主食の代わりとなるもの

私が考えている食での一番の悩みは「主食」です。
一般的な日本人の「主食」は白米やパンですね。

私の考える「主食」の役割は【お腹を満たし満足感を得るもの】であり栄養的期待は0です。
なぜなら主食は炭水化物であり、炭水化物はエネルギーであり栄養素はないのが一般的です。
しかも精製食品(白米、精製小麦粉、白砂糖、食塩)は身体に良い物は無いと考え方は、もはや常識的になりつつあります。

では、私が考える最も望ましい形の「主食」とは?
①低コスト
②無農薬
③腹持ちが良い
④炭水化物でも血糖値が上がりにくい低GI食品であること

結論として「十割蕎麦」がおすすめです!
そば粉100%で小麦粉なし。GI値は54で血糖値を上げにくく太りにくい。
問題は食べ方です。蕎麦打ちめんどくさいしな~・・・
と思っていたら先々月のTVで小峰先生がTOKIOの城島さんに夕食をごちそうしている場面があり、主食をそば粉を焼いたものを食べてました! 小峰先生に作り方を教わって試してみたところ、1週間で1キロ痩せました。

以下、私が実際食べている主食の作り方を教えちゃいます。
蕎麦粉クレープの作り方
①先ずは、食塩(海水塩)で塩水をつくり蕎麦粉を練ります。
・私の料理は全て目分量です。計ることは一度もしません。
・塩水も、ボウルに海水塩を入れ、そこに浄水した水を入れ、蕎麦粉を入れ、適当に混ぜるだけという本当に適当な方法です。
・ポイントは塩は海水塩を使用して下さい、食塩はNGです。
IMG_20160714_065549
②一晩冷蔵庫で寝かせて、焼くだけです。
・この機械が当たりでした。「ごはんDEサンド」Amazonで見つけて試しに買ってみたら本当に楽!
・小峰先生はせんべいを焼く道具で奥様がコンロで焼いてくれるとおっしゃっていましたが、「ごはんDEサンド」は面倒臭がりやにはもってこいです。値段も2000円でした。

IMG_20160714_065545
この日は珍しく朝食をとりました。いつもは味噌汁だけですが、蕎麦粉クレープと前日の残りのトマトと豆のスープです。
蕎麦粉クレープは実際お米よりもしっかり咀嚼しなくては飲み込めません。
ですから少量でも満腹感を味わえます。
薄い塩味と蕎麦の香りがあり、女房には好評です。(子供は嫌いと言いましたが)
私の主食は蕎麦クレープになりました。
IMG_20160714_070726

 

 

 

 


コメントを残す