小中学校において2、3年後に「道徳心」「愛国心」に成績をつける、と文科省の決定。

おはようございます。11月4日(金)です。
私の人生の目的は、
「教育、医療、政治の真理を学び伝えること」
私の仕事の目的が、
「治らない対症療法ではなく、治せる根本療法を追求し上流の医療を提供する」
私の子育ての目的が
「Make&Giveを主体にし、知恵を授け自立を促す」
上記を確立するために、調べ・学び・知り・選択し・行動に責任をとるようにしています。
ブログもこの内容に準じています。
ブログカレンダー
月曜日:フリー
火曜日:医療・健康
水曜日:政治・環境
木曜日:休み
金曜日:教育・自己啓発
土曜日:料理・栄養学
日曜日:休み

金曜日は教育・自己啓発です。

小中学校において2、3年後に「道徳心」「愛国心」に成績をつける、と文科省が決定したらしいです。
確かに、愛国心や道徳心は大事ですよ。
だけど成績に左右させるという行為はどうでしょうか。
テストに出るのだとしたら、答えを覚えればいいだけであって道徳心や愛国心は身につくものではないかもしれません。

愛国心はいい国家に自然にうまれるもの。
道徳心は正しい大人の中で囲まれて自然と身につくもの。
です。

子供達に道徳心を教育させたいのなら、タバコをポイ捨てする大人や、老害と呼ばれる自分勝手な振る舞いをする大人を教育することが筋だと思います。

子供達に愛国心を教育させたいのなら、日本国民の健康や利益を二の次に考えている政治家や、外国人に日本の水源を売ったり、
土地を売ったりする愛国心の微塵もない大人を教育するのが筋でしょう。

まぁ、こんなことを書いても成績は人生に関係しませんけどね。
http://togetter.com/li/987897


コメントを残す