「削らない歯科」の「抜かない矯正治療」

写真をお見せできないのが残念ですが、今日一人の患者さんの矯正治療が終了しました。

患者さんは9歳6か月の女の子です。
半年前に「出っ歯」の矯正治療依頼で来院しました。
見ると、上の前歯が出っ歯です。

全体を見るとその子は猫背で、口をポカンと開いています。
目尻は下がり口元も下がって口唇は肥大してめくれあがっています。

顔のパーツがだらしなく下に垂れ下がっています。
どう見ても「いい顔」ではありません。

どうして、そのような顔つきになったのでしょう?
「出っ歯と顔つき」は関連性があるのでしょうか?

まずはお母さんに「出っ歯」の他に顔の成長が悪いことを伝えました。
ものすごく怪訝な顔をするお母さん!

そりゃそうですよね。自分の子供の顔が悪いと言われたらいい気分はしませんよね。
まして、歯並びを見てもらいに行ったら、顔つきを指摘されるなんて訳が分かりませんよね。

でもね。一緒なんですよ。
「出っ歯」と「お口ポカン」と「目尻と口角の垂れ下がり」と「猫背」と「口唇のめくれ上がり」は関連性があるんです。

ぜんぶひっくるめて治すことを説明してプレオルソと筋機能療法の併用で矯正スタート!

そして今日が矯正治療スタートから6ヶ月後です。
出っ歯は治りました。
お口はしっかり閉じています。
目尻と口角の垂れ下がりは無くなりました
猫背でもありません。
口唇のめくれは無くなり自然です。

初診時の写真を見せましたらお母さんの喜ぶこと!
これほどうれしいことはありません。
歯科医師冥利につきます。

歯並びの治療とは、見た目を良くすることが目的ではありません。
良い顔をつくることと機能を回復することが目的です。

中学生まで待ってたらこの子の顔はどうなっていたことでしょう。
早く気づいてよかったですね。

 

「削らない歯科」のコアの話

土台(コア)も選択ができると知っていましたか?

土台(コア)は神経を取った歯に適応されます。
冠を被せようにも歯質がない場合につくります


あまり土台のことが話題になることはないですが土台なので実は大事なことなんですよ。
(もしかしたらブログで土台についていうのは初めてかもしれない!)

土台も種類があるんです。
1.メタルコア
2.レジンコア
3.ファイバーコア

1のメタルコアは
型をとって作る金属の土台です。
硬すぎて歯にダメージを与えやすくなりお勧めではありません。
金属アレルギーの問題もありますしね。

2のレジンコアはオススメです。
金属アレルギーの問題はありません。(支柱に金属を使う場合は別)
セメントを使わない接着方式なので2次的な虫歯になりにくい、軟らかいので歯が割れにくいのが特徴です。

3のファイバーコアは超絶オススメです。
レジンコアの金属支柱の問題を解消した方法です。
ファイバーコアが一番人体と歯に優しいのは間違いありません。

そうしたら、みんなファイバーコアでいいじゃないかという声も聞こえてきそうですが・・・
実はけっこう技術が必要なんですね。
唾液が入らないような防湿も完璧にしなくてはいけないし、それなりのスキルも必要だし時間はかかるし・・・

でも、もし大切な人にコアを治療しなくてはならないと考えたとき、私は何も考えずにファイバーコアを選択しますけどね。

 

そんなこんなで、最近のファイバーコアの症例です。
下の金属冠から嫌なにおいがするという訴えです。
軟化隙間があるじゃないですか!

外してみたら!
もうきれいにしちゃった後なんですが、元々は金属土台が入っており2次的な虫歯が進んでいました。もうほとんど歯の質はありません!

ファイバーコアにしました。
個人的には型をとって合着する方式はセメントラインからダメになっていくので好きではありません。
時間と手間がかかってもダイレクトに詰めていく接着方式が絶対的に予後がいいんです。
見てください!歯質との境をセメントがないからきれいでしょ!

内側からの写真、歯の質がまるでないことがわかります。
ほとんど、0から作り上げましたがそれでも30分かかっていません。
コアにするには断然ファイバーコアがおすすめなのです。

おまけ、
金属が良くない理由に重量の問題があります。
人間は直立2足歩行で一番重たい頭がてっぺんにきている、何ともアンバランスなどうぶつです。
人間の頭はボーリング玉ぐらいの重さがあります。
これを毎日支えているので、ちょっとした不都合で腰が痛い、型が痛い、足が痛いなどの不調が出てきやすいのではと考えています。
その重たい頭も軽くするために、中の骨は空洞だらけなんですよね。

それなのに、ずっしり重たい金属でかぶせたりすると体幹が狂ったりするので良くないんです。

健康を意識するのなら、金属は止めて1gでも軽い物をチョイスしてください。

「虫歯は安易に削らないほうがいい」  これって正解? 不正解?

ウェブマガジン「HEALTH PRESS」に2011年放送のTBS系『世界のスーパードクター』でおなじみの小峰先生が取材を受けて2回に渡り紹介されました。
URLをクリックしてご覧ください。

*削らなくても自然に虫歯が治る「ドックベスト療法」とは?〜小峰歯科医院・小峰一雄院長に聞く

http://healthpress.jp/2016/12/post-2724.html

削らない治療の選択肢が増えるかもしれません。

タイドグルーシブって聞いたことありますか?
まだ話題に上がったばかりなのですが、ドックベストセメント治療以外にも虫歯を自然治癒させる方法ができるかもしれません。

http://karapaia.com/archives/52232244.html

アルツハイマー治療薬の応用なので薬自体はすでに存在していますので、実用化は近いということです。

選択肢が増えることは良いことです。
あとはそれを受け入れる技術的な問題が残ります。

塗るだけ、詰めるだけならだれでもできます。

除菌水で患部を除菌し、唾液が入らないような防湿ができること。
薬が漏れないように最終的な詰め物ができること。
虫歯を再発させないアドバイスがしっかりできること。

最低でもこれができなければ、新薬や新しい治療法ができても効果はありません。

歯科医療とは、薬を出して終わりとか薬を塗って終わりというレベルの物ではなく、ハイレベルな知識と技術が必要とされる医療なのです。

 

 

削らない歯科の真面目な話

おはようございます。

久しぶりの投稿です。ブログを楽しみに待ってた方には寂しい思いをさせて申し訳ありません。

今年は自分の中でのプロジェクトが大きく、ブログに手が回らなかったけれど、また少しづつ投稿しますので楽しみにしていてください。

最近は私のスタッフの成長ぶりが目覚ましく、本人も「変わった!成長していることがわかる」と自分でも驚きの成長っぷりです。
もちろん、私自身も成長してますよ。負けていられません。

ところで、豊洲の汚染水問題はひどいですね。
水質検査を豊洲を工事するゼネコンに任していたら、改ざんされたというオチですよね。
普通はゼネコンに水質検査なんか任せません。自分達に不利なことは改ざんするか、握りつぶすかですよね。

企業の体質を見極める目も必要です。
私は「人の為になる」ということを強調している企業もちょっと怪しく見ています。
人の為と書いて「偽・にせ」と読むんです。斎藤一人さんの受け売りですけど。

だから私はHPで「社会貢献」や「患者さんの為に」とは書いていません。
嘘になる気がするからです。
基本的には「自分の為」「家族の為」です。
その考え方と行動が転じて「患者さんの為」「社会の為」になるんです。

・歯科汚染水問題を解決したのは、自分の良心の呵責に耐えられなかった為。
・削らない治療を始めたのは、大事な人の歯を削りたくないから始めただけ。
・スタッフと成長を共にしようと決めたのは、自分の周りに変な人を置きたくないため。
・サプリメント外来を始めたのは、自分と家族の為に質の良いサプリメントを手に入れるため。
・ブログを始めたのも、私の考え方に賛同してくれる仲間が欲しいため。
・嘘をつかないのも、嘘をつく自分になりたくないため。

いいじゃないですか、これで。
自分が学んできたことは自分の為と大事な家族を守るためです。
それが、素晴らしいものだったから、皆様にお裾分けしているだけです。
だから、嫌なことはやっぱりやりたくないし、やらないのです。

 

 

変わりたい人へ

おはようございます。久しぶりの投稿です。

最近、当医院に遠くから来院する患者さんが増えています。
中には車で4時間かけてくる人もいて、その思いを汲むと「何とかしてあげたい」と思います。

明確にこの歯を治したいという人ももちろんいますが、一番多いのは「とにかく話を聞きたくて来た。話を聞いてもらいたくて来た。どうすればいいのかわからないけど、いてもたってもいられなくて来た。先生のような考えの医院が無いから来た。」という人が圧倒的です。

遠すぎるから今日しか来れないという人も、行きたいけど遠すぎるからせめて電話で話を聞いてほしい、行けないので同じ治療をしている先生を紹介してほしい。という問い合わせもあります。

有り難いことです。
そして、本当に健康について真剣に考える方が増えてきて、藁にもすがる思いで私のところに来てくれています。

本当に真剣に自身と家族の健康を守る方が私を頼ってきてくれるのですから、私ももっと頑張らなければいけません。
私は今後は本物だけが生き残れる時代になってほしいと思います。
個人の力では世の中を変えることは出来ません。
あらゆる業界に「正しさ」を伝えてもあまり効果はないのかもしれません。

ですから、このブログを読んでいるあなたにも「本物を応援し支え、本物になる仲間」になってほしいのです。
「安いから・簡単だから・儲かるかるから・考えなくていいから・自分だけ良ければいいから・みんながしているから」という考えの方は将来、行動した通りの未来が手に入るでしょう。

でもその逆、「高くても良いものだし、何より投資だから・今は儲からなくても本物だから・言いなりにならず考えて・他人や社会の為に・みんなが間違っているならば自分が模範的に行動しよう」という自分で責任を持つ生き方を選択する勇気をもてばあなたが希望する将来が得られることができるはずです。
そして、私のブログを読んでくれているあなたも「このままではいけない、学ばなければいけない、誰かを助けて守りたい」という意識の高い人だから私のブログを読んでくれていると思うのです。

 

2017年は生まれ変わりの年です。
あなたが(私が)今までどのような人間だったかなんて、あなたが(私が)これから生きていく上でまったく関係がありません! 
あなたが(私が)これから生きていく上で必要なのは、これからどのように生きていくかだけなのです。

全ての物事には理由があり、背景があり必然でしかありません。
今の私たちにあるのは、これから羽ばたくために必要な人生だけなのです。
成功したい!今より健康になりたい!家族を守りたい!
だけど
・自信がないからできない
・お金がないからできない
・時間がないからできない
と言い訳ばかり浮かんでくるかもしれません。
だけどそこから抜き出るにはあなたのちょっとした勇気だけが必要なだけなんです。

All I need is within me NOW!!
「成功に必要なすべての資源・リソースは自分の中にすでにある!人の手を借りる能力も含めて。」

健康を得るにはお任せでは無理です。
自分で学び、行動していくしかありません。
今年も意識の高いあなたの受け皿となれるように私は行動します。

 

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2016年は私にとって変化の年でした。
人生を変えるほどの経験と出会いがあり、行動も思考も行動も何もかもが変わり、まるで違う人間に生まれ変わったかのような変化がありました。
世の中は広く、自分の生きてきた世界がちっぽけであったことを思い知らされ、同時に自分の可能性と成長が無限に広がっていることを知りワクワクした年でした。

2017年の個人の抱負は「スタートと貢献」です。
さとう歯科クリニックも「治せない対症療法ではなく、治せる根本療法に」の信念はそのままに、私の得意な情報収集を生かして新しいコミュニティーづくりも考えています。
世界情勢も日本社会も明るい話はありませんが、どのような社会になっても心身ともに健康でなければ家庭も他人も救うことは出来ません。健康の情報発信とアドバイス等はお任せください!
今年もさとう歯科クリニックをよろしくお願いいたします。
(今年からブログカレンダーを一時的に中止します。毎日ではありませんが皆様のお役に立てる情報は発信していきますのでチェックしてくださいね。)