私たちも変わるべきだと思います

今は変革、改革の時代だと言われています。
世界の流れが変わってきています。 
私たちも変わるべきです。
それも人に言われる前に自分の意志で。

 

ある人の投稿を載せておきます。
睡眠薬で有名なデパスです。
依存症になることで特に有名です。
海外ではあまり使われていません。日本での需要は世界一かもしれません。
筋弛緩効果があるので「歯ぎしり防止」として処方されることがあるらしいです。
デパスは依存性があります。
デパスなど薬での睡眠はノックダウン睡眠といい普通の睡眠ではありません。
それでも日本の大学教授の中には依存を認めてはいるが安心だからいくら飲ませても大丈夫という教授もいます。
依存を引き起こす薬物は安全なのでしょうか?
それでも信じてデパスを飲むのを私は止めたりしません。
大学教授の偉い先生が言うことだからデパスを飲むという人を私は止めたりしません。
欲しくなるから飲むという人を私は止めたりしません。
自分の意志で決めているのならそれでいいと思います。
でも、「私はやめたい、変わりたい」という願いを持つ人にはそれを支えてくれる人や医療機関は存在します。
今変わるのか?それとも変わらざるを得ない状況になってから変わるのか?
そこも人生観だとおもいます。


「ここから投稿です」

引きこもり、企業メンタルヘルス、震災などの問題に取り組んでいる池上正樹さんが、精神医療の問題と絡めて取り上げてくれました。こちらにもアップしておきます
http://diamond.jp/articles/-/15355

デパスについて
私の中では最も依存しやすいベンゾ系であり、最も麻薬に近いベンゾ系というイメージである。知識もなく依存しやすい性格の人がこれを使いだすと、まず止まることがない。あっという間に一日量5mgとか6mgとかに達する。ヤクが切れてくる感覚がもっともわかりやすいベンゾ系である。これを睡眠薬に使うという話が昔はあったそうで、私も一時そうしていた時期もあったが、結論を言うとアホな話でしかなかった。導入にはいいかもしれないが一生飲み続ける羽目になるし、飲むことで途中覚醒が増す話もよく見かける。酒を飲んで寝ると途中で起きてしまうのと似たようなもの。もはやどんな譲っても使えないベンゾ系である。それでも欲しがる人にはどうぞと出しているが、ヤク中になりたいのが日本人のサガという代名詞がデパスだろう。

睡眠導入剤について(再)

今日のブログはちょうど1年前のブログ記事にしたものです。
この記事を見直して感じることは「原因を追究しないで、手っ取り早く解決してしまおう」という姿勢では物事の解決には結びつかないということです。

問題解決をしない姿勢はあらゆる業界に共通していますよね。

この問題は業界やメーカーなどにもあるのだろうが(責められるときはほとんど企業サイドですよね)、消費者サイドにも大きな問題があります。

「めんどくさいから・努力したくないから・本を読んで勉強したくないから・考えたくないから」
この消費者の声を反映させたのが対症療法なのだと思います。
ようするに、「望んだから存在する」ということです。

ここまで書けばあなたはどのような行動をとればいいのかは、理解できますよね?

 


小倉謙先生の投稿です。
睡眠導入剤の睡眠はノックアウト型睡眠というものですね。
ノックアウト型睡眠というのは簡単に言うと「気絶」と同じ状態です。
浴槽での溺死事故も同じく睡眠ではなく「気絶」状態だから起こり得るのです。
不自然な睡眠では健康を取り戻せるわけもありません。
もっと、根本的なことを見直さす必要があると思います。

「眠れない」
ここにトラブルを感じている方は少なくないようで、ゆえに睡眠薬や睡眠導入剤(抗不安薬)などが入り込みます。
まずしっかりと理解しておかねばならないのは、睡眠薬や睡眠導入剤によってもたらされているのは睡眠ではなく、気絶(無意識)であるということです。ですから、薬剤がキマッているときには外界で何が起きていようとそれに注意を向けたり、それに対応することが出来ません。
また、睡眠薬や睡眠導入剤は弱い… という觀念がはびこっていますが、以下に示す薬物の作用の基本を知っていたならそんなことは口に出来ないはずです。
〈薬物の作用の基本〉
1. 少量だと興奮する
2. 量が増えると鎮静する
3. もっと増えると死に至る
睡眠薬や睡眠導入剤はあの小さな一粒で 1 を飛び越え 2 に至ってしまうのです。
当然、その後には「それがないと不安」「それがあるから生きていけている」「私にはそれが必要」… つまり依存が待っています。
結論から言えば、睡眠薬や睡眠導入剤はヘロインなどと同じ、キツーい麻薬だということであり、「気絶促進剤」に過ぎないということです。
人が寝られないから寝たような気分にさせる(擬似睡眠)でだまし続ける。これが睡眠薬や睡眠導入剤がやっていることに過ぎません。
眠れない本当の理由は、あっちに置いておいて、手っ取り早く自分を誤魔化そう…。 ここにはまっている日本人の多いこと!

薬用石鹸の販売禁止

おはようございます。12月12日(月)です。

すでに10月ぐらいの話題なので、新鮮味はないですが、アメリカでトリクロサンを含む薬用石鹸の販売を禁止しました。

理由は

「感染症を防ぐ効果の根拠がない」

「長期使用で耐性菌の発生リスクが増す」

「環境ホルモン(内分泌かく乱物質)の一つではないかとの見方もある」

結果として「長期的には利点より害の方が及ぶ」
との判断らしいです。

日本でも「ミューズ」も販売切り替え対象となりました。

切り替え対象としては

「薬用ハンドソープ」「薬用ボディーソープ」「薬用洗顔料」ですが、

トリクロサンは薬用シャンプー、化粧品、歯磨き粉にも使われているが、これらは成分切り替え対象外だそうです。

経皮毒があるから禁止しているトリクロサンですが「歯磨き粉に入っていてもOK!」っておかしくないですか?
口腔内は粘膜でできています。皮膚より粘膜の方が毒素の吸収が早いのは当たり前ですよね。

さとう歯科クリニックでは3年前に、歯磨き粉に含まれるラウリル硫酸ナトリウムが経皮毒であると知った時点で販売していた歯磨き粉は全て処分しました。(販売せずにキッチリゴミ箱へ直行しました)

いまは「オーラループ4+」があります。

再石灰化だけでなく歯周組織再生能力を促すポリリン酸が主成分です。
私も毎日使用していますよ。

 

 

 

睡眠導入剤について

小倉謙先生の投稿です。
睡眠導入剤の睡眠はノックアウト型睡眠というものですね。
ノックアウト型睡眠というのは簡単に言うと「気絶」と同じ状態です。
浴槽での溺死事故も同じく睡眠ではなく「気絶」状態だから起こり得るのです。
不自然な睡眠では健康を取り戻せるわけもありません。
もっと、根本的なことを見直さす必要があると思います。

14102486_1071491642906501_8419313520387103161_n[1]

「眠れない」

ここにトラブルを感じている方は少なくないようで、ゆえに睡眠薬や睡眠導入剤(抗不安薬)などが入り込みます。

まずしっかりと理解しておかねばならないのは、睡眠薬や睡眠導入剤によってもたらされているのは睡眠ではなく、気絶(無意識)であるということです。ですから、薬剤がキマッているときには外界で何が起きていようとそれに注意を向けたり、それに対応することが出来ません。

また、睡眠薬や睡眠導入剤は弱い… という觀念がはびこっていますが、以下に示す薬物の作用の基本を知っていたならそんなことは口に出来ないはずです。

〈薬物の作用の基本〉
1. 少量だと興奮する
2. 量が増えると鎮静する
3. もっと増えると死に至る

睡眠薬や睡眠導入剤はあの小さな一粒で 1 を飛び越え 2 に至ってしまうのです。

当然、その後には「それがないと不安」「それがあるから生きていけている」「私にはそれが必要」… つまり依存が待っています。

結論から言えば、睡眠薬や睡眠導入剤はヘロインなどと同じ、キツーい麻薬だということであり、「気絶促進剤」に過ぎないということです。

人が寝られないから寝たような気分にさせる(擬似睡眠)でだまし続ける。これが睡眠薬や睡眠導入剤がやっていることに過ぎません。

眠れない本当の理由は、あっちに置いておいて、手っ取り早く自分を誤魔化そう…。 ここにはまっている日本人の多いこと!

 

農薬落としていますか?

ある方の投稿です。
私の家庭でも内海聡先生のお店で購入できる「ホタテパウダー」で、野菜の農薬を除去しています。
写真の様に水が濁るのは、ホタテのアルカリによる色素の溶解もあるかもしれませんが、水面上に虹色に輝く油膜が浮いてくるのは間違いなく農薬でしょうね。
投稿内でも書かれていますが、実は農薬使用量が世界一多いのは日本です。
これだけ国土が小さくても世界一農薬を使用しています。
農薬は脂溶性ですので水洗いでは落ちませんし、脂溶性ですので身体の脂肪に溶け込み蓄積されていきます。
日本が癌や奇形などが増えてきている背景として、農薬もその原因の一つではないでしょうか。


13903328_1025074210933705_2308961653217284642_n[1]14045912_1025075044266955_6675420612738250495_n[1] 
ホタテの殻からできた天然100%の農薬洗いのパウダーを水に溶かして、
「低農薬」と書いてあったトマトを浸すと、
こんなに濁った水に変わりました。

これ見ると、いつも食べる気なくしてしまうんですが。

使ってる人なら分かると思うのですが、
無農薬のトマトは濁らないんです。水が。
誰か科学的に検証してくれ〜〜〜。

「低農薬」であっても有機JAS許容農薬を11回も撒いていることが表記されていました。
(でも表示されているだけでもすごい。普通の慣行トマトは…。)

トマトは野菜の中でもかなり農薬の使用量が多い作物のひとつ。
農薬使用量トップクラスと言われるいちご、りんご、ぶどう、桃などは、
5分くらい浸すだけで水面に虹色の不気味な膜が張ります…。

いつもは自然栽培の宅配や無農薬野菜の直売所などで、農薬や化学肥料に頼っていない野菜を買っていますが、
スーパーなどで買わなきゃいけない時には、
この「海の野菜洗い」というパウダーが最高に重宝しています。
「海の野菜洗い」←アマゾンで購入できます!

このパウダーで洗濯槽のお掃除もできるし、米や魚なども洗えます。

重曹は研磨剤の性質で汚れを落とすんんですが、こちらは重曹より粒子の細かいホタテのカルシウムパウダーが有害物質を吸着する性質があるので、重曹よりも効果は高いです。
有害物質やにおいを吸着・浄化してくれる「炭(もしくは炭パウダー)」と同じ原理ですね。
1本650円ぐらいでで1年はもちますから、安全に変えたらかなり安いかと。

虫食いを嫌う日本人、
きれいな色つやで整然と並べられた野菜を好む日本人。

日本は添加物も農薬使用量も、
中国やアメリカをゆうに抜いて、
世界一です。

しかも国の農薬や添加物の基準は体重50kgの成人を基準にしたものなので、
子供や幼児が食べたら一食で基準値を超えてしまう果物だってあるそうです。
いちご狩りとか、洗わずにパクりって、大丈夫なんかな?

知るのは怖いけど、知らないで食べ続けるのはもっと怖いと思うのです。
どこまでこだわるかは千差万別個人個人によってみんな違いますが、
「知る」ということは、とてもステキなことだと思うのです。

今では2人に1人がガンになる日本。

その理由はなぜなのか?
考えよう。

食べることは生きることだけど、
食べないこともある意味生きることであるわけね。

虫食いでもいいじゃない。
大きさや色が不揃いでもいいじゃない。
真っ当な育て方で育てられて、
生命力の豊かな野菜を買うことで、
生産者を支え、
少しでも日本の健康が変わるなら。

2週間に1回の無農薬野菜の宅配で3千円ぐらい。
カフェやファミレスで1回の食事したら3千円なんてすぐ消えちゃうよね。
野菜に使う3千円は2週間も自分の暮らしを支えるのに、
外食はたった1瞬。たった1食だよね。

楽しむときはこだわらずに外食を楽しむけど、
そのうちの外食1回、やめるだけ。

むしろスーパーであれやこれや余計なものいろいろ買っていた時より、
今の方が家計がうるおっているという不思議。
キッチンまわりの調味料も、体に入る食材も、
年々シンプルにシンプルになってきています。

ほんものの野菜や調味料代に毎月何万円もかかるわけじゃない。
自分と家族の体へのささやかな投資だと思うのです。

日本のガン罹患率やスーパーの陳列棚を変えられるのは、
やっぱり消費者だけ。

要は、お母さんの力が大きく影響する。

家族の体は、お母さんの選ぶ食べ物でできているから。

将来、子供のそのまた子供にも、
本当に滋養のある野菜を生でバリバリ食べさせてあげたいな。

こだわるけど、とらわれない。

私のモットーです。

B型肝炎ワクチンが定期摂取になります。

おはようございます。
研修でしばらく医院を休みにしてしまい、ご迷惑をおかけしました。
私にとってこの研修は、人生を大きく変える出来事でした。
レベルアップした私にご期待ください!

さて、B型肝炎ワクチンについての投稿です。
何でもかんでも定期摂取ですね。
良く読んで、自分で調べ、自分で考えて行動しましょう。
13876229_650478051774267_189872034730137153_n[1]
B型肝炎ワクチン

10月から定期接種になるこのワクチンを解説します。

通常ワクチンを作る過程で、特定のウイルスや細菌を培養する際異種タンパクを使いますが、このワクチンは、初の「遺伝子組換え技術」により作られたウイルスを使用します。

添加物として、アルミアジュバント、ホルマリン(ホルムアルデヒド)、チメロサール(水銀)、塩化ナトリウム、リン酸水素ナトリウムを加えて作られます。

遺伝子組み換えにこの添加物は、ある意味最強ですよ !!!

そもそも今までは、妊婦のスクリーニングを行い、母子感染のリスク児に打つというワクチンでした。
(母子感染予防は、生後直後、6週目、6か月
それ以外は、2か月、3か月、7か月の3回接種。)

感染経路としては、以下2つが挙げられます。

【垂直感染:母子感染】・出産時、産道においてB型肝炎ウイルスに感染したお母さんの血液が赤ちゃんの体内に入ることにより感染してしまうケース。
(日本においては1986年以降、母子感染予防対策が行われるようになったことで、出産時でのB型肝炎ウイルス感染はほとんど防げるようになっているようです。)

【水平感染】・医療従事者の針刺し事故や予防接種での注射器の使いまわし、性的接触、HBVに汚染された血液の輸血に伴い感染してしまうケース。

ちなみにデンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェイ、スウェーデン、英国の6つの国では、B型肝炎ワクチンは定期接種には入れていませんね。

10月から定期接種の予定ですが、2016年4月生まれから遡れるとの事で、またまた小児科ラッシュになりそうです。

「みんなが打っているから」
「ただだから」

ではなく、情報を集めてから判断して頂けると幸いです。

ジェネリック薬品

内海聡先生の投稿です。
私はめったなことでは薬は飲みませんし、家族にもそうしています。
必要な時に短期間だけ薬を使用するのが、西洋医学での正しい薬の使い方です。
治らない病気に毎日薬を飲み続けたり、予防のために飲むなんてことはどうなんでしょうね?
じゃあ漢方は?と思う方がいるかと思いますが、漢方は長年飲み続けることで身体の脂肪に蓄えられていきますので、いざ解毒するとなると大変な困難を伴うと聞いたことがあります。
13307306_1012404588843294_5314351540238263734_n[1]

ジェネリック薬品の裏

そもそもジェネリックであろうがなかろうが、飲む意味など全くないのですが、基本的な知識を書いておきましょう。ジェネリック(後発品)は医者にゾロなどといわれることもありますが、特許が切れた先発薬のコピー商品のこと。価格が安いのが利点とされますが、効果は同じなのかということがよく聞かれます。ジェネリックは現在薬剤シェアの6割以上を占めています。

ちなみに製薬会社が製造するあらゆるクスリは、製造原価が1%未満に抑えられていますが、ほとんどの人は知りもしないでしょう。それでも販売価格が高いのは研究開発にお金がかかったのが建前です。ジェネリックはそれもありませんから安くなりますが、真の意味で安い理由はそこではありません。同じなのは主成分だけで、コピー商品なので技術はバラバラです。

実は外国産のジェネリックを輸入し、自社のパッケージに詰めて販売している会社もあります。見た目は国産で中身は中国産というジェネリックは、国内で流通するものだけでも5割近くあるそうです。これは構造的には食品偽装と同じかもしれません。主要な輸入先は韓国と中国であり、これらは技術力が低く安全性も低いと判断されています。

中国の安全性が低いことはご存知でしょうが、究極的に下水道からくみとった油を原料に抗生物質を製造し、一部が日本に輸出されたことがありました。これらは当然先発品ではなく後発品ですね。まあ、いずれにしろいえるのは後発品が安全性が高いとか、真っ赤なウソであって、安いのはそれなりの理由があることです。ちなみに諸外国がジェネリックの使用率は高いです。

なぜ彼らはジェネリックの使用率が高いのかわかりますか?いまでのこそ日本がガン死亡なども抜いてしまいましたが、なぜ添加物や農薬など規制のあるヨーロッパが、ガン死亡が多いのかわかりますか?それとジェネリックの普及は若干関係していますが、彼らヨーロッパもまたカモと言えばカモなのですね。それ以前に先発品でも無意味かつ有害なので、飲んでいる限り苦しむのは当たり前のことですが。

向精神薬や睡眠導入剤など飲んでいる方は一度見てください

一昔前と比べて、向精神薬を飲んでいる方の割合は多くなってきましたね。
このままでは薬を服用しているのが当たり前の世の中になります。
そして、その行為が麻痺して自らで判断ができなくなると、今度は子供へ服用させるようになるのでしょう。
現に子供への向精神薬の服用を解禁する法案が通っているはずです。
12651135_941332112617209_6874372890934269593_n[1]


原因に対してアプローチ可能な人、本当に減薬→断薬へと向かい健全な生活に戻って自由を手にしたい人、これらを口だけでなく姿勢や行動に出せる人出そうとするそういう気持ちがあるハートがある人は見て実行に移してみて下さい。これらに該当しない人はその人の自由で良いと思います。が、それに対して手を差し伸べなかったとしても私や他の方の自由です。そこをお忘れなく。
http://jp.cchr.org/


断薬するなら これは見ておいてください。

【市民の人権擁護の会(CCHR)制作のドキュメンタリー動画】

『こころの病を売り込む』

【第1章 はじめに】
http://jp.cchr.org/videos/marketing-of-madness.html

【第2章 向精神薬その物語】
http://jp.cchr.org/…/marketing-of-m…/psychotropic-drugs.html

【第3章 「賛成なら挙手を」 精神医学の診断マニュアルの実態】
http://jp.cchr.org/…/marketing-of…/all-in-favor-say-aye.html

【第4章 病気の打ち込み】
http://jp.cchr.org/…/marketing-of-ma…/disease-mongering.html

【第5章 向精神薬の臨床試験】
http://jp.cchr.org/…/marketing-…/psychotropics-on-trial.html

【第6章 監視機関】
http://jp.cchr.org/videos/marketing-of-madness/watchdog.html

【第7章 一般医への売り込み】
http://jp.cchr.org/…/marketing-of-mad…/marketing-to-mds.html

【第8章 メディア】
http://jp.cchr.org/…/marke…/psychotropics-and-the-media.html

【第9章 誰も気が付かない大規模マーケティング】
http://jp.cchr.org/…/marketing…/marketing-to-the-masses.html

【第10章 健康診断という名の大規模マーケティング】
http://jp.cchr.org/…/marketing-of-ma…/mass-marketing.html%20

【第11章 向精神薬の実際の影響】
http://jp.cchr.org/…/mark…/what-psychotropics-really-do.html

【第12章 中毒】
http://jp.cchr.org/…/marketin…/addiction-and-dependency.html

【第13章 解決策】
http://jp.cchr.org/…/marketing-o…/picking-up-the-pieces.html