削らない歯科の「価値観」のお話

これを読んでくれている皆さんは、お仕事をしている社会人の方が多いと思います。
どんな仕事でもマーケテイングとセールスがありますよね。

マーケティングは価値観とイコールです。
医療機関も実はマーケテイングがあるんですよ。
私の医院のマーケティング(価値観)は、
「なるべく削らない・なるべく抜かない・虫歯と歯周病にならない方法を知ってもらう」
です。

この様に医療機関により価値観は違うのです。
あなたは医療機関に行くときに自分の健康の価値観と医療機関の価値観と合っているかどうかを知る必要性があります。

そこで「あなたが何を目的に医療機関に行くのか」ということですが、その答えがあなたの健康の価値観なのです。だからあなたの価値観にピッタリあった医療機関に行くべきです。
では、簡単な質問をします。
この質問であなたが行くべき医療機関がわかります。

質問、下の1と2あなたはどのタイプですか?
1、治療だけ受ければ特に問題なし。治療の種類やその他の説明は必要はない。
2、治療の種類の説明があり、健康増進や病気にならない知恵を授かりに行く。

1を選んだ方は一般的な保険診療をすすめる医院を選べばいいでしょう。あなたの願いをきいてくれます
2を選んだ方は保険診療の枠を超えて勉強をしている先生を選んでください。
今はネットの時代ですのでHPで確認することができますし、ブログは先生の本音が強く出ているので判断着きやすいかもしれません。

医師にもいろいろなタイプがいます。
・あまり勉強しない先生
・いつも勉強して学びを深めている先生
この辺は他の会社員とかと同じです。

でもね、勉強をしていくと自分の信じていた治療や理念に疑問が出たりするんですよ。
「おかしくないか?」って。
慣れて麻痺している先生には響くことはないけど、学びを深めていくと自分の仕事の矛盾に苦しみます。

私の場合は
・歯は削ると悪くなるのに、削らないと虫歯治療ができない!
・神経を取ると歯の寿命が極端に短くなるのに、神経を取る選択肢しか見当たらない!
・歯ぎしりはストレスだというけれど、
 戦争もない平和な日本なのに本当にストレスが原因で歯ぎしりをするのか?
・日本人は歯ブラシを一生懸命する国民なのに、なぜ虫歯が多いのだろう?
・アマゾンの奥地に住んでいる人や昔のモンゴル人やエスキモー人は、
 虫歯も歯周病も不正咬合も無く病気さえもほとんどなかったのに、
 なぜ現代人は全員病人なんだろう?
・なぜ、必要のない薬を使うのだろう?
・なぜ保険診療は対症療法だけなんだろう?
・年間の医療費が40兆円を超しているのになぜ誰も気にしないのだろう?
などなど、挙げたらきりがありませんでした。

これらを知りたい、学びたいとなると大学の勉強では不可能になってきます。
つまり既存の勉強法では到底たどり着くことができません。

しかし、この答えを知っていたらどうでしょう?
この知恵を共有できれば、あなたはこの先虫歯歯周病に悩むことは無くなります。

自分のタイプをよく知ることで行くべき医療機関を選んでくださいね。
そうでないと時間の無駄になりますよ。

 

ところで矯正治療も種類があるのを御存知でした?
矯正治療のイメージは「永久歯を4本抜歯して針金をつける」イメージが強いですよね。

でも永久歯を抜く必要がない方法もあればどうでしょうか?
迷いますよね?

そこで価値観が出てきます。
1、永久歯は必要だし抜かなくてよければ抜きたくない
2、抜くのは恐いし痛いから抜きたくない
どうでしょうか? 同じ「抜きたくない」でも価値観が違います。
つまり、自己投資という目的で抜きたくないのか? 痛いのがイヤだから抜きたくないのか?
まったく違いますよね。
健康にフォーカスをすれば抜かない方がいいでしょうね。
痛いのがイヤな人は痛くなく抜いてくれる医院を探すべきです。

こんな歯並びのお子さんが来ました。キレイに歯を並べるには永久歯を4本抜く必要があると言われたそうですが、抜かなくてもいい方法があるのかセカンドオピニオンとしての来院です。

説明の結果抜かない矯正方法を選択しました。萎縮した顎を実年齢の成長に近づける装置です。

まだ完全ではありませんが何とか前歯4本が並んできました。
このままいけば永久歯を抜く必要はありません。

お母さんめっちゃ喜んでました~♪

どうですか?
同じ医療でも患者さんの価値観のタイプによって行くべき医療機関が変わってきます。
自分の健康に対する価値観をよく知ったうえで、あなたの希望をかなえてくれそうな医院を選んでくださいね。

 


コメントを残す