お砂糖のやめかた

お待たせしました!
お砂糖の依存から抜け出し、豊かな人生を歩みたい方は待ちわびてました?
お砂糖依存でイライラしたりしなくなりますよ。
病気にもなりにくくなります。
風邪もかかりにくくなります。
もちろん!虫歯もゼロです。

今回は私の経験も踏まえて、
「お砂糖依存症から抜け出すにはこれをしろ!」
という感じです。

.「砂糖は害である」という知識をつける!
   これはもういいですよね。

2.お菓子やジュース、パンは買わない。家にストックを置かない!
   買ってこなければ食べられません。
   環境を変えましょう。

3.家族全員で共通の意識と行動を持つ!
   2と同じで環境を整えることが大切です。
   子供たちに禁止しているのに大人が食べるなんてありえません。
   発言と行動には一貫性が必要です。

4.3日坊主でもいいじゃないか!
   3日坊主で挫折したら、次の日からまた頑張りましょう!
   3日坊主でもなんども繰り返せばいいんです。
   あきらめないで頑張ることが大切です。

5.もし食べるなら量を決めてください。
   袋ごと食べるのはNGです。
   もし食べるのであれば、お気に入りの入れ物に少量だけ決めた量だけを食べましょう。
   有り難く、大切にいただくことができます。

6.刺激物は避ける。
   なるべく刺激のある飲み物は避けたほうが賢明でしょう。
   コーヒーやお茶ではなく、水です。それも常温。
   砂糖抜きに慣れたら、別にいいんですけどね。

7.小腹が空いたらパンやスナック菓子は食べない!
   砂糖依存ではお腹が空いてなくても食べたくなるものです。

8.小腹が空いたら食べていい物!
   糖質以外ならOKです。 これじゃかわいそうなのでオススメ例を上げましょう。
   ①チーズ 
    タンパク質です。腹持ちもいいかと
   ②肉
    スーパーの焼き鳥なんかすぐ食べられます。
    ブラジル産の鶏肉が!とか野暮なことはこの際言いません。
   ③豆腐
    いくらでも食べてください。
    冷奴なんか食べ方いろいろです。
    私の最近の冷奴の食べ方はゴマ油をかけてから岩塩パラパラです。
    他にわさび醤油でもイケる! 
    ラップをかけて電子レンジで湯豆腐もできるようです。試したことないけど。
   ④アーモンド
     素焼きのアーモンドを一つかみです。
     一番のおすすめだが高い!
     私はamazonでキロで買っています。

ゆっくり食べる!
   糖質依存の人は早食いです。
   ゆっくり上品に食べましょう。
   犬のように食べないように。

10.ビンタする!
   甘い物が欲して仕方がないときは副交感神経が急上昇しています。
   甘い物が食べたいときは自分に甘ったれているときです。
   自分で両手で両頬を高速ビンタしてください。
   あら不思議!食べたい気持ちが治まりますよ。
   ※ビンタは自分でですよ。ヒトにされると鼓膜が破けることがあります。

11.人に宣言する!
   忘れていましたが、これ大事!
   「今日から食べません!」と家族や友人に宣言してください。
   何だったら、SNSで世界中の人に宣言してください。
   「頑張ります」ではなく「やります」と確約しましょう。
   後に引けない状態へ追い込んでくださいね。

12.早く寝る!
   12時まで寝てください。遅くまで起きているから夜食を食べちゃうんです。
   正しい生活習慣は大切です。

13.コンビニ弁当など添加物たっぷりの加工食品を止める!
    細かいことは書きませんが、添加物の多い食品は砂糖依存につながります。

14.イライラしないようマインドを上げる!
    全てにおいてマインドは大切ですが、怒られたり、焦ったり、不安だったりすると
    血糖値が上がりまくりになります。
    マインドを上げてストレスに打ち勝つように自分を鍛えなくてはいけません。
    これに関しては様々な書籍やセミナーなどもありますので調べてみましょう。

15.きちんと目標を立てましょう!
    カレンダーや手帳に目標を立てて書く癖をつけてください。
    習慣を変えるには3ヶ月必要です。
    ①まずは3日頑張りましょう。
     3日坊主の人はココを何度でも繰り返してください。
     3日坊主でも落ち込むな責めるな!何度でも繰り返せ!

    ②3日頑張れたらその倍の日数を頑張りましょう。
     3の倍は6ですがここでは1週間です。
     3日できたら1週間を頑張りましょう!
     くじけたら何度でも繰り返してください。

    ③1週間頑張れたらその3倍を目標にしましょう。
     1週間の3倍は3週間ですが、ここでは1か月とします。

    ④1か月がんばれたら3倍の3ヶ月です。
     3ヶ月できたら「おめでとう!あなたは砂糖依存に打ち勝てました!」
     ここまでくれば、甘いのが無くてもさほど苦しくないはずです。

     砂糖を止めたことで身体が軽くなり、イライラも少なくなるはずです。
     砂糖に大切な人生を奪われないでください。

     
     
    

 

 

 

 

 


コメントを残す