新刊が発売されました!

おはようございます。
私の師匠、スーパードクターの小峰先生の新刊が発売されました。

【おかげさまで、本日11月9日 大手書店の棚に並びました】


   書籍『自然治癒力が上がる食事』
 
”名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組”

     著者:小峰一雄
     goo.gl/GTmW7p 
   出版させていただきました。

「健康になる食べ方」を知って皆さんに活用していただけると幸いです。

<内容紹介>
「虫歯や歯周病の食事療法が、全身の病気も消していく! 」
”削らない虫歯治療”ドックベスト療法の日本における第一人者であるカリスマ歯科医が、
長年の診療経験と研究に基づき遂にたどり着いた究極の「健康になる食べ方」を大公開! 
あらゆる「がん」をはじめ、「白血病」「糖尿病」「腎臓病」「高血圧症」「うつ病」「認知症」
「リューマチ」「結石症」など、様々な病気を予防・治癒させるための具体的食事法は、
歯科治療の現場から”歯と全身のつながり”を追究してきた著者にしか書けない、驚きの説得力に満ちている。
ほかに、自然治癒力を最大限に発揮させるための、最新・最先端の歯科治療技術も徹底解説!

2016年11月刊行
『名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自己治癒力」で治す方法』
もロングセラーで活躍してます。
     
       goo.gl/9DL8BN

削らない虫歯治療

久しぶりの投稿。
サボって・・・いましたね。

削らない虫歯治療
 
虫歯の原因は「砂糖」の過剰摂取です。
歯ブラシだけ一生懸命していても「砂糖」を食べすぎれば虫歯になります。
逆に「砂糖」や「糖質」が少なければいい加減な歯ブラシでも虫歯にはなりません。

年末年始はご注意ください

これからの年末年始は、お口の中のトラブルが増える時期でもあります。
「歯が痛い」
「詰め物が取れた」
「差し歯が取れた」
この現象は全国共通だと感じています。

では、なぜこの時期限定なのでしょうか?
これは、私が思うに「ごちそう」を食べるからだと思うんです。
美味しいものを食べるのには賛成ですが、糖質の過剰摂取には気を付けてください。
おもちも糖質ですし、
おせち料理にも砂糖がたっぷり入ってますしね。

糖質の過剰摂取でグルコーススパイクが始まります。
その影響でアドレナリンの過剰分泌が起きます。
結果的に歯ぎしり噛みしめを無意識のうちに始め、差し歯が取れたり、歯が痛くなったりするのです。

ですので、今まで痛くなかった奥歯が痛くなってきたりしたら歯ぎしり・噛みしめをしているのかもしれないという目で見てください。
2~3日糖質を控えればよくなると思います。

くれぐれも糖質にはご注意を。

1.奥歯が割れてきました。

2.とりあえずプラプラは撤去


3.後日レジンで詰めて終了(真ん中の歯)

 

 

1.これも割れてきました。

2.時間もなかったのでその場でレジンを詰めて様子も見てもらっています。

あなたの身体は食べたものでできています。

「砂糖の害」については何度もお伝えした通りですが、
完全に砂糖のない生活を送ることは極めて難しいため、少しでもまともな商品や食材を選ばなければいけません。
お子さんのおやつも然りです。
徹底的に安全性にこだわるお母さんは手作りのおやつが好ましいのですが、そんな方は少ないでしょうね。

新潟県村上市でしか通じないお話しで申し訳ないのですが、
近所のスーパーに「YZマート」というスーパーがあります。
今回は、そこで見つけた商品のお話しです。

 

これです。
バナナチップです。
定価がたしか、350円相当だったはずです。
お値段高い?
まぁ、もう少しお付き合いください。

新潟県の会社のようです。

原材料名をよく見てください。
・バナナ
・ココナツ油
・砂糖
・香料
だけです。

添加物が非常に少ないのも驚きですが、
注目すべきはこの手の商品はパーム油を使っている商品がほとんどなのに、
この少雨品ではココナツ油を使用しています。
ココナツ油は酸化しにくいため安心で安全な油の一つとして定着しましたね。
パーム油の危険性についてはネットでご自分で調べてください

極めて真面目な会社を見つけました。
これで定価350円相当なら適正価格です。
おそらく添加物や油への知識も豊富な会社なのでしょう。
砂糖も香料も必要最小限の使用なのではないでしょうか。

食べてみた感想ですが、油のギトギト感はなく甘すぎずさっぱりしています。
一言でいえば上品ですね。
こんなにおいしいバナナチップはそうそうないでしょう。

しか~も、いまだけ税込み100円!です。
そうなんです、この手の商品は値を下げることはまずありません。
ありえない価格設定なんです。
少し多めに買いだめしてもいいのではないでしょうか♪
このような消費者の健康を考えた真面目な会社が増えてくれれば私達もうれしいですね。

またまた!「砂糖の害」

今回のブログも「砂糖の害」についてです。
当院では「砂糖の害」を訴え続けていますが、世間では砂糖の害はまだまだ伝わっていません。
みなさんも今回の記事で学んで、自分自身と大切な人を守ってくださいね。

今回は特定非営利活動法人POIC研究会が発行している一般向けのよみもの「PO!」に記載してある記事をそのまま投稿します。

「PO!」はhttp://0-haisha.com/hospital.php

ここにある全国の歯医者さんでもらえます。
あなたの街にある歯医者さんを探してみて下さい。

 

 

健康的には全然甘くない!
「砂糖は有害食品添加物」

2016年10月、WHO(世界保健機関)による砂糖入り飲料の課税の呼びかけがありました。
この名目は肥満や糖尿病の抑制でしたが、昨今は砂糖の有害性が世界中で話題になっています。

砂糖はその精製過程で、苛性ソーダや硫酸などの危険な劇薬が用いられ、ビタミンやミネラルは根こそぎ取られてしまいます。

砂糖の摂取により、体内ではビタミンB1やカルシウムなどを多量に消費。
これらが不足することで、体にさまざまな悪影響を及ぼします。
また、砂糖は血糖値を急激に上昇させます。
これを下げるために体内ではインスリンが大量に分泌され、逆に低血糖に。

今度は血糖値を上昇させようとアドレナリンを過剰放出。
これにより思考力の減退、集中力の欠如、短気になるなどと言われています。

さらにラットを使用して実験では、空腹時に砂糖を多量摂取することで、コカインやニコチンなどの依存性物質によるものと似た神経科学的な変化が起こることがわかっています。

とはいえ、現代の生活では砂糖の摂取をゼロにするのはほぼ不可能。
少しずつでも減らしていく努力が大切なのです。

一生虫歯にならない方法 4.なぜ人は砂糖を止められないのか? その2

これ、順番間違って公開するのを忘れてました。
順番差し替えて読んで下さいね。

一生虫歯にならない方法 
4.なぜ人は砂糖を止められないのか? その2

人が砂糖を簡単に止めることができない理由として、
1.間違った知識が常識となっている
2.甘さは中毒になる
この2つがあるからだと書きました。


今回は
2.甘さは中毒になる
についてです。 小難しい話は無しにしていこうと思います。

甘い物って中毒になるんですよ。
いわゆる依存症です。

依存症って怖いですよね。
代表的なのが麻薬依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症なんかもありますね。
依存症で人生を台無しにする人いますよね。

お砂糖依存症も人生を棒にふるかもしれません。
前回、お砂糖の害を書きましたよね。

豊かな人生を送るには「健康」であることは必須です。

お砂糖に依存しているかどうかは、話すとわかります。
「虫歯があるので甘い物を減らしましょうか」と説明すると・・・

言い訳してきたりする人は砂糖依存症です。
なぜならですよ、依存していないのなら一言「わかりました」で済むだけですから。

だけど、
・私、甘い物はむしろ嫌いなんです!
・じゃあ、料理に使っている砂糖はどうすればいいんですか?
・三温糖や黒砂糖ならいいんですよね?
とか言って来たり、急に饒舌になる人は砂糖依存症の人が多いですね。

必死になるか、開き直るかどっちかです。
中には怒り出す人もいます。
「砂糖が悪いなんて初めて聞いた!ほかの先生はそんなこと言っていない!」

たぶんこんな目で私を見ているのでしょうね。

 

べつに私にとっては別にどうでもいいことなんですけどね♪

 

少しふざけすぎました。

 

さて、偉い先生方から聞いた話では

「甘さ」

が中毒の原因だそうです。

だから、違う甘味料などに変えても「甘さ」を追い求めているかぎり「砂糖中毒・砂糖依存」は治らないそうです。

なので
「キッパリとやめるしかないですね」
と言うと死刑宣告でもされたかのような、この世の終わりのような顔をされることが多いです。

「依存しているなぁ」と思います。

 

次回は「お砂糖の止め方」をお話します。
今回の投稿でますます嫌われただろうな🎶

 

 

一生虫歯にならない方法 4.なぜ人は砂糖を止められないのか? その1

4.なぜ人は砂糖を止められないのか?

という話ですけど、とても厄介な問題なんですね。
ココができれば、だれも悲しい思いはしなくてもいいのに・・・

 

人が砂糖を簡単に止めることができない理由として、
1.間違った知識が常識となっている
2.甘さは中毒になる
この2つがあるからだと思います。

 

まずは、
1.間違った知識が常識となっている
ここからですが、よく言われるのが
砂糖は
①脳に良い 
②疲れたときに食べると良い
等々、聞いたことがあるかもしれませんが
これらはすでに大昔の古臭い常識であり新しい医学常識とはかけ離れています。


こちらの漫画がわかりやすいですね。

 

子供は大人以上に砂糖に影響をうけます。
スーパーでギャンギャン泣いている子は、大抵お砂糖をたくさん食べていますね。
お砂糖あげないと、あれは治まりますよ。

 

今の常識は「砂糖は害」でしかありません。

これが新常識ですよ!
砂糖の害
虫歯・糖尿病・骨粗鬆症・うつ病・リウマチ・動脈硬化・高血圧・ガン・アトピー・アレルギー・心臓病・頭痛・キレやすい・冷え性
などなど、キリが無いです!

何故そんなに砂糖が悪いのか?

砂糖は直接脳に働きかける麻薬と一緒

 

腸内細菌までダメージを受けている!

 

そして、

これは、まぁ いいか。
どこにでもある企業の話です。
それよりも個人の行動が大切です。

この世から砂糖を無くすことはあきらめて、正しく付き合う方が得ですね。

 

一番の被害者は、私たちが守るべき「子供」ですね。

 

だから・・・

 

 

まずは子供にむやみに与えないことが大切です。


2.甘さは中毒になる
これは、また次回のお話で。

 

一生虫歯にならない方法 3.歯ブラシ以外とフッ素に頼っても虫歯はできる。

3.歯ブラシ以外とフッ素に頼っても虫歯はできる。

今回は「一生虫歯にならない方法」の続きになります。
そのなかで避けても通れないのが「歯ブラシとフッ素」への考え方です。
要するにこの2点に依存しすぎているのが「虫歯が撲滅できない」理由の一つです。

頭を柔軟にして考えていけば歯ブラシとフッ素に依存することが間違いだと気付くはずです。

 

ところで赤潮ってご存知ですか?

学校の社会の授業で習ったと思うんですが、
こんなやつです。

赤潮はプランクトンの異常繁殖が原因でしたよね。

赤潮をざっくり説明すると、

1.海の水が家庭排水や工場排水の垂れ流しで富栄養状態になる
  

2.富栄養化でプランクトンが大発生し、プランクトンの色素で海の水が赤くなる。
  

3.プランクトンが海水の酸素を全部使ってしまうので、海の水が腐る。
  

4.結果的に藻や海藻が死に、魚も死んでしまう。

この大規模におきている赤潮を網で取り除こうとは誰もしないですよね。

赤潮は浄化槽を設置したりして海水への排水の垂れ流しを止めると、おさまりましたよね。

増えすぎたプランクトンを減らすには、
原因を取り除くことが大切です!
原因を取り除かないと生態系は回復しません!

当たり前すぎてあくびが出ますか?

 

 

では、赤潮の話を踏まえていきましょう。

赤潮歯垢・プラークだと考えてくださいね。

 

 

歯垢(プラーク)ってご存知ですか?

歯クソのことです。 歯クソは虫歯や歯周病の原因になりますよね。

 

歯クソをざっくり説明しますと・・・

1.甘い物(糖質)を食べたり飲んだりすると口の中が富栄養化になる。
  

2.富栄養化で生体バランスがくずれて口腔内常在菌が大量発生する
  

3.大量発生した常在菌が歯クソに変わる
  

4.歯クソの中に潜む大量の細菌が結果的に虫歯や歯周病を引き起こす
  

 

ここで思い出してほしいのですが・・・

イコール
の考え方でしたよね。

だから、

イコール
と同じことです。

では、浄化槽とイコールはなんでしょう?


    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・



お口に浄化槽はつけられないですね。

糖質を食べなければいいんです。
ただそれだけ。

みなさん、
せっせとスイーツを食べて菌に餌をあげて、
菌が増えたからと、歯ブラシで減らそうとしているんです。

笑っちゃうほどおかしなことをしているでしょ?
言葉は悪いが自業自得の結果が虫歯なんですね。

だけどですよ、問題解決は甘い物を食べなければいいだけですが、それがそんなに簡単な問題ではないんですよ・・・

 

4.なぜ人は砂糖を止められないのか?

 その話はまた次回に・・・

 

 

思考停止の祟り

歯ぎしりの恐怖は、いつもお伝えしている通りです。
中には「大したことない」と思っている人もいて、説明しても「ハイハイ」ってな感じです。

今回の症例の方もその一人。
「00さんは歯ぎしり・噛みしめしているから、このようにしてくださいね!」
と説明したのですが、
信じてもらえず、「してないし、前の医院でも言われていない」と言われた方ですが、
ある日あるとき、「歯が割れた!痛い!」と飛び込んできました。

割れていますよね。
「せんべいで割れた」といいます。
よっぽど硬いせんべいなんでしょうね。
とりあえず、プラプラを麻酔をして撤去。

日を改めてレジンで修復しました。(奥から2番目の歯です)
患者さんは喜んでいましたけど、最後まで歯が割れた原因を「歯ぎしり・噛みしめ」ではなく「せんべい」が原因だと訴えていました。
素直に人の話に耳を傾けないのは何かの呪いなんでしょうか?
最近そんな人が多いです。

歯ぎしりの原因は「夜間低血糖」です。
教科書に載っていないことを知ろうとしない人が多いので、
同業者でも歯ぎしりの原因を「骨格」「ストレス」「歯並び」と信じて疑いません。
どうでもいいことですけど、なんで疑問に思わないのかな?
この問題だけでなく、教科書に書いてあることや世間一般に言われていることを宗教のように信じて疑わない人が多いです。
新聞に書いてあることを信じている人も多いですが、私は新聞に本当の真実が書いてあるなんて思っていません。
ピュアな人が多いのではなく、考えない人が多いのだと思います。

 

 

 

行くべき場所、進むべき道は見えていますか?

クリス岡崎さんを御存知ですか?

私が尊敬するメンターのひとりです。
最近LINEでのやりとりでクリスさんからこんな言葉を頂きました。

Clearity is Power。
明快さは力 
目的地を忘れてぐるぐる同じ所をさまよったり、私たちは、望む結果がよくわかっていないのに闇雲に進んでいる事がある。
明快さは力、行くべき場所がわかったとたんに、霧が晴れて進むべき道が見えてくるだろう。

過去に私は歯科医師として日々の診療に疑問や悩みを持ち、方向性を失いかけたときにクリスさんと出逢いました。
その後小峰先生を始め多くの先生達と出逢い、治療一辺倒のスタイルを止めることになりました。

目の前の霧が晴れた私には、明快な目標設定ができました。
それは「虫歯と歯周病の撲滅」です。
虫歯と歯周病の撲滅なんて、そんなの無理に決まっていると笑われそうですが、多くの先生から学んだことを組み合わせると、実は不可能でも何でもないんですね。
誰もやらないことに挑むファーストペンギンにこそ価値があります。

みなさんはお仕事や自分の人生に、明確な目標設定をもっていますか?
周りの人の行動や言葉に惑わされて、本当の自分を見失っていませんか?
業界の悪い慣習も、慣れることで精神の均衡を保っていませんか?
人生は勇気の連続です。
勇気をもって行動しなければ、何も報われることはありません。
何もかもあきらめて生きていく事に耐えられないのなら、日常を変える勇気を出してみましょう!

 

「今日の診療」
私のブログでは何度も「歯ぎしり・噛みしめ」の危険性を訴えてきましたし、
「歯ぎしり・噛みしめ」の原因も述べてきましたよね。(3月3日のブログを読んで下さい)
「虫歯と歯周病の撲滅」を目標にしているのなら「歯ぎしり・噛みしめ」の力をコントロールすることが必要です。特に夜間の歯ぎしりの力は凄まじいものがあります!
歯が欠ける、割れるなどの他に神経が死んでしまうこともあります。

・このレントゲンでは根の先が黒くなっていますね。
神経が死んでいると、この様に写ります。

あけてみると・・・
歯の中央に見えるのは歯肉です。神経が死んで歯の内部が溶けてしまったんです。

状態は悪いけどやれるべきことはやります。
根の先の黒い部分が小さくなってきました。

後は詰めていきます。

こうやって樹脂を詰めています。

価値観や信じるものは人それぞれですので、誰の考えが良くて誰が悪いなんてことは言いません。
私の場合は、型取りをしてセメントでつける合着よりも、接着の方が予後が良いと信じています。
だから訓練を積んで、こういうことができるようになりました。

20分で治療終了! やれやれです。

どうでしたか?
まさか「歯ぎしり・噛みしめ」でこんな深刻なことが起こるなんて知らないでしょ?
原因は「糖質」です。
糖質の過剰摂取によるグルコーススパイクの過程でおこるのが「歯ぎしり・噛みしめ」です。
ここまで言えば、あなたはどうすれば「歯ぎしり・噛みしめ」が予防できるか理解できましたよね?
知ったうえで、行動を起こすか起こさないかは本人次第です。
行動を起こすには勇気が必要です。
勇気を出すには、あなたに「明快な目的や目標設定」が必要になります。

だから、

Clearity is Power。
明快さは力 

なのです。