新刊が発売されました!

おはようございます。
私の師匠、スーパードクターの小峰先生の新刊が発売されました。

【おかげさまで、本日11月9日 大手書店の棚に並びました】


   書籍『自然治癒力が上がる食事』
 
”名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組”

     著者:小峰一雄
     goo.gl/GTmW7p 
   出版させていただきました。

「健康になる食べ方」を知って皆さんに活用していただけると幸いです。

<内容紹介>
「虫歯や歯周病の食事療法が、全身の病気も消していく! 」
”削らない虫歯治療”ドックベスト療法の日本における第一人者であるカリスマ歯科医が、
長年の診療経験と研究に基づき遂にたどり着いた究極の「健康になる食べ方」を大公開! 
あらゆる「がん」をはじめ、「白血病」「糖尿病」「腎臓病」「高血圧症」「うつ病」「認知症」
「リューマチ」「結石症」など、様々な病気を予防・治癒させるための具体的食事法は、
歯科治療の現場から”歯と全身のつながり”を追究してきた著者にしか書けない、驚きの説得力に満ちている。
ほかに、自然治癒力を最大限に発揮させるための、最新・最先端の歯科治療技術も徹底解説!

2016年11月刊行
『名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自己治癒力」で治す方法』
もロングセラーで活躍してます。
     
       goo.gl/9DL8BN

治療法は選べるんですよ

突然ですが!
歯と歯の間にできた虫歯は保険診療だと十中八九、銀歯になります。
金属の弊害は前のブログを読んでね。


こんな形ね。


銀歯の大きさが虫歯の大きさではないんですよ。

では、なんで銀歯は大きいんでしょうね?

それはね、
・作った銀歯が取れないように
・小さいと型もとれないので、型が取れるように

だからもし、こんな虫歯があれば上の写真のような金属になっちゃう!

必要以上に削らないといけないのが保険診療なのです。

では、保険診療とはなんでしょうか?
それは最高の治療をするためではなくて、
お金のない方も等しく最低限の治療を受けることができる。
それが保険診療です。

だから治療法を選んでほしいんですよね。
選ぶ自由があるなんて素晴らしいじゃないですか!

この写真
歯と歯の間が黒く透けてますよね。
虫歯ですね。

ちょっと削ると虫歯がこんにちは

全部虫歯を出した状態です
これ、保険だと2本銀歯になるよね。

今回はグラディア治療依頼だから
こんな感じでフィニッシュです。

 

何度も言うけれど
治療法も大切だけど、虫歯をつくらないことが重要なんだからね。

 

見た目だけの問題じゃないんだよね。

私のブログや患者さんには
「歯は削れば削るだけ悪くなり、歯を失うことになりますよ」
とお伝えしてきましたが今日は良い一例を紹介しますね。

この写真を見てください。
金属が入っているけど奥歯との間が欠けているでしょ?

金属外してみました。
歯の厚みがないから当然欠けてくるわけ。
わかりやすいでしょ。

ほんのちょっとの欠けだったし
金属の厚みも薄かったのでレジン充填で終了!
15分もあればキレイになります。

今回は歯の質が薄いというだけで欠けたわけじゃあないんですよ。
理由はもっとたくさんあるんです。

今回、この歯が欠けた理由
1.治療で残された歯の質が薄かったから
2.削ったときに出来る葉のヒビがあったから
3.熱いのや冷たいのを食べたりするときに起こる、金属の熱膨張と熱収縮によるもの
4.歯と金属の硬さの違いにより日々がはいった
5.歯ぎしりしているから

もっとあるのかもしれないけれど、
理由はこれだけ上がります。

簡単に削って金属入れるとトラブルは多いよね。
金属の問題は見た目やアレルギーの問題だけじゃないんですよね。

でもね、治療法も大事だけど虫歯をつくらないようにする個人の努力がもっと大切なんだよね。

久しぶりの投稿

久しぶりに治療風景を投稿します。

最近の当医院は県外からの患者さんが増えています。
もちろんドックベストセメントとグラディア治療が目的です。

さて、下の写真は金属脱離の患者さんです。
「金属が入っていたんだろうな」という形です。
このような形の虫歯があったわけじゃないんですよ。
型をとった金属が入るように、この形になったんです。

はい、グラディア治療で詰めました。
治療時間30分、歯質は一切削っていません。
だけどシームレスです。
継ぎ目なし。

マジックみたいでしょ。
鏡を覗くとこの様になっているんだから、患者さんが喜ばないわけありません!

この治療を提供することが私の天命の一つなのかもしれませんね。

歯の寿命は治療内容で変わります。

虫歯になったら治療が必要ですよね。
でも、治療だったらどんな治療でも、何でもいいわけではないんです。

下の写真を見てください。
こんな虫歯の人が来ました。
レントゲンを見ると神経まで到達している虫歯です。

これを保険で治療すると、
1.麻酔をして虫歯を削る
2.神経が出たので神経を抜く
3.何回も神経の治療をして、最終的に銀歯になる

下の写真のようになるのが保険治療です。

「これでもいいよ、安いんだから」という方も多いのですが・・・・
下の図のように、神経を取った歯の寿命は短くなります。

1本失えばバランスが崩れていくので、あちこち不具合が出てきます。
そして、入れ歯になっていくのです。

だから、虫歯になったら治療のファーストチョイスを間違ってはいけません。
神経を取らない治療を選びましょう。
ドックベストセメント治療なら、神経を取らない治療が可能です。

治療後の写真です。
グラディアを詰めて、2回で治療終了!削らない治療を選んでください。

あとは、虫歯にならないようにしなくてはいけません。
虫歯の原因は「お砂糖」です。
虫歯ができたら「お砂糖」の食べ過ぎを疑ってくださいね。

 

 

 

ドックベストセメントのセミナーに参加してきました。

日曜日はドックベストセメントフォローアップセミナーへ参加してきました。
今回の講師は小峰先生ではなく、横浜の原田先生です。
原田先生は小峰先生のドックベストセメントの技術を完全にマスターしたうえで、原田先生独自の治療法も確立しているすばらしいイケメン先生です。
当医院でも実施している歯を一切削らない接着ブリッジも原田先生の考案です。

セミナーの写真は載せることができませんし、詳しい内容を書くこともできませんが、
原田先生がセミナーの中で強調していたことは「歯は削らない方が長持ちする、食生活など生活習慣を変えないと虫歯は防ぐことはできない」ということです。削らない治療はドックベストセメント治療しかありませんよね。 

さて、みなさんが歯科治療に望むものは、
「削られたくない・治療回数を短くしてほしい・痛くしないでほしい・治療が綺麗で長持ちする・かぶせない・抜かない」などの意見が多いと思いますが、残念ながら保険治療ではこの願いを叶えることはできません。
そして普通の先生なら「削らないで治療はできないよ!」というかもしれませんが、原田先生はそんなあなたのわがままに答えてくれるかもしれませんよ。

下に原田先生のHPアドレスを貼っておきます。
横浜近郊にお住まいで「歯と健康」を大切にしたい方は原田先生に相談に行かれると良いですよ。

http://harada-dental.or.jp/

 

今回の移動中では、行きと帰りの新幹線で2冊の本を読みました。
移動中はいつも本を読んでいます。
写真右はKindleですね。
最近は電子書籍も持ち歩いていますが、やっぱり私は紙でできた本が好きです。

左の本は内海聡先生の新刊ですが、「巨悪の正体」です。
写真写りがあまりよくないですがその上に白い文字で「あなたは、なぜカスなのか?」という刺激的なタイトルが書いてあります。
この本の内容を一言で説明するならば、全人類はカスであるということです。
世の中でおきている様々な事にメディア操作によって短絡的になりがちな、あなたの思考法を変えていく一冊です。
カス代表として一読することをおすすめします。

そういえば以前このブログ内で内海先生の記事を紹介したところ、内海先生の記事を載せるなと脅迫まがいのメールなどが複数届きましたが、内海先生に活躍されると困る人がいるようです。内海先生の影響力でしょうが当時はめんどくさいから無視をしていました。次は見逃さないから覚悟してmailして来いよ。

またまた話は変わります。
さっき抜いた歯です。

真っ二つに割れて膿んでいました。
これは神経を取ってある歯です。 神経を取った歯からダメになります。
こうやって噛み合わせのバランスが徐々に崩れていくのです。
あなたはお口全体のバランスも見てもらっていますか?

次の症例です。
冒頭での原田先生の治療は特殊な治療なので少し高額かもしれません。
でも健康はお金では買えませんし、保険治療を選択すれば上の歯のように割れやすくなります。
下の写真は金属の脱離で来院した患者さんです。虫歯もありますね。
グラディア治療で30分で終了しました。

治療法も大切ですが、虫歯にならないような生活環境を作り出すのは患者さん自身ですよ。
歯ブラシだけでなく食生活を変える必要性があります。
食事指導も保険適応ではありませんが、ここが間違っていると虫歯・歯周病の予防にはなりませんよ。本当の予防というのは歯科医院でしてもらうものではなく、ご自身が知識をつけて日々の生活に取り入れることです。生活習慣病を治すのはご自身の行動しかありません。

 

 

 

神経の無い歯も削らないでね

みなさん鏡を持ってお口の中を見てください。
ぜんぶ銀歯の歯はありますか?

そう、こんな感じの銀歯です。
このような歯はほとんどが神経がありません。

もしかしたらこのようなセリフを、あなたも言われたことがあるかもしれません。
「神経が無いので全部被せますね」
「歯の質がないので金属で補強しますね」
それでですね、将来この銀歯が2次的に虫歯になると痛みもない物ですから・・・

こんな状態で発見されることも珍しくないのですよ。
誰の目で見ても厳しそうでしょ?

だから、神経の無い歯も出来るだけ削らないで治療ができる歯医者さんを選んでくださいね。

さて、今回の症例は「神経が腐ってきちゃった」女の子の症例です。
すでに神経は腐ってたので、一生懸命根っこの掃除をします。
根っこの掃除もドックベストセメントを使いました。
ドックベストセメントを使うと根っこの先に海ができるようなトラブルが回避できます。

根っこの掃除が終了した直後の写真です。
まあまあ歯の質が残っているでしょ♪
これを削り倒したらいけません!

日を改めてグラディアで詰めました。

どうですか?治療時間40分(土台も作ったからチョット時間がかかった)
上の写真の状態から一切歯質は削っていないんですよ。
もちろん型取りもしていません。その場で詰めていきます。


角度を変えて~
継ぎ目がないでしょ♪

型取ってセメントでくっつけると継ぎ目が大きいけれど、キレイに詰めると継ぎ目がないんですよ。
2次虫歯になりそうですか?
継ぎ目がないので、私はかってに「シームレス治療」と呼んでます。

なにより治療が終了した女の子が、鏡を除いた瞬間の表情を見るのが最高の楽しみなんです。