牛乳の断り方を知ってますか?

新入学の時期ですね。
牛乳の害を知っている親御さんならば我が子に危険な牛乳を毎日飲ませたくないですよね。

しかし学校給食の牛乳を拒否した場合ほぼ間違いなく「診断書」を持って来いと言われます。
理不尽ですよね?

だけどこれって法律違反だって知っていました?
こちらにその記事がありますので参考にしてくださいね。

甲斐 由美子

昨日も、牛乳を断りたいが、診断書を出せと言われてのご相談のメールをいただきましたので、再シェアさせて頂きます。
お子さんの牛乳給食を辞めたいと思ったら、参考にお読みになってみてください。
参考になると思います。
我が子を守るのはあなたです。
紹介させて頂く方は、自分で書面を作り、学校に提出なさったそうです。
厚労省は、診断書の提出をする指導はしていないそうです。
それを強要するのは法律違反ですね。
しかし、できるだけ穏便に、しかし、おかしいことはおかしいと言ってみましょう。
こちらに提出された書類が書いてあります。

https://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuu…/diary/200804240001/

その前にこちらもお読みくださいね。
ここからは転載させて頂きます。
給食の牛乳を止めるにはどうしたらいいの?
と、タイトルのことを赤ママさんからコメントをいただきました。
はい。これはとっても簡単な学校(=自治体)と
難しい学校(=自治体)があるのですね。
簡単な学校の例では、
「ウチの子には牛乳飲ませたくないので牛乳なしにして下さい」
と、学校の担任に言えば、
「はい、分かりました。そうします」
ということで、簡単に牛乳を止めることが出来ます。
もちろん牛乳代は給食費から差し引かれます。
次の段階は、
「はい、分かりました。でも牛乳代は徴収いたします」
ということで、飲まない牛乳代を取られる例。
次は診断書。
「では診断書を提出して下さい」
という学校。
実はこれは違法なことなのです。
なぜなら、給食で牛乳を飲ませることは法律で決まっていることではないのです。
自治体の規約にもあるはずはないです。
それを、「診断書を出しなさい」というのは、傲慢であり、
それこそが法律違反(なんだか正しい表現が思いつかない)のです。
つまり、牛乳を飲まないことを選択するのは自由なのに強制する、
飲まない場合は診断書、ということこそ、間違いなのです。
それでは、赤ママさんの受けた理不尽な対応を体験を読んでみましょう。
> 初めまして。少し前から子どもの体質改善のため肉や魚を控え、
> 野菜中心の暮らしをしています。お陰で子どもの便秘も
> 毎日出るようになりましたが、給食の牛乳をやめたいと
> 学校に申し出たら、すごく難しいアレルギーアナキラフィシーの
> 用紙を保健の先生からもらい、診断書と治療法を書いてもらって
> 提出するようにと言われてしまいました。
> 近くの病院へ今日行き、背中にブツブツも出ていますので、
> それと合わせてお願いしたのですが、
> 肉も魚も牛乳も栄養だから食べなさい
> と言われてしまい、背中のぶつぶつに薬が出ました。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。
ありゃりゃりゃ。医師も荷担してしまっていますね?
まず、学校側、といっても担任や保健の先生ではダメですから、
校長に直に会って言いましょう。
校長であれば、
給食は任意である。もちろん牛乳だけを飲まないのも任意である。
ということを知っていることでしょう。
いや、知っているはずです。
知らないとしたら、その校長は校長の資格がありません。
もう一度述べますけど、
給食は任意なのです。だから
「うちの子は給食はいらない。うちは弁当を持参させます」
と保護者が言えば、学校側はそれを受け入れることになっているのです。
だから弁当を持参する子供も少ないですが、いるのです。
「牛乳だけを飲まない」
ということも当然の事ながら、出来ます。
ということで、赤ママさん、直接校長と話して下さいね?
それでもダメだったら、またコメント下さい。
次の作戦もありますから。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
いやいや、簡単なことなのです。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。
病院はいりません。診断書もいりません。
応援しております。
https://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuu…/diary/200804240001/
より

 

虫歯の原因を誤っていませんか?

虫歯の原因をご存知ですか?

「糖質」の過剰摂取が原因です。
過剰摂取なので主食であるご飯を過剰摂取しても虫歯になります。
さらに言うと歯周病の成因も「糖質」の過剰摂取が原因のことも多いです。

皆さんは歯ブラシをしますよね。
お口の中が汚れていなければ歯ブラシをする必要はないと思いませんか?

「先住民族」は虫歯も歯周病もないですが歯ブラシさえも碌にしていませんよ。
お口の中が汚れないので歯ブラシをしなくても虫歯にはならないんです。

「歯垢」はお口の中でのばい菌の異常発生した証です。
ばい菌のエサである「糖質」を食べるから異常繁殖をするんですよ。

「糖質」を食べないと栄養失調になるという人たちがいます。
結論から言うとなりませんし食べなくても健康的に生きていくことができます。
3台栄養素がそもそもの間違いですし、糖質はミトコンドリアが生成するエネルギーの安易な代用品でしかありません。

ジュース、お菓子、パンなどはなるべく避けて生活すれば虫歯になることなどないと考えてください。

これからの日本は私たちがかつて経験したことがない厳しい時代を迎えます。
せめて虫歯を作り健康を崩すことの無いよう、気を付けていきましょう。

私たちが病気にならないように

慢性疾患と言われるモノのほとんどは私たち自らが作り出しているといっても大きく間違ってはいないと思います。

阿保先生のお話はまさに病気になる本質をついています。
もう二度と聞ける話ではありませんし、このように私達に有益な話をしてくれる医師もこれから出てこないかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=lr6bE5F-x7Y&feature=share&fbclid=IwAR2YaDLvCIZGA7Yc_pWLRvMa7FBERC-zPGk0npQXbs28GXU5Ri6pHgEGe4U

新刊が発売されました!

おはようございます。
私の師匠、スーパードクターの小峰先生の新刊が発売されました。

【おかげさまで、本日11月9日 大手書店の棚に並びました】


   書籍『自然治癒力が上がる食事』
 
”名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組”

     著者:小峰一雄
     goo.gl/GTmW7p 
   出版させていただきました。

「健康になる食べ方」を知って皆さんに活用していただけると幸いです。

<内容紹介>
「虫歯や歯周病の食事療法が、全身の病気も消していく! 」
”削らない虫歯治療”ドックベスト療法の日本における第一人者であるカリスマ歯科医が、
長年の診療経験と研究に基づき遂にたどり着いた究極の「健康になる食べ方」を大公開! 
あらゆる「がん」をはじめ、「白血病」「糖尿病」「腎臓病」「高血圧症」「うつ病」「認知症」
「リューマチ」「結石症」など、様々な病気を予防・治癒させるための具体的食事法は、
歯科治療の現場から”歯と全身のつながり”を追究してきた著者にしか書けない、驚きの説得力に満ちている。
ほかに、自然治癒力を最大限に発揮させるための、最新・最先端の歯科治療技術も徹底解説!

2016年11月刊行
『名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自己治癒力」で治す方法』
もロングセラーで活躍してます。
     
       goo.gl/9DL8BN

本当の血圧の正常値とは?

本当の高血圧の正常値を知っていますか?

私はこれについては以前から「おかしいぞ」と感じていたことに一つではあるのですが、
数年前に勉強会で真実を知ったときは驚きを隠せなかったのを今でも覚えています。

そもそも海外での高血圧の基準値や、薬が処方される基準値を知っている日本人はどのくらいいるのだろう?

「おかしい」ということに、
誰も疑問さえも抱かない異常さが、ちょっと怖いとは思いませんか?

http://blog.livedoor.jp/flyfunbum/archives/12131497.html

血圧の基準値

内海聡先生の投稿です。

ここではあまり過激なことは書けませんが、
日本の血圧の基準が年々下がってきていることには理由があるようですね。
もちろん!医学的な理由なんかじゃないですよ。

それにしても、血圧の正常値の基準がコロコロ変わることに何の疑問も抱かないのかな?

 

内海聡

血圧を下げてはいけない
 
いままで私でなくとも多くの医師が血圧を下げることの弊害を訴えてきた。
以前は高血圧の基準は160/95であったが、現在の基準では130/85にまで引き下げられている。
ここでもなぜ引き下げられたのか?その真の理由を考えねばならない。
 
① 1980年に日本で実施された国民栄養調査
降圧剤なしの人は、下が90~99までの人で自立者の割合が最も高かった。また上が180未満なら降圧剤の服用者のどの値の人よりも自立者の割合が高かった。
② 1992年~1998年まで実施された比較試験
70歳以上の高齢者で血圧が160~179ならば、降圧剤を使用しないほうが脳卒中や心筋梗塞にかかる率に差はなく、癌になった人は少なかった。
③ 1992年~1997年に欧米で実施された比較試験「HOT研究」
130/85未満でよかったのは、心筋梗塞にかかる人が減ったことだけで、下の血圧を80近くまで下げると、90未満を目標にして下げるよりも死亡率が高くなった。
この130/85の通りに下げようとすると、要治療者が増え、日本で年間一兆円の医療費が余分に必要になり、しかも数万人が余計に死亡する危険性があると推測できる。
④ 日本で実施された比較試験「JATOS試験」
収縮期血圧160以上で、平均172/89程度の高齢者4418人を降圧薬を用いて140未満にする群と、140~160に緩やかに下げる群で比較。
その結果、脳梗塞の発生や心筋梗塞の発生には差がなく、総死亡数は前者が後者より3割近く多かった。
 
これらの数字は医学研究により示されたものだが、この医学研究だけをあてはめてみても、年間2500万人以上の降圧薬服用患者がいるわけだから、年間7万人は医学によって無駄に殺されているという計算になる。
つまり医学など存在しなかった方が約7万人死亡者数は少ないだろうと推測されるということだ。
 
他にもいくつもの有名な研究があるのだが、ここではフラミンガムでの長期大規模調査を紹介しよう。
米国フラミンガムで1948年から長きにわたって行われた大規模調査だ。
この大規模研究では人が年齢を重ねる上で、血圧が上がっていくのは当たり前であり必然であるという結論に至っている。
 
東海大学の元教授で日本総合検診医学会評議員でもあった大櫛陽一氏は性別、年齢別の正常値を設定している。
これでいうと血圧は170くらいまでOK、コレステロールも260~280くらいまでOKなのだ。
これまで出してきた他氏のデータもそれを裏付けているといってよい。
代表的な降圧薬が癌の発生率を増すことも常識なので、飲んではいけないのである。
これらの降圧薬は、明らかに血圧が高すぎて恒常性を逸脱しているものに限って使うべきであり、基本的に使えば使うほど体は悪くなっていくことを知らねばならない。
 
併せて読んでみてくださいね。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/39292

人工甘味料の怖さ

内海聡先生の投稿です。

砂糖の害は当医院でも伝えている通りです。
実は更に危険なものが人工甘味料です。
よく読んでみてくださいね。

今は加工食品は当然のこと、畜産物から野菜まで毒にまみれています。
これはマスコミが報道しないので皆さんが知らないだけです。

日本の食は世界的に見てもかなり悪いレベルです。
ドイツのTVでも日本の食が危険であることが報道されたそうです。

知らないのは日本人だけです。

私はいつも思います。
知ろうとしないことが一番の大罪だと。

http://blog.livedoor.jp/flyfunbum/archives/11780672.html