日本の入院患者の5人に1人は精神科

まあ、有名なお話ですので知ってる方も多いかとは思うのですが、重要なのはあなたがこの事実をどう感じ、なにを考えるかです。
「ふ~ん、そうなんだ」ではあなたはいろいろ搾取される側になりますよ。
想像力を働かせて考えてみてください。
人によっては背筋が寒くなる事実に気付くかもしれませんね。
ちなみに薬の消費量も日本がダントツ世界一です。

「厚生労働省の調査によると、日本には8,605の病院があり、そのうち精神科病院は1,076と12.5%を占めています。

一般病院の精神科も加えたベッド数は34万4千で、ダントツ世界一です。

全世界にある精神病床の総数は約185万ですので、何と5分の1(18.6%)を日本が占めているのです。

今、世界で精神科に入院している患者の5人に1人は日本人、ということになります。わが国は世界No1の精神病大国なのでしょうか?

人口千人当たりの病床数は日本が突出した世界No1

人口当たりのベッド数を見ると、日本では人口千人に対し2.7床あります。

1000人の内3人近くが精神病院にいつでも入院できる体制があるということになります。

実はこの数字は国際的には群を抜いて高いのです。

OECDの調査によると、千人当たり1床を超えているのはベルギー、オランダと日本の3国のみで、2床を超えているのは世界で日本だけです。

アメリカやドイツ、イタリア、カナダ、などは千人当たり0.5床を下回っており、日本の5分の1以下です。」

詳しい事やグラフなどは下のアドレスから進んでくださいね。

http://www.siruzou.jp/seikatu/12074/


コメントを残す