私の医療・予防の考え方 その1

プライベートブログですがこちらにも書きました。
http://blog.livedoor.jp/flyfunbum/archives/9404298.html

 

皆さんは病気や治療について考えたことがありますか?
考えたことが無く受動的に治療を受け入れているようなら、
あなたは大変な損失をしているかもしれませんよ。

一般的に医療というのは、
病気(マイナスの状態)を治療によって健康(ゼロの状態)に近づけることですよね。 
つまりマイナスをゼロに近づけるというのが基本的スタンスです。

では、
予防はどうでしょうか?
予防は私が考えるに、ゼロよりちょっと下です。
なぜなら予防も「病気」にフォーカスをあてているからです。
だから患者さんは予防に来ても、いつマイナスに戻っちゃうのか潜在的に不安なのです。
だから「異常ありませんよ」「虫歯無いですよ」というと安堵の表情や言葉を発するのです。

でもマイナスをゼロに近づけることはできても、ゼロに戻すことはできません。
もちろん!私たちの気持ちとしてはゼロに近づけたいですよ。
でも、治療をしてもゼロになることはないのです。

ならば、どうしたらいいか?
それは、患者さんも医療従事者も「病気になる」というフォーカスを変えてあげればいいのです。
患者さんと医療従事者が病気にフォーカスしているかぎり、
けっして健康になることはありません。

私は、今の世の中は健康の本質を見失っていると感じています。
私は、本来、動物は病気にならないものだと思っています。
野生動物や先住民族が虫歯や歯周病にかかるでしょうか?
野生動物や先住民族が心筋梗塞や動脈硬化、糖尿病や癌で亡くなるでしょうか?
彼らは虫歯や歯周病とは基本的に無縁ですし、
死亡の原因は外傷(怪我)がトップを占めるでしょう。
そこが健康の本質なのです。
虫歯・歯周病・病気には基本的にはならないことが当たり前なのです。

しかし世の中では本質を見失っているので、「歯ブラシや薬で虫歯を予防」しようとしたりしています。
基本的にTVや雑誌での「健康のために毎日○○を食べましょう」も同じ部類です。
これらも病気にフォーカスをあてているので健康になることは無いでしょう

私は、なんとなくですが世の中が、
「病気は誰しも皆かかるものであり、その都度対症療法で治療するもの」
という風潮になってきている気がします。

世の中の常識だから、考えないし疑わない。 
病気になったのは運が悪かっただけと思いこんでいる。

そして本質を見失った状態で質の高い治療を求め、治療だけをフォーカスして、自分自身が病気をつくり上げた根本的な原因をおざなりにしている。

だからまた同じことを繰り返し、さらに悪い結果をつくり上げている・・・

治療法は選べるんですよ

突然ですが!
歯と歯の間にできた虫歯は保険診療だと十中八九、銀歯になります。
金属の弊害は前のブログを読んでね。


こんな形ね。


銀歯の大きさが虫歯の大きさではないんですよ。

では、なんで銀歯は大きいんでしょうね?

それはね、
・作った銀歯が取れないように
・小さいと型もとれないので、型が取れるように

だからもし、こんな虫歯があれば上の写真のような金属になっちゃう!

必要以上に削らないといけないのが保険診療なのです。

では、保険診療とはなんでしょうか?
それは最高の治療をするためではなくて、
お金のない方も等しく最低限の治療を受けることができる。
それが保険診療です。

だから治療法を選んでほしいんですよね。
選ぶ自由があるなんて素晴らしいじゃないですか!

この写真
歯と歯の間が黒く透けてますよね。
虫歯ですね。

ちょっと削ると虫歯がこんにちは

全部虫歯を出した状態です
これ、保険だと2本銀歯になるよね。

今回はグラディア治療依頼だから
こんな感じでフィニッシュです。

 

何度も言うけれど
治療法も大切だけど、虫歯をつくらないことが重要なんだからね。

 

見た目だけの問題じゃないんだよね。

私のブログや患者さんには
「歯は削れば削るだけ悪くなり、歯を失うことになりますよ」
とお伝えしてきましたが今日は良い一例を紹介しますね。

この写真を見てください。
金属が入っているけど奥歯との間が欠けているでしょ?

金属外してみました。
歯の厚みがないから当然欠けてくるわけ。
わかりやすいでしょ。

ほんのちょっとの欠けだったし
金属の厚みも薄かったのでレジン充填で終了!
15分もあればキレイになります。

今回は歯の質が薄いというだけで欠けたわけじゃあないんですよ。
理由はもっとたくさんあるんです。

今回、この歯が欠けた理由
1.治療で残された歯の質が薄かったから
2.削ったときに出来る葉のヒビがあったから
3.熱いのや冷たいのを食べたりするときに起こる、金属の熱膨張と熱収縮によるもの
4.歯と金属の硬さの違いにより日々がはいった
5.歯ぎしりしているから

もっとあるのかもしれないけれど、
理由はこれだけ上がります。

簡単に削って金属入れるとトラブルは多いよね。
金属の問題は見た目やアレルギーの問題だけじゃないんですよね。

でもね、治療法も大事だけど虫歯をつくらないようにする個人の努力がもっと大切なんだよね。

日本の野菜たち

おはようございます。
歯科医も医師です。健康は全身の状態が大切です。
特に口に入れるものが健康維持には大切なんです。

今回は内海聡先生の投稿をシェアします。
日本の野菜がヤバい!

日本の野菜たち

現在、日本のほとんどの市販野菜は、いわゆるF1雄性不稔種と言われています。一方、遺伝子組み換え種ですが、これは現在モンサント社がそのシェアのほとんどを占めています。除草剤ラウンドアップに耐性を持っているものを開発しているからです。ですから、除草剤ラウンドアップを撒くと、雑草は生えませんが、同時に他の遺伝子組み換えではない作物も一切育ちません。ただただ、遺伝子組み換え種の作物だけがスクスク育ちます。

モンサント社は、ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤をはじめ、農薬、PCB、牛成長ホルモンなどを製造販売してきたアメリカの多国籍バイオ化学企業です。この枯れ葉剤が大量に撒かれたベトナムで、井戸水を飲んだ母親から生まれた、『ベトちゃん・ドクちゃん(下半身がつながった結合双生児)』は有名ですね。分離手術を施されましたが、その後、兄のベトちゃんは、重い脳障害を抱え寝たきりのまま亡くなりました。

しかし、枯葉剤の被害者は、彼らだけではありません。

ハーバード大学マシュー・メセルソン教授らの『散布地域における、出産異常の激増に関する報告』(1969年)は、実に悲惨なものでした。1959年~1968年の異常児出産4,002例を調べた結果が、以下の通りです。「先天性口蓋裂が激増している。奇形出産率が、サイゴンで1,000人中26人、集中散布地域のタイニンで1,000人中64人」。

さて、そんなモンサント社ですが、ビジネス戦略は、生物の根幹である種を支配し、「世界の胃袋を握ること」だそうです。また、映画『モンサントの不自然な食べもの』(マリー=モニク・ロバン監督)では、「モンサント社は、さらに植物の糧である水の支配にも乗りだしている」と語られています。そのためには、手段を選ばない手口で、世界各地で、悪辣な訴訟沙汰を数多く巻き起こしてきています。報道によれば、2013年初頭において446もの農家などに対して144の訴訟を提起しているようです。

したがって、モンサント社に批判的な団体は、世界中に数知れず。特に、EUからは、遺伝子組み換え作物の承認申請を撤回され、ついに閉め出されてしまいました。 日本でも、人工的に交配した種で育つ野菜を食べることに対して、「危険性が高い」と警鐘を鳴らす団体はありますよ。私も、できれば在来種を用いて自然農で育った野菜を選ぶよう心がけています。今、日本国内で在来種を扱っているのは、たしか野口種苗さんと、ごくわずかな種屋さんに限られていると思います。その他の大多数の種屋は、モンサント社に懐柔されてしまいました。

モンサントには徹底的にNOを突きつけないといけません。
(ソフトキリングより抜粋)

※追記 ドイツの製薬会社バイエルが、660億ドル(約7兆円)規模の米モンサント買収計画で欧州連合(EU)から認可を取得した。(完全に買収までにはロシアと米国からの承認も必要)7日付で、モンサントのヒュー・グラント最高経営責任者(CEO)、ロバート・フレーリー最高技術責任者(CTO)やPierre Courduroux最高財務責任者(CFO)も退任する事を発表していますね♪。

https://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2018/05/212764.php

 

レイキができるんです。

レイキご存知ですか?
私、国際レイキ普及協会のレイキヒーラーから
レイキティーチャーへ昇格しました。

レイキティーチャーはレイキヒーラーをつくることができます。
例えば当院のスタッフ全員をレイキヒーラーにすることができます。

さてレイキとは何でしょう? 気功とはちょっと違います。
レイキとは手当療法、エネルギー療法の一種です。
ヒーリングエネルギーのことですが、元は日本の霊気から来ています。


海外で人気なので逆輸入という感じですね。

例えば
イギリス・カナダ・ドイツ・アメリカ・オランダ・オーストラリアでは、
代替治療として医療保険が適用されています。

大学での講義も盛んで全米の医学校125校のうち、75校でレイキが講義されています。
特にハーバード大学・コロンビア大学・ハワイ大学での取り組みは有名です。

 

さて、日本生まれのレイキが日本で普及しないのはなぜでしょう?
私が考えるに日本と違い海外では投薬の制限もあるので、
医療に対しての取り組み方や考え方が根本的に違います。
そこがレイキに対しての取り組みの違いとして現れているのだと思います。

 

 

これはいい本ですよ!

GWも終わりましたね。
GW中に妻が本屋さんで購入してきた本の内容が良かったので、紹介しますね。

「クーヨン」という本ですが「砂糖なし育児」のススメが書いてあります。

「精製された砂糖がイライラを招くワケ」と書いてありますね。
いつも私が話していることですね。

ここでも虫歯の原因は「糖質」と書いてありますね。

「虫歯予防と歯磨きは関係ありません」と書いています。

そうですよね。
日本人ほど歯ブラシを一生懸命する民族はいません。
なのに虫歯が多いのは?
疑わない方が無理があります。

この記事を書いた先生と私の相違点は「虫歯の成り立ち」だけです。

気になる方は本屋さんでお求めくださいね。
入りやすい本ですよ。