これはいい本ですよ!

GWも終わりましたね。
GW中に妻が本屋さんで購入してきた本の内容が良かったので、紹介しますね。

「クーヨン」という本ですが「砂糖なし育児」のススメが書いてあります。

「精製された砂糖がイライラを招くワケ」と書いてありますね。
いつも私が話していることですね。

ここでも虫歯の原因は「糖質」と書いてありますね。

「虫歯予防と歯磨きは関係ありません」と書いています。

そうですよね。
日本人ほど歯ブラシを一生懸命する民族はいません。
なのに虫歯が多いのは?
疑わない方が無理があります。

この記事を書いた先生と私の相違点は「虫歯の成り立ち」だけです。

気になる方は本屋さんでお求めくださいね。
入りやすい本ですよ。

「削らない歯科医院」の「抜かない矯正治療」2

しばらくブログ活動をサボっていました。
ゴメンナサイ。
今年はやるべきことが多くて去年の様に毎日はムリデス・・・
だけど週一ペースでまた皆さんに有益な情報をお届けしますのでよろしくお願いいたします!

さて、みなさん矯正治療には種類があると知っていましたか?

写真をご覧ください。8歳のお子さんです。
よくある不正咬合です。
前歯の永久歯が内側に生えてきていますが、歯が並ぶスペースが全くないことがわかります。

歯並び治療(矯正治療)が必要ですよね。
矯正治療の相談に行くと、
中学生になってから永久歯を4本抜いてワイヤーをつけましょう」という返事が返ってくるのが一般的ではないでしょうか?

お母さん、それで納得できますか?
「永久歯を抜かないと歯並び治療ができないんだから、我が子の永久歯を4本抜くことは仕方が無い事・・・」とあきらめていませんか?

でもね、世界には矯正治療はたった一つの方法しかない訳じゃないんですよ。
抜かなくても大丈夫な矯正治療もあるんですよ。

私は矯正専門医ではありませんが「我が子の歯は絶対抜かない!」と決意してから全国を飛び回りいろんな先生に出会い貴重な情報を入手しました。

そうしたらね、あるんですよ。
抜かない矯正方法が・・・
日本の大学で教えてくれないだけで、その「抜かない矯正方法」はドイツでは保険診療に導入されているんです。そして矯正専門医なんてのもそんなに存在していません。
保険治療だから当たり前ですけどね。
しかも、抜く矯正方法よりも歴史が古いんです。

学びに行かない理由なんてないですよね!
上の写真の子の1年半後の姿です。

多少のほころびはあるものの中学生まで待たなくて、しかも永久歯を抜かないでも歯を並べることができるんですよ。しかも私は専門医ではありません。

学校から帰ったらこの装置を自分で入れるだけです。
たったそれだけで永久歯を抜かなくてもいいと知ったら、お母さん。あなたはどう思いますか。
大事な我が子の大事な歯を抜かなくてもいいんですよ。

しかも、この矯正治療には特典があります。
お子さんの顔つきが良くなるんです。
正しくお顔が成長できる方法も教えてもらえるんです。

そして、万が一「抜かない矯正」が失敗しても今まで以上に悪くなることはありません。
最悪、現状維持です。

しかしですよ、永久歯を抜く今までの矯正治療を始めて、その後資金繰りが難しくなった、治療に行けない理由が出てきた、失敗した・・・となったら目も当てられない状況になります。
当然ですよね、永久歯を4本も抜いているわけですから。

あなたの大事なお子さんの歯並び治療はどちらを選びますか?

考えるまでもありませんよね!

 

 

お子さんの治療

おはようございます。
11月21日(月)
明日22日から24日まで院長研修のためお休みを頂きます。
ブログもお休みさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

ブログカレンダーでは月曜日はフリーです。
今日はお子さんの虫歯治療について書きましょう。

まずは「さとう歯科クリニック」での虫歯治療の内容を紹介します。
患者さんは4歳6ヶ月のお子さんです。奥歯全てに虫歯があり今回が最後の治療でした。
①一見虫歯が無いように見えますが、色が違います。虫歯が透けて見えます。
img_20161119_094043

②ほらね!
img_20161119_094057

③ほらね!! ちなみに麻酔はしていません。 もちろん痛がるなどもありません。
img_20161119_094105

④治療終了 プラスチックを詰めました。
治療時間は2本で15分でした。即日の治療でここまで綺麗に仕上げることができます。
私自身お子さんの治療で、金属の詰め物をしたのは、10年以上したことがありません。
身体に害のない治療を追求していった結果、今のスタイルに落ち着いています。
保険の金属はアレルギーの原因となります。極力使いたくないものです。
img_20161119_094114

さて、なぜ4歳半の子供の治療にこんなにも早く丁寧な治療ができたのでしょう?

答えは、お子さんが協力的だからです。
では、どうやったら協力的にしてくれるのでしょうか?
お子さんが協力的かどうかは大人の言葉がけしだいの部分もあります。

言葉がけで悪い例が
1.痛くないからね!
2.怖くないからね!
3.何もしないからね!
痛くも怖くもないのなら、なぜこんな言葉を使うのでしょう?
3の「何もしないからね」は嘘でしかありません。

こんな言葉がけをされて連れてこられれば、暴れながら入ってくるのは当たり前だと思います。
わかりますか?

3の「何もしないからね」という嘘は更にダメです。
こんな言葉をかけられて連れてこられたんじゃ、私は何もしないで終わりにするしかありません。
無理やりすれば約束を破るということになり、警戒心は強くなるばかりです。
当たり前ですよね。

その場を取り繕う言葉がけでは子供だましにもなりません。
教育は言葉がけが非常に重要になります。
お子さんには、「お父さん、お母さんが歯を綺麗にしてもらいに来ているところだよ。あなたの歯も綺麗にしてもらおうね。」ぐらいの言葉がけで十分です。あとは親と先生が親しげに話している姿を見せれば大丈夫でしょう。
言葉がけについては神経言語プログラム(NLP)を学ぶと良いでしょう。

 

 

1歳半健診

昨日は1歳半健診でした。
つけまつげのギャルママが一番挨拶が良く、礼儀正しいので驚きました。(人は見た目じゃないね!)

1歳半のお口の中参考写真
housyutu3[1]


健診で気付いたこと。
①よだれが出ていない
②すでに不正咬合が始まっている子が見つかった
③歯ブラシで悩んでいるお母さんが多い

順番に私なりに説明します~
①よだれが出ないことについては深刻な問題です。
赤ちゃんの定番よだれかけを誰もつけていないし、お洋服もビチョビチョではありません。
「よだれが出る子は元気な子」です。

では、なぜ、よだれが出なくなったのでしょう?
私は自律神経の乱れが原因だと考えています。交感神経が優位に立った状態です。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切です。
超簡単に説明すると「緊張したりすると上がるのが交感神経、リラックスすると上がるのが副交感神経」です。
どちらが重要ということは無くバランスで拮抗していることが大切ですが、赤ちゃんは副交感神経が優位でもよろしいん  じゃないでしょうか。

「交感神経が優位になり緊張状態が持続してよだれ、唾液が出なくなる」これが答え。

では、交感神経が優位になった原因は何でしょう?
つけっぱなしのTVや音楽、スマホの着信音など常に雑音に溢れている状態は交感神経があがります。
自然界では不自然な音はありません、人間界は騒音に溢れています。
赤ちゃんの環境は静かな方がいいです。
アメリカ小児学会では「2歳までTV禁止」と言っています。情報処理が追い付かず、脳の慢性疲労を引き起こすからです。これは妊婦さんにもいえることです。
他には加工食品の添加物や電磁波などいろいろ考えつきますが、とりあえず静かな環境でないと人は落ち着きません。

②赤ちゃんの不正咬合について
受け口の子もいましたが、子供の頃は泣いたりするときに下顎を突き出したりする癖もあるので、今は見守るしかないでしょう。(受け口・参考写真)
i320[1]
3歳ぐらいになったら簡単な装置と筋機能トレーニングのみで最短3ヶ月で治ります。(遺伝の受け口は無理です)

受け口以外には、舌の前歯が重なっている「叢生」と言われる歯並びの子もいました。
(叢生、参考写真)
img_cautions021[1]
「叢生」はいわゆるガチャ歯です。歯が並ぶスペースがなくてガチャガチャに並ぶ歯並びです。
・・・・・・・おかしいぞ?と思いました? そうです!1歳半の子は歯が生えそろっていないのにガチャ歯なんです!
不正咬合の原因って良く咬まないことが原因だと聞いたことがありませんか?
おかしいですよね?

実は不正咬合の原因は胎児の段階から始まっているのです。
母体の栄養不足です。一番は「鉄」不足でしょう。妊娠半年前から鉄分をよ~く摂取することが必要です。だけど「ヘム鉄」でないと意味ないですからね。
ガチャ歯の治療は私のところでは6歳から始めています。
歯並びの治療は待っていても悪くなるだけです。適正な時期にすすめれば永久歯を抜かなくてもなんとかなることが多いです。

③歯ブラシですが、そもそも喜んでさせてくれる1歳半の子がいたら変態でしょう。
嫌がるのが当たり前です。
でも、もしかしたら痛がっている可能性もありますよ。
歯ブラシの圧を大人と同じようにかけないことも大切です。歯が小さく歯茎は桃の薄皮の様にデリケートです。小さい歯ブラシで優しく磨いて下さい。歯茎にブラシのプラスチックが当たると痛いですよ。糸ようじもお忘れなく。
難しければガーゼで歯をこすってあげてください。
でもね、ほんとのこと言えば、歯垢がべっとりつく食生活が一番よろしくないのですよ。
ジュースやお菓子はひかえましょうね。

 

 

呼吸法

内海先生の投稿です。
意外と知られていないことですが、呼吸法が悪いだけで歯並びが悪くなります。
歯並びが悪くなる呼吸法と言うのは「口呼吸」です。
「口呼吸」は猫背になり、いつも口を開けているため口臭や虫歯歯肉炎の原因となるばかりか、小学校に入る前までに直さないと顔貌さえも悪くなります。
私は呼吸法をレクチャーできる数少ない歯科医師だと自負しています。
13256289_1010543675696052_3136131519727618133_n[1]

呼吸の仕方

たまにはアンチョコな記事も書いておきましょう。今回は呼吸の仕方です。よくいわれることに腹式呼吸の重要性があり、これは皆さんもご存知でしょう。ただ腹式呼吸は単に呼吸としてだけでなく、メンタル法としての意味があります。特に女性は胸式呼吸をしがちなので、意識してこの方法をマスターするだけで、人生が大きく変わると言っても過言ではないでしょう。

腹式呼吸は自律神経に関係すると言われます。呼吸が乱れると交感神経優位になってしまい、呼吸が浅くなり攻撃的になり不安が増大します。あまりに副交感神経優位だと困りますが、ちょっとしたときに交感神経を鎮めるのは重要なことです。腹式呼吸の吸い方のコツとしては、いかに吐き切るかということです。普通の呼吸で吐いたところから、さらに無理やり全部吐き切ってみてください。

そこから吸うと胸が膨らむのではなくお腹が膨らむように呼吸します。これが腹式呼吸の基礎です。呼吸の回数を増やしてはダメであり、一回をいかに長く深く吸うかがポイントです。その次には丹田を意識することがポイントです。これを丹田呼吸法などと呼ぶそうですね。東洋医学の気功でも必ず出てくる方法ですが、へその少し下にある丹田を強く意識します。

調息とよばれる呼吸法もあります。塩谷氏によると背筋をまっすぐにして座り、利き手を上に、両手のひらで丸いボールを優しく包むように組む。両手甲が垂直になり、親指を除いた4本の指はそろえます。鼻から静かに息を吸い込みます。完全に吸い込むのは普通の腹式呼吸と変わりません。その吸い込んだ息を肛門をしめながら丹田に押し込む感覚を持ち息を止めます。

そして肛門の力を緩めて鼻から静かに息を吐き出すそうです。吐くときには腹が凹んでいきますので、基本的には腹式呼吸に近いです。正心調息法では小息25回、静息10回などあるようですが、これは一般の人は無理に考えなくてもいいでしょう。ただ正心調息法ではイメージを重視しており、よくなったという思い込みを利用していますが、これは私も考えて良いと思います。
(画像はネットよりお借り)

フッ素について

 私は学問は一方向からではなく、多方向から検証すべきであると考えていますし、危険性のある薬などはその説明もされずに処方されている現状に疑問を抱かずには入れません。
 私は人に自分の考えを押し付ける事なぞ、単なるエゴであり社会通念上してはいけないことだと考えています。私は患者さんに私の考えを押し付けたことはありません。自分で調べて自分で行動して下さいとしか伝えていません。
 今は調べればすぐにわかる時代ですし、自分の身体の事ぐらいは自分で調べることが当たり前の行動だと考えているからです。特に我が子のことであれば調べるのは当然でしょう。
 私ならば自分で調べてから行動します。それが親の責任というものだと信じているからです。
 誰かの言いなりになる家畜のような状況に慣れてしまっている、今の日本の現状も危惧を抱いています。
 医療にしろ、教育にしろ、政治にしろ、経済にしろ、誰かの言いなりではなく自分で考えて自分の責任で行動すること、それこそが大人の役割です。
 。

学校等での強制的なフッ素洗口等を推進しないよう 要望書を提出しました

ジャンキーの子供

長尾周格先生の投稿です。

まぁ、貧困層に限らずなんですが。意識してみていくと大半の親はそうかもしれません。
いつも感じますが、問題のある子供は子供が悪いのではなく子供を取り巻く大人が悪いのです。
子供には謙虚に、大人は問題意識をもって行動しましょう。
yjimage[1] yjimage[2]


~ジャンキーの子ども~

大人と比べて子どもは感情を素直に表に出しますから、ジャンキーであることがすぐに分かります。奇声を発する、泣きわめく、ぐずる、走り回る、人を叩いたり暴力行為に出るなど、典型的なジャンキーの振る舞いを見るたび、悲しい気持ちでいっぱいになります。

これってアスペルガーでも、ADHDでも、自閉症でもなんでもありませんよ。単なるジャンキーであり、ジャンキーゆえの神経症状だったり禁断症状だったりするだけです。何のジャンキーかだって!?そりゃ、「甘いもの」に決まっているじゃないですか!

甘いもの(砂糖)は中枢神経に作用する立派な麻薬です。それを脳が未発達の小児に与えたらどうなるか、分かりそうなものでしょ?コカインと同等か、それ以上の依存性を持つ強力な麻薬ですから、脳が破壊されるのは当然です。

こういう子どもの親は貧困層であることが多く、貧困層は経済的な貧困もさることながら、知識も貧困であるのです。というか、知識が貧困であるがゆえに、貧困層から抜け出せないのが現実なのです。そのような親に育てられると、砂糖が強力な麻薬で脳を破壊することを親が知らないから、まだ物心つく前の小さい頃から大量に与えられ、結果脳に欠陥を持って育ってしまうのです。貧困層の再生産は、このようにして起こっているのです。

こうした現実を見ると、やはり貧困層に最も大切なのは、経済的支援ではなく、教育なのだということが良く分かります。だからこそ日々情報を発信して大切な知識を身に付けて欲しいと願っているのですが、残念ながら貧困層の人たちは僕の記事なんて読みもしません。そして今日もまた、自分の子どもの口の中に甘いお菓子やジュースを放り込んでは、自分の子どもが聞き分けが無いと嘆いたり、体罰を加えたり、小児精神科に連れて行って薬漬けにしたりということが繰り返されています。

結局のところ、カエルの子はカエル、ジャンキーの子はジャンキーなのでしょう。悲しいけど、これが現実です。

しっかり子供を見てあげていますか?

過去の投稿です。すっかり忘れていましたけど、こんなこと書いていたんですね~
どちらも大事な問題なのに、なぜかだれも気にもとめません(医療機関も含めて)。
子供と向き合い、子供の変化に敏感に感じる大人が少ない気もします。
子は親の鏡です。親が気付いてあげないと、子供がかわいそうですよ。

1.よだれかけを必要としない赤ちゃんが増えています
生活習慣の変化から今、日本人のなにかが変わっているように感じて心配しています。
赤ちゃんの健診に行って感じるのは「よだれかけ」を必要としない赤ちゃんが多いことです。あまり問題とされないようですが「よだれの多い子は元気な子」と言うように「よだれかけ」は赤ちゃんの定番であるはずです。
では、なぜ「よだれがでない赤ちゃん」が増えているのでしょうか?
「よだれ」が出ないのは自律神経が不調和を起こしているからだと思います。
人間は緊張したりイライラしたりすると「お口の中はカラカラ」になりリラックスすると「唾液は出やすく」なります。
もしかすると、赤ちゃんも知らず間に、緊張やイライラしている状態になっているかもしれません。あるいは脳の慢性疲労になるような状態にあるかもしれません。
「よだれが出ない」ことに気がついている人はどの位いるのでしょうか?
そして私は、原因があって「よだれが出ない」と考えています。

2.猫背のお子さん
「猫背」についてのお話です。
姿勢が悪いのは親の目から見ると気になると思います。猫背は内臓を圧迫したり首や腰にも悪く、さらには歯並びにも影響すると言われていますので治すべきなのですが、当の本人は猫背をしている自覚が無いためなかなか治らない・・・よくある話です。
実は猫背には、猫背になる原因があります。
猫背になっているお子さんを観察してみると、猫背のお子さんのほとんどが口を開いて口呼吸をしています。
口呼吸独特の呼吸法で猫背になっていることも実は多いのです。
また舌の位置関係も重要で、正しい位置に舌がついていないと頭蓋が安定されないため、猫背の原因にもなります。
ですから「背筋を伸ばしなさい!」と叱ったところで原因を取り除かない限り猫背は治らないのです。
このような間違った姿勢は矯正歯科でも重要視されつつあり、見た目の問題では済まされないことです。特に海外では正しい姿勢や呼吸法に対する意識が強く、そのためのスポーツクラブのような教室もあるぐらいです。
さとう歯科クリニックでは、正しい知識とOMFTという筋機能トレーニングを患者様に指導することにより、このような問題に対して向きあっています。

反対咬合の治療

反対咬合のお子さんの矯正治療は早い方が良いです(3歳~6歳)。
成長期が始まると下顎の成長が加速し手に負えないからです。成長期に入ってからだと多額の治療費がかかりますし場合によると手術の対象になります。

写真は4歳の反対咬合のお子さんです。6か月後には矯正治療終了です。
反対咬合の遺伝は案外少ない物で、筋肉の使い方が悪かったりすることが多いです。
なので治療も簡単な装置とMFT(筋機能療法)を言われた通りにして頂くだけです。
当院では3歳から反対咬合の治療を受け付けています。
P1010661  P1010662

もう一つ「あいうべ体操」

あいうべ体操の動画をもう一つ。口呼吸をやめて免疫力をUPしましょう!
とても簡単ですので親子で一緒にすることをお勧めします。私は車の中で、子供と一緒にすることもあります。
開いてる時間にトライしてね。