牛乳の断り方を知ってますか?

新入学の時期ですね。
牛乳の害を知っている親御さんならば我が子に危険な牛乳を毎日飲ませたくないですよね。

しかし学校給食の牛乳を拒否した場合ほぼ間違いなく「診断書」を持って来いと言われます。
理不尽ですよね?

だけどこれって法律違反だって知っていました?
こちらにその記事がありますので参考にしてくださいね。

甲斐 由美子

昨日も、牛乳を断りたいが、診断書を出せと言われてのご相談のメールをいただきましたので、再シェアさせて頂きます。
お子さんの牛乳給食を辞めたいと思ったら、参考にお読みになってみてください。
参考になると思います。
我が子を守るのはあなたです。
紹介させて頂く方は、自分で書面を作り、学校に提出なさったそうです。
厚労省は、診断書の提出をする指導はしていないそうです。
それを強要するのは法律違反ですね。
しかし、できるだけ穏便に、しかし、おかしいことはおかしいと言ってみましょう。
こちらに提出された書類が書いてあります。

https://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuu…/diary/200804240001/

その前にこちらもお読みくださいね。
ここからは転載させて頂きます。
給食の牛乳を止めるにはどうしたらいいの?
と、タイトルのことを赤ママさんからコメントをいただきました。
はい。これはとっても簡単な学校(=自治体)と
難しい学校(=自治体)があるのですね。
簡単な学校の例では、
「ウチの子には牛乳飲ませたくないので牛乳なしにして下さい」
と、学校の担任に言えば、
「はい、分かりました。そうします」
ということで、簡単に牛乳を止めることが出来ます。
もちろん牛乳代は給食費から差し引かれます。
次の段階は、
「はい、分かりました。でも牛乳代は徴収いたします」
ということで、飲まない牛乳代を取られる例。
次は診断書。
「では診断書を提出して下さい」
という学校。
実はこれは違法なことなのです。
なぜなら、給食で牛乳を飲ませることは法律で決まっていることではないのです。
自治体の規約にもあるはずはないです。
それを、「診断書を出しなさい」というのは、傲慢であり、
それこそが法律違反(なんだか正しい表現が思いつかない)のです。
つまり、牛乳を飲まないことを選択するのは自由なのに強制する、
飲まない場合は診断書、ということこそ、間違いなのです。
それでは、赤ママさんの受けた理不尽な対応を体験を読んでみましょう。
> 初めまして。少し前から子どもの体質改善のため肉や魚を控え、
> 野菜中心の暮らしをしています。お陰で子どもの便秘も
> 毎日出るようになりましたが、給食の牛乳をやめたいと
> 学校に申し出たら、すごく難しいアレルギーアナキラフィシーの
> 用紙を保健の先生からもらい、診断書と治療法を書いてもらって
> 提出するようにと言われてしまいました。
> 近くの病院へ今日行き、背中にブツブツも出ていますので、
> それと合わせてお願いしたのですが、
> 肉も魚も牛乳も栄養だから食べなさい
> と言われてしまい、背中のぶつぶつに薬が出ました。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。
ありゃりゃりゃ。医師も荷担してしまっていますね?
まず、学校側、といっても担任や保健の先生ではダメですから、
校長に直に会って言いましょう。
校長であれば、
給食は任意である。もちろん牛乳だけを飲まないのも任意である。
ということを知っていることでしょう。
いや、知っているはずです。
知らないとしたら、その校長は校長の資格がありません。
もう一度述べますけど、
給食は任意なのです。だから
「うちの子は給食はいらない。うちは弁当を持参させます」
と保護者が言えば、学校側はそれを受け入れることになっているのです。
だから弁当を持参する子供も少ないですが、いるのです。
「牛乳だけを飲まない」
ということも当然の事ながら、出来ます。
ということで、赤ママさん、直接校長と話して下さいね?
それでもダメだったら、またコメント下さい。
次の作戦もありますから。
> 牛乳をやめるのは、とても大変なことだと思いました。
いやいや、簡単なことなのです。
> どうしたらやめられるか、病院を探しています。
病院はいりません。診断書もいりません。
応援しております。
https://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuu…/diary/200804240001/
より

 

遅くなりましたが、勉強会の報告です。

遅くなりましたが、新潟市での第2回目の勉強会が終了しました。
多くの方に来ていただき質問もどんどん頂き有意義で充実した一日になりました。

お呼びいただいた団体様は意識が高く知識と行動力が高い方々の団体ですので、こちらも気合が入ります。
「歯ブラシしてください」なんていう薬にも毒にもならない話など期待されていませんので、私が本当に伝えたいこと知ってほしいことをお伝え出来たのではないかと思います。
勉強会の場所は大きな座敷で赤ちゃんが自由に動き回っている微笑ましい光景でしたが、
どの赤ちゃんも穏やかなのが印象的でした。
お母さん方は「砂糖」をむやみに与える事をしない方々ですので当然と言えば当然なのですが、これほどまでに違うのかと正直驚くぐらいに赤ちゃんは穏やかなんですね。
赤ちゃんの本当の姿を見れた気がしました。

お昼はマクロビ弁当が出て美味しく頂き、無農薬無添加で塩にまでこだわって作り上げたお味噌も分けていただき、帰りには安心安全なソーセージまで頂きました。感謝です。

計2日間の勉強会でしたが、私の伝えたいことはこれが全てではありません。
今まで時間とお金をつぎ込んで手に入れた知識はまだまだあります。
今度は各論的な話で需要があればいいなと思います。

ワクチン&アレルギー講座

新潟市東区の東区ぷらざで
ワクチン講座
アレルギー講座
が開催されます。

講師は山梨県の やまびこ小児科クリニック院長
横地真樹先生です。

生後2か月から始まる予防接種に、疑問と恐怖を感じる親御さんはぜひ参加してください。
お子さんのアレルギー疾患にも新しい考え方と対処法を紹介してくれるそうです。

http://blog.livedoor.jp/flyfunbum/archives/11861156.html

これはいい本ですよ!

GWも終わりましたね。
GW中に妻が本屋さんで購入してきた本の内容が良かったので、紹介しますね。

「クーヨン」という本ですが「砂糖なし育児」のススメが書いてあります。

「精製された砂糖がイライラを招くワケ」と書いてありますね。
いつも私が話していることですね。

ここでも虫歯の原因は「糖質」と書いてありますね。

「虫歯予防と歯磨きは関係ありません」と書いています。

そうですよね。
日本人ほど歯ブラシを一生懸命する民族はいません。
なのに虫歯が多いのは?
疑わない方が無理があります。

この記事を書いた先生と私の相違点は「虫歯の成り立ち」だけです。

気になる方は本屋さんでお求めくださいね。
入りやすい本ですよ。

Giverを選択する人生観

世の中はgive & takeで成り立っている。
と学校や親などから教わった人も多いかもしれません。
でも、これだとTakeが多くなっちゃうんですね。
何でも欲しがる「クレクレ君」が多いのも、そのあたりの教育がうまく行ってない証拠なのではないかと思います。


世界NO1コーチと言われるアンソニーロビンズの教えはいつも勉強になります。
毎日メールが送られてくるのですが今朝届いたメールをご紹介させてください。

アンソニーの言葉の一つに
こんな言葉があります。

“The secret to living is giving.”
「生きる秘訣は与えることだ」

多くの場合、
与えてもらう方が、
嬉しいし、楽だから、

誰かから何かを
与えてもらうことばかりを
考えてしまいます。

例えば、

仕事を与えてほしい。
食べ物を与えてほしい。
幸せを与えてほしい。

もちろん求めること自体は
悪いことではありません。

しかしながら、
本当に質の高い人生を
送りたいのならば、
「与える」という行為が大切です。

与えると聞くと、
多くの人は物質的なものを
与えることを想像します。

だから、
自分には与えられるものがない。

と考えがちです。

ここで言っている与えるものは、
いわゆる物質的なものに限りません。

感謝だったり、愛だったり、
安心感だったり、喜びであったり、

感情的なものも含まれます。

そう考えると、
あなたは何を与えられるでしょうか?

例えば、
家族に感謝を伝える事かもしれません。
同僚に安心感を与える事かもしれません。

あなたが何かを与えることができると
少しずつ人間関係が良い方向に
動いていきます。

これ以外にも
アンソニーは人生の質を
上げるためのノウハウを
たくさん持っています。

あなたの成功を応援しています。
Live with passion!

子育て四訓

かなり古い投稿ですが、内海聡先生の「しつけ」についての投稿です。
健康と同じくらい子供の教育は大切だと感じています。
私の子供は11歳ですが、いまだにハグをしたりスキンシップは欠かしません。
いつまでもスキンシップは必要だと思います。

しつけ (内海聡先生の投稿です)

昨日ある仕事をしているときに昔の躾の話が出てきました。躾と体罰と虐待の違いから説明できないと話にはなりませんが、そもそも昔の教育の仕方が違うということを知らない人が多いです。たとえば親が自分の子どもにしてはいけないことの代表格が、「しなさい」という言葉を投げかけること、そして「してはいけない」という言葉を投げかけること、これは真弓定夫氏に言葉です。これは世の中の親でできている人はおそらくいないでしょう。

しかし減らすことは可能であり、そのためには親の発想を完全に変える必要があります。子供は親の言う通りには決してならないとよく言いますが、まさに親のする通りになるのです。子どもは結局あなた方を真似して、あなた方の背中を追っていきます。あなた方の子どもに何か問題があるなら、それはあなた方が常に問題だからです。「子どもは親の背中を見て育つ」は伊達でも何でもありません。

「鏡は先に笑わない」という有名な言葉があります。あなたが笑えば子供は笑うでしょう。時に怒ることも必要でしょう。しかし子どもたちは真に怒られるべき時は必ず納得します。納得し続けないのはあなた方の怒る理由が間違っているからです。「子育て四訓」と呼ばれる有名な四か条があります。これは、市内の中学校長や市教委の委員長などを歴任した緒方甫さんが、長年の教育経験を基にまとめた子育てに必要な四か条だそうです。

その内容は、
(1)乳児はしっかり肌を離すな
(2)幼児は肌を離せ 手を離すな
(3)少年は手を離せ 目を離すな
(4)青年は目を離せ 心を離すな
というもので、子どもが成長する段階ごとに親や周囲の大人たちが心掛けておかなければならないものが、端的に表現されています。ちなみに皮肉として現代の教育法をまとめると
(1)乳児はしっかり肌を離せ(抱き癖は面倒だし)
(2)幼児は肌を離さず手を離せ(怪我したら他人のせいにしよう)
(3)少年は手を離さず目を離せ(見えないところで悪さをしなさい
(4)青年は目を離さず心を離せ(監視下において奴隷化しなくちゃ)
(5) 大人は心を離せ 財布を離すな(=相手に感情移入しては行けない。相手の財布の紐だけ考えろ。)
だそうです。きっと現代の親は反省など考えたこともないので、こんなこと知りもしないでしょうがね。

ハグの効果は絶大!

おはようございます。12月26日(月)です。

ハグをしていますか?

日本の習慣にはないですが、ハグしてください!
そうでなくても日本人は感謝や愛情をストレートに言わない民族なのだから・・・
言葉で言えないのであれば、せめて態度で示してあげてください。
私は言葉でも態度でもしていますよ!(本当に伝わっているのかな?)

http://healthbeautyadult.sblo.jp/article/174125421.html

❤ハグの効果は絶大!
今回は、ハグについて学びましょう。
日本人は、ハグの習慣がないので
余り、重要には考えられていません。
ハグの効果は
❶多幸感を感じる
βエンドルフィンは幸福ホルモンと呼ばれ、ハグ、キス、性行為などで
分泌させます。
ハグすると、脳内で【ドーパミン、セロトニン】という物質が放出され
安心感をもたらす【セトニン】、快楽物質である【ドーパミン】が
分泌され
不安が和らぎ
多幸感を得られます。
絆、親子間、カップルの距離を縮める効果がある
オキシトシンと言うホルモンも関係しています。
❷ストレスケアにも最適!
人は、30秒のハグで
1日のストレスの約1/3が解消されます。
タッチセラピ
お母さんの手によって
お子さんの脳内で【ドーパミン、セロトニン】という物質が
分泌されるのを促し
ストレス解消効果があります。
❸不眠にも効果的!
抱き枕が安眠に一役買っているのも
ハグをすることと同じ効果が!
子供、パートナーとのハグを
忘れないでくださいね!
❹健康にもつながります
パートナーと毎日ハグする女性たちと
そうでない女性のパートナーの
健康診断をしたところ
前者は、血圧も下がり、心臓病のリスクも軽減されています。
ハグは、鎮痛作用は、モルヒネの約5.6倍と言われており
ハグによって痛みを和らげる効果も期待出来る。
ハグをすると副交感神経が刺激され、ドーパミン、セロトニンが増え
免疫アップ!
❺豊かな愛情表現で関係が円満に
すれ違いでもハグで愛情確認!
ハグには
沢山の
効果が認められます。
ハグの効果をもう一度、再認識して欲しいですね!

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

おはようございます。削らない歯科医院 さとう歯科クリニックです。
12月9日(金)です。

金曜日は教育・自己啓発です。
これからの日本は人口が減るとともに海外からの移住者が増えてくる傾向にあります。
多種多様な人種や宗教観念などがあふれてくると、差別などが生まれてきます。

そこで、この方法はいいんじゃないでしょうか。
マニュアル化されているのが素晴らしい!
お子さんや、学校での教育でも使うと良いかもしれない。
14203213_1117370921672814_7991514339462590084_n1
でも、なるべくなら一人でやらない方がいいよね。
仲間がいるとやりやすいし、被害にもあいにくい。
お子さんは大人に助けを求めるという選択肢も増やしてあげよう。

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと