どうせ興味ないでしょ(笑)➡興味持ってください!

内海聡先生の投稿です。
誰も興味を持ってくれないことは身に染みていますので、こんなことシェアしても無意味なのはわかっていますが・・・
最新の情報だと椎茸なんかもやばいみたいですよ。
お子さんの放射能のデトックス方法知っていますか?
みんな、興味持ちましょう!

13435590_1023866151030471_6775548856091557834_n[1]13428446_10153891636077701_7318379435641200022_n[1] 
五年前から拡散政策について訴え続けてきたが(興味ない国民)

拡散政策とは、カスな貧民=市民は全国中で放射能食って死ね、全員死ねば誰も因果関係はわからない政策ということになりますが、甘利に国民が無知でバカで無関心なために、ずっとやり続けてこられたという歴史があります♪。そして今回も高汚染の廃棄物が全国拡散されているのが、一部の人たちの間で話題になっています。もちろんすぐに死なないし子どもとか孫とかみんな病気になるから大丈夫です♪。心配し過ぎは体に毒です♪。

簡単に言うと311前の100bq/kgの基準であり、ドラム缶で30年間保管していたものを、今後は処理しきれないので全国で再利用すると政府が決め、汚染物質の濃度は8000bq/kgで世界中から嗤われているということです。ちなみに公共事業(防波堤とか)で使うほか、マンションのコンクリート、家の建材、土手の改修、高速道路や道路の土代わりとしてどんどん使われていきます。大丈夫、大した問題はありません♪。あなたの周りでもすぐに使われます。

福島県の除染廃棄物は2200万立方メートルであり、今後も少なくなることはあり得ません。環境省はこの東京ドーム約18杯分の除染廃棄物を、そのまま搬入できる規模の最終処分場を建設するのは無理なので、放射能に汚染された除染土を日本全国に拡散して、日本中で再利用してもらい、汚染被ばくしてもらいたいという政策を決定しました。署名は始まっていますが変更されることはありえないでしょう♪。

鉄道の線路を整備する際の盛り土、海岸の防災林や防潮堤の建設資材、さらに土地の造成や海などの水面を埋め立て地にする際にも使われます♪。ちなみに環境省は、全国に拡散する放射能で汚染された8000ベクレル以下の除染土を、ありがたいことに浄化物と名付けているそうです♪。井上信治環境副大臣(自民党)は、「こういう(除染土の上に、汚染されていない土砂やアスファルト、コンクリートを10センチ~1メートルかぶせる)やり方なら安全だと理解してもらう努力をしていきたい」と述べています♪。

大丈夫です。すでに福島、東北、関東に関係なく、関西中国西日本及び北海道にも汚染された食材が輸送されまくってますが、周波数をあげれば大丈夫とか、無農薬のものを食べれば大丈夫とか、祈れば大丈夫ですから何の心配もいりません。すでに鹿児島にフレコンバックが届いているという情報もあり(知り合いの議員情報)、電通は死んでもこのことをばらしたりしませんから、今後も心配はいらないし参議院選挙で自民党は確実に勝利するのです♪。
みんなでベクレよう♪。シェアとか全く必要ないのです♪。
(画像はネットよりお借り)


コメントを残す