経皮毒

甲斐由美子先生の投稿です。
経皮毒については勉強会で触れましたが、シャンプー、石鹸、歯磨き粉、芳香剤、柔軟剤などは経皮毒の宝庫のようなものです。無添加のものをお勧めします。
また、人工界面活性剤等は下水を通じて、海洋汚染になりますので使えば使うほど自らの首を絞めるようなものです。
LEDも気をつけてくださいね。
13267691_1170884419623131_3238997905088709208_n[1] 13237869_1170882699623303_3937186508170298133_n[1]13239131_1170883979623175_7816580536062525219_n[1] 
『育児は子どもが生まれる20年前から始まっている』
経皮毒は親の毒が子や孫、ひ孫と世代を超え、しかも濃縮して受け継がれるのです。
界面活性剤系の経皮毒は脂肪にも水にも良く混ざります。
妊娠中のお母さんに経皮毒が入ってくると胎児にもその毒が入りこんでしまい、より濃い濃度で受け継がれていきます。


コメントを残す