「削らない歯科」のコアの話

土台(コア)も選択ができると知っていましたか?

土台(コア)は神経を取った歯に適応されます。
冠を被せようにも歯質がない場合につくります


あまり土台のことが話題になることはないですが土台なので実は大事なことなんですよ。
(もしかしたらブログで土台についていうのは初めてかもしれない!)

土台も種類があるんです。
1.メタルコア
2.レジンコア
3.ファイバーコア

1のメタルコアは
型をとって作る金属の土台です。
硬すぎて歯にダメージを与えやすくなりお勧めではありません。
金属アレルギーの問題もありますしね。

2のレジンコアはオススメです。
金属アレルギーの問題はありません。(支柱に金属を使う場合は別)
セメントを使わない接着方式なので2次的な虫歯になりにくい、軟らかいので歯が割れにくいのが特徴です。

3のファイバーコアは超絶オススメです。
レジンコアの金属支柱の問題を解消した方法です。
ファイバーコアが一番人体と歯に優しいのは間違いありません。

そうしたら、みんなファイバーコアでいいじゃないかという声も聞こえてきそうですが・・・
実はけっこう技術が必要なんですね。
唾液が入らないような防湿も完璧にしなくてはいけないし、それなりのスキルも必要だし時間はかかるし・・・

でも、もし大切な人にコアを治療しなくてはならないと考えたとき、私は何も考えずにファイバーコアを選択しますけどね。

 

そんなこんなで、最近のファイバーコアの症例です。
下の金属冠から嫌なにおいがするという訴えです。
軟化隙間があるじゃないですか!

外してみたら!
もうきれいにしちゃった後なんですが、元々は金属土台が入っており2次的な虫歯が進んでいました。もうほとんど歯の質はありません!

ファイバーコアにしました。
個人的には型をとって合着する方式はセメントラインからダメになっていくので好きではありません。
時間と手間がかかってもダイレクトに詰めていく接着方式が絶対的に予後がいいんです。
見てください!歯質との境をセメントがないからきれいでしょ!

内側からの写真、歯の質がまるでないことがわかります。
ほとんど、0から作り上げましたがそれでも30分かかっていません。
コアにするには断然ファイバーコアがおすすめなのです。

おまけ、
金属が良くない理由に重量の問題があります。
人間は直立2足歩行で一番重たい頭がてっぺんにきている、何ともアンバランスなどうぶつです。
人間の頭はボーリング玉ぐらいの重さがあります。
これを毎日支えているので、ちょっとした不都合で腰が痛い、型が痛い、足が痛いなどの不調が出てきやすいのではと考えています。
その重たい頭も軽くするために、中の骨は空洞だらけなんですよね。

それなのに、ずっしり重たい金属でかぶせたりすると体幹が狂ったりするので良くないんです。

健康を意識するのなら、金属は止めて1gでも軽い物をチョイスしてください。


コメントを残す