歯が割れる?

 今日は午前中で2本歯を抜いています。
2本とも割れた歯でした。
割れて腐ってきたから抜くしかありませんでした。

割れてしまう歯は大抵は神経を取った歯です。
神経を取った歯は、枯れ木と同じように折れやすくなります。

だから神経を取るというの避けたほうが良いのです。

しかし、中には神経も取っていない健全な歯が割れてくるときがあります。
わかります?
横一文字にクラックが入っているのが。

削るとよくわかりますね。
すでに神経は死んでいました。
この歯は残す努力をしていきます。

食生活に気をつけてもらうのと「歯ぎしり防止装置」を使ってもらうことを勧めていたのですけどね。
理解を得てもらうことはできませんでした。
歯周病もない(だからこそ割れた)状態だったのに残念です。

歯ぎしりの原因は以前ブログでしっかり書きました。
砂糖の過剰摂取による低血糖でしたよね。

糖尿病の患者さんが「病院でケーキはダメだけど和菓子は良いと聞いたから大福を食べているの」と言っていましたがダメです。
糖尿病なんだからそのぐらい我慢してください。

歯ぎしりは自覚症状がありません。
だからと言って放っておくことは賢明ではありません。

まずは原因を取り除く努力をし、ダメなら対症療法に切り替えます。
もしくは同時進行です。

しかし両方とも拒絶をしたら代償は計り知れません。 

何を選択して決断するか。
全ては自己責任になります。

 


コメントを残す