内海先生

内海先生の投稿です。
内容は更年期商法についてですが、そんなことよりも内海先生の発言内容ですね。
「どうでもよくなってきた」「氏んでもらってけっこう」
この発言に腹を立てる人がいて時々炎上するのですが、内海先生の発言は並々ならぬ努力をした結果の発言なのですね。
これだけ訴えても、これだけ頑張っても誰も行動してくれない・・・ 医療人は少なからずこのジレンマに苦しむことになります。 
私のフレンドでもVIPしか診ないという人もいます。彼の言い分では、以前は貧乏・金持ち分け隔てなく自分の技術、知識、出来ること全てを患者さんの為に注ぎ込んでいたが、わがままで自分勝手で自己正当化しかしない患者に辟易して結果的にVIPしか診なくなったと言っていました。VIPは人の話を聞き、死に直面するその瞬間まで学び、他人の役に立とうとすると言っていました。 患者さん自身も謙虚に病気と向き合い努力して治すという姿勢があれば、内海先生だってこんな文章書きませんよね!
内海先生のことが知りたければ本を買って読んでみて下さい。まずは「医学不要論」がおすすめです。
私個人の意見としては内海先生は日本の救世主だと感じています。


20141202171716[1]
もうね、最近どうでもよくなってきた。覚醒剤使って更年期がよくなるとほざく。しかし問題は嘘しかつかない製薬会社や医者たちよりも、ヤクを欲しがる人民たちにある。これが人民の望む科学的根拠であり、はっきりいえばみんな氏んでもらって結構。
https://medley.life/news/item/57464e82458b92dc008b9f1d


コメントを残す