私たちも変わるべきだと思います

今は変革、改革の時代だと言われています。
世界の流れが変わってきています。 
私たちも変わるべきです。
それも人に言われる前に自分の意志で。

 

ある人の投稿を載せておきます。
睡眠薬で有名なデパスです。
依存症になることで特に有名です。
海外ではあまり使われていません。日本での需要は世界一かもしれません。
筋弛緩効果があるので「歯ぎしり防止」として処方されることがあるらしいです。
デパスは依存性があります。
デパスなど薬での睡眠はノックダウン睡眠といい普通の睡眠ではありません。
それでも日本の大学教授の中には依存を認めてはいるが安心だからいくら飲ませても大丈夫という教授もいます。
依存を引き起こす薬物は安全なのでしょうか?
それでも信じてデパスを飲むのを私は止めたりしません。
大学教授の偉い先生が言うことだからデパスを飲むという人を私は止めたりしません。
欲しくなるから飲むという人を私は止めたりしません。
自分の意志で決めているのならそれでいいと思います。
でも、「私はやめたい、変わりたい」という願いを持つ人にはそれを支えてくれる人や医療機関は存在します。
今変わるのか?それとも変わらざるを得ない状況になってから変わるのか?
そこも人生観だとおもいます。


「ここから投稿です」

引きこもり、企業メンタルヘルス、震災などの問題に取り組んでいる池上正樹さんが、精神医療の問題と絡めて取り上げてくれました。こちらにもアップしておきます
http://diamond.jp/articles/-/15355

デパスについて
私の中では最も依存しやすいベンゾ系であり、最も麻薬に近いベンゾ系というイメージである。知識もなく依存しやすい性格の人がこれを使いだすと、まず止まることがない。あっという間に一日量5mgとか6mgとかに達する。ヤクが切れてくる感覚がもっともわかりやすいベンゾ系である。これを睡眠薬に使うという話が昔はあったそうで、私も一時そうしていた時期もあったが、結論を言うとアホな話でしかなかった。導入にはいいかもしれないが一生飲み続ける羽目になるし、飲むことで途中覚醒が増す話もよく見かける。酒を飲んで寝ると途中で起きてしまうのと似たようなもの。もはやどんな譲っても使えないベンゾ系である。それでも欲しがる人にはどうぞと出しているが、ヤク中になりたいのが日本人のサガという代名詞がデパスだろう。

コメントを残す