
この記事読んでの感想。
読解力のない人が増えてるのか?
今朝もう一度読み直そうと思っていたのに、
ま、こういう方が多いので、私の役割としては地道に伝えていかなければならないんですけどね。
これからは最初から、脳内変換して読む人に対してのアプローチも考えていく必要があるかもしれないと私自身は思っている。
自分を顧みない人には何を言っても無駄。
少しでも気がつく人から話していくしかないでしょうね。自分を顧みない人には何を言っても無駄。
少しでも気がつく人から話していくしかないでしょうね。
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52133126.html

自分さえ良ければ

長尾周格先生の投稿です。
私にとっては共感できる内容となっています。
「自分さえ良ければ」とか「自分さえ生き残れば」とかという考え方は社会に対しても、自分自身に対しても不幸しかもたらしません。
今の混沌とした世界は「自分だけ良ければ」という考え方が多数を占めた世界です。
大人がつくり上げた愛情のないこの世界は、子供たちにとってはシビアな世界でしょう。そうでなければ子供の自殺が多い理由が見当たりません。

そもそも、「自分だけ良ければ」という発想はどこからくるのでしょうか?
責任感の欠如が「自分だけ良ければ」という発想につながるのではないでしょうか?
子育てに対して、仕事に対して、社会に対して責任感を一切感じなければ学ぼうとすることさえもしなくなりますからね。
私が農薬、食品添加物、放射能、砂糖、電磁波など患者さんにお話しするのも「自分さえ良ければ」というスタンスではありません、私が学んできたことを共有してほしいからです。
歯科を通じて真の健康をつかみ取ってもらうには歯科治療だけしても意味はありません。
私の仕事は歯を治す仕事ではありません。健康になってもらう仕事をしているのです。
ですから皆さん、もし共感できるようでしたら私のところで仕入れた情報をせめて大切な方にお裾分けして下さい。
428ec61ca902a18f7d531dbf9d900ace_400[1]



自分さえ良ければ

自分さえ良ければ、食と健康に関する知識は有料セミナーなどで儲けのネタに使うべきなんでしょうね。情報を仕入れ、吟味し、人に分かりやすく伝えるのって、手間も時間もお金もかかることですから。

自分さえ良ければ、情報はクローズドにした方が良いんでしょうね。オープンにすればより多くの人たちに伝わるかもしれませんが、お金になりませんからね。情報ビジネスをやってる人間にとっては、有意義な情報をオープンにする人間は迷惑な存在だから、徹底的に批判して潰しておきたいところですね。

自分さえ良ければ、同業者を敵に回すような言動は控えた方が良いんでしょうね。どうせ一人が何を言ったって世の中変わらないんだから。自分ばかりが嫌われ者になるのは、損でしかないですもの。

自分さえ良ければ、政治の話、宗教の話、お金の話はしない方が良いんでしょうね。騙される奴が悪いのであって、それを自分が救う筋合いは無いし、良いことをしたつもりが、かえって恨まれたりするからね。特にこれらの話はそう。

自分さえ良ければ、みんなと仲良くしていればいいんですよね。嫌われるようなことは言わない方がいいんですよね。世の中を変えたいだなんて、おこがましい考えですし、損するだけで良いことなんて一個も無いんですよね。

みんなそうやって、自分さえ良ければって考えて生きているんですよね。そうじゃない生き方を人がするのは勝手だけど、自分は損をしたくないから、そんなバカなことはしないんですよね。皆さん賢いなぁ。僕は賢くないから、自分さえ良ければいいって人に嫌われてもいいから、自分の考えを発信し続けたいって思うな。