子は親の写し鏡

おはようございます。10月31日(月)です。
10月最後の日です。気合を入れていきましょう。
私の人生の目的は、
「教育、医療、政治の真理を学び伝えること」
私の仕事の目的が、
「治らない対症療法ではなく、治せる根本療法を追求し上流の医療を提供する」
私の子育ての目的が
「Make&Giveを主体にし、知恵を授け自立を促す」
上記を確立するために、調べ・学び・知り・選択し・行動に責任をとるようにしています。
ブログもこの内容に準じています。
ブログカレンダー
月曜日:フリー
火曜日:医療・健康
水曜日:政治・環境
木曜日:休み
金曜日:教育・自己啓発
土曜日:料理・栄養学
日曜日:休み

 

内海 聡先生の古い記事です。
子は親の鏡・国民は国家の鏡です。
子は環境を選べません、環境を与えるのは親の仕事です。
子供の虫歯は甘い物が原因です。子供に甘い物を食べさせ続け、挙句に病気になり苦しむのも大人が与えた環境です。
もし子供に虫歯をつくってしまったら、その経験を活かして虫歯をつくらない環境を与えるべきです。

そして、人の性格や気質は10歳前後に決まるという説もあります。
固定された性格も気質も、後に望む性格や気質へアップデートすることは出来るようですが、大変な苦労が必要です。
10歳前後の環境はやはり大人が与えるものが大きいはずです。
周りの大人の考え方や信念が子供の性格や気質に影響を与える可能性を考えましょう。
間違った信念をもっているなら、それは真理ではありません。
過去に縛られて出来上がった間違った信念は変更できます。
道は一つではなくやり方は100通りあると考えましょう。
過去を変えることは出来ませんが、過去の出来事のとらえかたを前向きな思考に変えることで、自分の行動と未来を変えることは出来ます。そうやって成長していくのが親であり人間なのです。
yjimage9ozfdu94


2012年10月12日
子供が真の虐待に曝されてきた場合、子供の親に対する「憎しみ」は深いがゆえに、常軌を逸する妄想的部分が生じ、それが精神科によってさらに病気化されるという悪循環を繰り返してきました。
 
しかし、この場合、本来病気とすべきは「親」であって、診断されるのも投薬されるのも「親」であるべきなのに、親はそれだけは避けるべく(バレナイように)子供に対して優位的な行動をとります。
 
これが精神科への強制受診で、難しい例であることは間違いない事実です。親子連れのドクターショッピング患者で一番患者に拍手され、親に一番嫌がられる一言はーー
 
「親御さんも一緒に薬飲んでみたらどうですか?」です。
もう一つは「じゃあ親御さんは何障害ですか?」です。
 
これらの多くが団塊世代やその前後の親であって、二十代、三十代が患者。これは団塊前後世代の頑なさやアイデンテティーの強さと無関係ではないのでしょう。

 

(有益なサイト)
親の支配とその対処法
http://matome.naver.jp/odai/2144680307953624101

http://ameblo.jp/patya-mama777/entry-11625574218.html


コメントを残す