人間は狼か羊か?

哲学書を読んでいくと必ず出てくる問題が「人間は狼か羊か?」という問題です。
私の考えは狼になるのも羊になるのも、時と場所の時空の問題が大きく関与します。

時と場所が違えば人間の命も安かったりするのです。

今の時代でも人身売買はあり、
特に子供の新鮮な臓器の売買は世界中で行われています。
世界のほとんどが修羅の国です。
劣悪な環境に身を投じれば、誰もが修羅の住民になれるのです。
人間はいかなる動物の中でも適応能力が優れています。
どんな劣悪な環境でも生き抜こうとします。

今日紹介する下のサイトの時代では環境は選べません。
その環境に適応していかないと生きていくことができません。

しかし、現代日本の環境は恵まれています。
虐殺もなければ奴隷制度もありません。
なのに
自分の行動に責任を持ち、人生の使命感を感じて生きていく人が少ないように感じます。
いつも誰かのせいにして自己責任から逃れ浮草のような人生を歩んでいくか、
重圧に負け病気になったり自殺する人が増加しています。

「心のケア」や「癒し」などという言葉が増え、それにすがる人もいますが
問題解決にはなりません。

必要なのは人生の目的を決めること。
そして行動することです。

私のメンターがこんなことを言っていました。

決めればどこかに動き出す。
決めなきゃそこで朽ち果てる。

私には、人生の目的があり、今ここで朽ち果てるわけにはいきません。


あなたはどうですか?
この世に生を受けたのは偶然ですか?
偶然でなく必然と感じたら、何のためにこの世に生きていると思いますか?

答えを見つけたとき、周りの環境に振り回されることなく自分で環境を作る人になれるはずです。

日本という恵まれた環境に生まれたことを感謝し、人生の目的に向かい行動できる大人になりましょう。
http://odorokinews.whdnews.com/p/1706/isq1yVhp1.html


コメントを残す